時事英語を読むにはコツがあった!『記者が教える英語ニュースの読み方』が発売

株式会社NHK出版が、書籍『記者が教える英語ニュースの読み方』を発売しました。英字新聞を読む際、「知っている単語が並んでいるのに、なかなか見出しの意味が取れない」などと感じた経験はありませんか?英語ニュースを素早く正確に理解するためには、見出しの読み方や本文の基本構造、時事英語ならではの語彙・語法を押さえることが必要です。本書では、英字新聞社・ジャパンタイムズの元編集局長であり、長年にわたって若手記者を指導してきた伊藤サム氏が、英語ニュースを読むコツについて分かりやすく解説します。

『記者が教える英語ニュースの読み方』の特徴

時事英語の読解に役立つ4つのポイントを解説

『記者が教える英語ニュースの読み方』では、時事英語を読む際に押さえておくべきポイントとして、以下の4点を挙げています。

  1. 見出しの法則
  2. ニュース記事の主題の位置
  3. 特集記事の主題の位置
  4. 主語の「言いかえ」ルール

これら4つのコツを、実際のニュース記事17本を用いながら徹底的にレクチャー。取り上げるニュースの分野は、政治、経済、スポーツ、国際、文化・芸術など多岐にわたるため、時事英語そのものに加え、日本や世界における社会情勢への理解も深まります。

【収録記事】 ※一部抜粋

  • Sumo wrestler’s stunning comeback(照ノ富士、復活優勝)
  • Chiba enters geological history(チバニアン:千葉が地質史に残る)
  • Turtles help predict sea temperatures(ウミガメを使って海水温を予測)
  • Babe Ruth’s bat sells for $1 million at auction(ベーブ・ルースのバットが1億円超)
  • UK leaves the European Union(イギリスが欧州連合を離脱)
  • Japan’s population falls for 9th straight year(日本の総人口が9年連続減) ほか

『記者が教える英語ニュースの読み方』書籍概要

出版社:NHK出版
発売日:2021年8月12日
定価:990円(税込)
仕様:A5判並製
ページ数:160ページ
ISBN:978-4-14-213303-1


「読むのが難しそう」と、なんとなく敬遠してしまいがちな人も多い英語ニュース。しかし、本書で紹介されている4つのポイントさえマスターすれば、英語ニュースの内容を正しく理解するための基礎が出来上がります。これまで時事英語に対して苦手意識を持っていた方にこそ、ぜひおすすめしたい一冊です。

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。