「検討する」はこう訳す【通訳者も悩む日本語表現】

みなさん、こんにちは!今回の日本語表現は「検討(する)」です。

「検討する」は、ビジネスシーンにおいて、話し言葉と書き言葉のどちらでも頻繁に使われる言葉ですよね。使われる場面が多い言葉ほど、文脈によって適切な言葉を選ばないと、相手に意図がしっかりと伝わりにくくなってしまいます。そこで今回は、中でも使用頻度の高い英語表現3例をご紹介します。

  1. 「慎重に検討しました結果、採用を内定させていただくことになりました。」
    After giving it careful consideration, we’ve decided to offer you a job at our company.

    give it consideration = 考慮に入れる、熟考する

    considerは提案や採用など、何かを受け入れるかどうかを検討するときに使われます。

    ちなみに、メールで頻繁に使われる「ご検討のほどよろしくお願いします。」は英語では”Thank you for your consideration.”です。

  2. 「インターネットを活用した販路拡大の可能性を検討する。」
    We will explore the possibilities to expand our business through the Internet.

    explore = 探る、調査する

    exploreは可能性や施策、選択肢を調査するという文脈に適した表現で、他にもlook intoやexamineなども使えます。

  3. 「3社連携の春の特別プロモーションについて検討する予定です。」
    We plan to discuss the special spring season promotion which is a collaboration of three companies.

    discuss = 議論する、話し合う

    日本語でも「ディスカッション(discussion)」という言葉で浸透しているdiscussですね。

通訳エージェントによる英語学習コンテンツをお届け

【通訳者も悩む日本語表現】シリーズは、7,500名以上の通訳・翻訳者で1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた通訳・翻訳エージェント大手の 株式会社テンナイン・コミュニケーションによる英語学習コラムです。通訳者も思わず唸ってしまうような英語に訳しづらい身近な表現や流行りの現代用語などについて、「こう訳す!」という英訳をご紹介していきます。

通訳エージェントが開発した「One Month Program」とは

テンナイン・コミュニケーションでは、独自に開発したビジネスパーソン向けの1ヶ月間限定の短期集中型パーソナルトレーニングプログラム「One Month Program」を提供しています。「一生で一番、英語を伸ばす1ヶ月」をコンセプトに「シャドーイング」や「リプロダクション」といった本格的な通訳トレーニングメソッドを活かした自己学習、「ディクテーション」や「英作文」など毎日の課題提出と添削レポート、そして計8回のネイティブとのプライベートレッスンという組み合わせにより1ヶ月という短期間で効率的に英語力を磨きます。受講期間中は日本人トレーナーとネイティブ講師が専属でつき、学習進捗管理だけではなく課題添削からアドバイスも含めて徹底指導してくれます。数ヶ月以内に海外出張や海外転勤などを控え、最短で最大限の効果を出したいという方に大変おすすめのプログラムです。

※当記事の著作権は、株式会社テンナイン・コミュニケーションに属します。記事中に記載されている文章等の無断転載を禁止します。

The following two tabs change content below.
株式会社テンナイン・コミュニケーション

株式会社テンナイン・コミュニケーション

7,500名以上の通訳・翻訳者を抱え、1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた大手通訳・翻訳エージェント。「英語で仕事をする人の応援サイトHi!Career」を運営中!