1回分の料金でVERSANTスピーキングテストを2回受験!「VERSANT® 英語スピーキング・チャレンジ」開催

自宅から好きなタイミングに受験して英語のスピーキング力を測ることができる「VERSANT®スピーキングテスト」。この世界標準の英語力測定テストをお得な料金で受験できる「VERSANT® 英語スピーキング・チャレンジ」が、日本経済新聞社とピアソン・ジャパン社主催で開催中です。

イベント期間中に限り、通常2回受験で10,000円(税別)のVERSANT®スピーキングテストを1回分の受験料5,000円(税別)で受けることができます。VERSANTを通して弱点や課題を把握し、より効果的に英語に取り組んでもらいたいという思いから、英語コーチングサービスの「プログリット(PROGRIT)」と「TORAIZ(トライズ)」も、イベントに協賛しています。

VERSANT®スピーキングテスト

「VERSANT」は、教育出版大手のイギリスのピアソン社が開発した英語力測定試験です。国内でも金融や製造業の大手企業を中心に200社以上が社員の英語力を測るアセスメントテストとして導入しています。

1回20分の受験でスピーディーに結果が分かり、迅速なフィードバックやカリキュラムの作成に役立つことから、プログリットやトライズでも、受講生の英語力を測る指標としてVERSANT®スピーキングテストを導入・運用しています。

1回の受験で、現状のスピーキング力や弱点を把握して効果的な学習プランを立てることが可能です。また、数カ月後に2回目のテストを受験することで、その期間での英語力の伸びと学習効果を測定し、学習方法を見直すことができます。

「VERSANT®英語スピーキング・チャレンジ」とは

お得な受験料でVERSANTスピーキングテストを2回受験する「測る!テストコース」と、「冨田式スピーキングトレーニング」講座を受講する「伸ばす!講座コース」の2つのコースが用意されています。両コースともに申し込みは2020年12月2日(水)までとなります。

「測る!テストコース」

世界100カ国以上で導入されているVERSANTスピーキングテストを1回分の料金で2回受験できます。総合スコアの他に、「話の分かりやすさ」や4つのスキルのサブスコアが表示されるので、弱点が「見える化」され、学習課題の発見に繋がります。

  • 受験期限:2021年2月28日まで
  • 料金:5,000円(税別)
  • ※VERSANTテストIDは、申し込み後に登録したアドレスに送付されます。

「伸ばす!講座コース」

自宅学習でセルフ・コーチング・メソッドが身に付く「冨田式スピーキングトレーニング」を受けながら、ニュースを英語で聴けるウェブサービス『日経LissN』と、電子書籍『話せる英語ドリル300文』を使って学習するコースです。受講の前後に、VERSANTスピーキングテストを受験し、受講期間である3カ月間の学習効果を測ります。

  • 申込期間:12月2日(水)まで申し込み受付可。
    ※受講開始は12月4日(金)が最終となります。
  • 受講料:10,000円(税別)

※各コースの詳細は、2020年秋の「VERSANT®英語スピーキング・チャレンジ」公式サイトで確認できます。


スマートフォンから、日時や場所を問わずに受験できる「VERSANTスピーキングテスト」。日ごろの学習成果の確認と学習課題の把握のために、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【関連ページ】TOEIC965点のライターが「VERSANT」英語スピーキングテストに挑戦!初受験の結果は?
【参照サイト】VERSANT公式サイト

The following two tabs change content below.
Yoko

Yoko

海外留学や夫の赴任で海外在住経験あり。留学時代は住み込みのベビーシッターからホテルのレセプションまで様々なアルバイトも経験。海外で出産して現在は一児の母。子供が母国語以外の言語をいかに楽しく自然に身につけることができるか興味を持ち、ベビーシッター時代の経験をもとにいろいろと研究中。