“include”はNG!【通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語】

○月○日、飲料メーカーの商品開発部で新商品に 関しての打合せが行われていました。しかし社員Aさんが行う新しいノンアルコール飲料のプレゼンの際に通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

【NG文】

  • This beverage does not include alcohol.
    (この飲み物にはアルコールが含まれていません。)

日本語の「~を含む」を表す英単語は「contain」、「include」、「involve」などいくつかバリエーションがあり、使い分けが必要です。

【正しい英語】

  • This beverage does not contain alcohol.
    (この飲み物にはアルコールが含まれていません。)

ポイント

  • include:全体の一部として含むが、必要不可欠ではない。
    【例】She’s included in the roster.
    (彼女は名簿に含まれている)⁼彼女を名簿から削除することもできる。
    【語の構成】in(中へ)+clude(閉じる)=閉ざされた空間(全体の一部)に入れる
  • involve:必要不可欠で重要な要素として含む。
    【例】This job involves my living abroad.
    (この仕事には、私の海外在住も含まれる)=必ず海外在住することが必要とされる
    【語の構成】in(中に)+volve(回転する)=巻き込む⇒必然的な条件として含まれる

特に「include」と「involve」は使い分けが難しく、どちらを使っても文法的には正しいシチュエーションも多くあります。しかし「それが必要不可欠で重要な要素」だということを伝える必要がある時には「involve」を使います。

例えば、
A:John is included in this project.
B:John is involved in this project.
はどちらも文法的には正しい英文です。

しかし、ニュアンスは以下のように異なります。
A:Johnは重要な役割を担わないがプロジェクトのメンバーである
B:Johnはプロジェクトになくてはならない存在である

辞書を引くだけではわからない微妙なニュアンスの違いにご注意ください!

通訳エージェントによる英語学習コンテンツをお届け

【通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語】シリーズは、7,500名以上の通訳・翻訳者で1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた通訳・翻訳エージェント大手の 株式会社テンナイン・コミュニケーションによる英語学習コラムです。グローバル企業のオフィスを舞台に活躍する通訳者たちの体験をベースに、英語学習中のビジネスパーソンに役立つコンテンツをお届けします。

通訳エージェントが開発した「One Month Program」とは

テンナイン・コミュニケーションでは、独自に開発したビジネスパーソン向けの1ヶ月間限定の短期集中型パーソナルトレーニングプログラム「One Month Program」を提供しています。「一生で一番、英語を伸ばす1ヶ月」をコンセプトに「シャドーイング」や「リプロダクション」といった本格的な通訳トレーニングメソッドを活かした自己学習、「ディクテーション」や「英作文」など毎日の課題提出と添削レポート、そして計8回のネイティブとのプライベートレッスンという組み合わせにより1ヶ月という短期間で効率的に英語力を磨きます。受講期間中は日本人トレーナーとネイティブ講師が専属でつき、学習進捗管理だけではなく課題添削からアドバイスも含めて徹底指導してくれます。数ヶ月以内に海外出張や海外転勤などを控え、最短で最大限の効果を出したいという方に大変おすすめのプログラムです。

※当記事の著作権は、株式会社テンナイン・コミュニケーションに属します。記事中に記載されている文章等の無断転載を禁止します。

The following two tabs change content below.
株式会社テンナイン・コミュニケーション

株式会社テンナイン・コミュニケーション

7,500名以上の通訳・翻訳者を抱え、1,700社以上のグローバル企業に語学サービスを提供してきた大手通訳・翻訳エージェント。「英語で仕事をする人の応援サイトHi!Career」を運営中!