英語コーチング「PROGRIT」、「オーストラリア英語」セミナーイベントを開催

「話し手のアクセントによって、英語が聞き取りづらい」と感じたことはありませんか?

英語のリスニングがある程度できる人からも、「TOEICのリスニングで、他の音声に比べて聞き取りづらいものがある」といった声はしばしば聞かれます。

TOEIC® Listening & Reading テストのリスニングパートには、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアの発音が採用されており、特徴は国ごとに異なります。また、発音に加え、語彙にも違いがあります。そのため、たとえばアメリカ英語にはある程度馴染みがあるという人でも、イギリス英語やオーストラリア英語を耳にした場合にはうまく聞き取れないということがしばしば起こります。

8月31日、英語コーチングプログラム「PROGRIT(プログリット) 」は、「オージーイングリッシュに慣れ親しもう!音声知覚のコツとスラング習得」をテーマとした2時間のセミナーを、受講生・卒業生を対象に開催。場所は、先日、サッカー選手の本田圭佑氏が来訪したことでも話題を呼んだ、株式会社プログリット有楽町本社です。

「PROGRIT(プログリット)」は、2ヶ月という短期間で実践的なビジネス英語の習得を目指す英語コーチングプログラム。2016年9月にサービス提供を開始して以来、利用者は既に6,000名を超えています。

同プログラムを展開するのは、元マッキンゼーの岡田氏と元リクルートの山碕氏によって創業された、株式会社プログリット。社名の「GRIT」とは、「やり抜く」という意味です。実際にプログリットでは、専属コンサルタントが受講生の学習を徹底的にサポートすることで、月80時間という学習量のプログラムを最後までやり抜くことを可能としています。

今回開催されたセミナーは、オーストラリア英語に関するレクチャーに加え、実際にオーストラリア英語を発音したり、音声のディクテーションを行うといった実践的な内容。日常会話に頻出するスラング表現に関しても、アメリカ英語・イギリス英語との比較を用いて解説されました。

セミナーを担当したのは、オーストラリア・パースでの在住経験がある、PROGRIT有楽町在籍のコンサルタントの方です。現地で暮らした実体験に基づいた説明に、参加者からは「語学を学ぶことはその国の文化を学ぶことである事をしっかり押さえた素晴らしいイベントでした。講師の知識や話術も卓越していたと思います」など、満足の声が聞かれています。

今回のイベントをはじめ、プログリットでは受講生や卒業生を対象に、英語を実践するセミナーイベントを毎月複数回開催。プログラム修了後にも、定期的に英語に触れ、学べる機会を設けることで、同プログラムを通して受講生が身につけた英語力の維持・向上をサポートしています。セミナーは10人程度の小規模で実施されるため、英語をアウトプットする機会として活用することができます。


今回セミナーイベントを開催したプログリットでは、英語学習に関する無料カウンセリングを行っています。カウンセリングでは、英語力における課題を第二言語習得研究の知見を基に診断。さらに、実際に取り組むべき学習内容までを明確に示してもらえます。

カウンセリングは完全個室で行われるため、周囲を気にせず、英語学習の悩みや目標をじっくりと相談することが可能です。英語学習で壁を感じている方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【参照サイト】【公式】PROGRIT(プログリット)- 短期で伸びる英語コーチング
【関連ページ】行くだけで価値がある!PROGRIT(プログリット)の無料カウンセリングを体験取材!
【関連ページ】PROGRIT(プログリット)の口コミ・評判

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。