アメリカ・ワシントンDCへの語学留学が丸わかり!

アメリカ政治の中心地ワシントンDCは、他にない特別な魅力がある都市です。ホワイトハウスや国会議事堂など多くの政治的建物を抱えるワシントンDCは、言うまでもなく政治好きな方には最高の場所でしょう。政治にそれほど関心がない方でも、テレビやニュースでお馴染みのホワイトハウスを実際目にしたら込み上げてくるものがあるでしょう。また、ナショナルモール内を中心に多くの入場無料の美術館・博物館があるため、滞在中に退屈することはまずありません。美しい建物や、アメリカ史や英雄にまつわる多くのスポットが多くあるのもワシントンDCの特徴です。

せっかくアメリカに留学するなら、ぜひ首都ワシントンDCでアメリカの政治、文化、歴史的な見解を深めてみてはいかがでしょうか。

今回は、豊かな文化と歴史を誇るアメリカの首都「ワシントンDC」をご紹介します。

ワシントンDCの気候について

ワシントンDCは日本と同じように四季があります。なんと春には大規模な桜祭りまであり、ポトマック公園を中心に市内の至る所で美しい桜が楽しめます。春と秋は温暖で湿度も低く、一年のうちで一番過ごしやすい季節となりますが、ワシントンDCの朝晩と日中の温度差は激しいので、軽く羽織るものを常に持ち歩くことをおすすめします。夏は日本のように高温多湿で、雷雨も多くハリケーンが発生する年もあります。ワシントンDCは通常ハリケーンの大きな被害は受けませんが、安全には十分に気を配ってください。冬は長く寒さも厳しくなります。12月中旬から2月が最も低温で、氷点下の日も続き積雪量も多いです。冬に留学をお考えの方は、厚手のコートにセーター、手袋にマフラーなど防寒対策をしっかりしてくださいね。

ワシントンDCの治安について

ワシントンDCの治安は全体的によいとは言えず、場所によって治安も大きく異なります。市の北西と南西部は安全で、反対に北東と南東部が犯罪率の高いエリアになります。特に、メトロのグリーンラインのアナコスティア地区には昼でも近寄らない方がいいでしょう。観光名所が集うエリアは基本的に安全ですが、ユニオン駅の北東エリアは危険地域になりますので十分注意してください。昼間は安全なエリアでも夜間の一人歩きは避けるようにして、また地下鉄などの交通機関の利用も控えましょう。一本中に入ると危険な通りなどもありますので、観光中に雰囲気がおかしいなと思ったらすぐに引き返してください。

ワシントンDCの食事について

ワシントンDCを訪れたからには、名物のクラブケーキは是非試してみてください。蟹の身のハンバーグなので、日本人の口にもよく合います。アメリカ政治の中心地というだけあり、少し敷居の高いレストランが多いのがワシントンDCの特徴ですが、最近はカジュアルなレストランやカフェなどのオプションも増えています。またユニオンステーションの周辺などには、近年ローカルにも大人気の個性豊かなフードトラックも多く集まりますので、授業の後や週末などにクラスメートと気軽に利用してみてください。カフェや売店のある美術館なども多くありますので、観光の際には便利です。地下鉄の駅からアクセスのいい場所にチャイナタウンもありますので、本格中華も手軽に楽しめます。

ワシントンDCの交通機関について

ワシントンDC市内の交通機関は比較的発達しており、留学生にはありがたい環境でしょう。地下鉄にはレッド、ブルー、オレンジ、イエロー、グリーン、シルバーラインの6路線があり、主な観光スポットには地下鉄と徒歩でたどり着けます。ニューヨークなどとは違い、利用距離によって運賃が変わってきますので(日本のシステムと同じです)事前に路線マップで行き先をしっかり確認してください。ワシントンDC中心部の移動には、サーキュレーターバスを利用するのも便利です。レッド、ブルー、グリーン、オレンジ、パープル、ネイビーの6路線があり、地下鉄よりも停車駅が多いので助かります。約10分間隔で運行していますが、渋滞などの状況により大幅に遅れる場合もよくあります。

ワシントンDCのここがおすすめ

  1. ホワイトハウスが象徴するアメリカ政治の中心地
  2. スミソニアン博物館に代表される芸術や学術の宝庫
  3. 歴史的見解や理解を深めるのにぴったりな環境

1. ホワイトハウスが象徴するアメリカ政治の中心地

ワシントンDCと聞いて、真っ先に思い浮かぶのはホワイトハウスという方も多いのではないでしょうか。実際ホワイトハウスを一目見に、全米中また世界各地から観光客が訪れます。ホワイトハウスだけでなく、ワシントンDCの観光の中心となっているナショナルモールと呼ばれる長方形のエリアには、他にも国会議事堂、議会図書館、展望台からワシントンDC全域が一望できるワシントン記念塔など、アメリカ首都ならではの観光スポットが集まっています。公園のようになっているゆったりとしたエリアですので、ぜひ気軽に散策してみてください。これら全ては芸術的にも素晴らしく、また歴史も感じられる貫禄ある建物ですので、ワシントンDCは政治に興味がある方はもちろん、それほど興味のない方でも十分にその魅力を満喫できる都市です。

2. スミソニアン博物館に代表される芸術や学術の宝庫

政治関係の建物だけでなく、ナショナルモール内にはスミソニアン協会に属する18もの有名美術館や博物館があります。国立自然史博物館、国立航空宇宙博物館、ナショナルギャラリーなどをはじめ、それらのスケールの大きさとコレクションの種類や量には圧巻されます。驚く事に全施設の入場料は無料ですので、授業の前や後にクラスメートと気軽に立ち寄ることも可能ですし、お気に入りの施設に留学中何度も足を運ぶのもいいですね。また、国立アフリカ系米国人歴史文化博物館は2016年9月にオープンしたばかりですので、是非チェックしてみてください。このようにアメリカの首都ワシントンDCは、芸術、科学、文化の宝庫としての顔も持ち合わせています。

3. 歴史的見解や理解を深めるのにぴったりな環境

政治や芸術・学術だけでなく、ワシントンDCは歴史についての見解を深めるにもぴったりの場所です。ナショナルモールの中には、リンカーン記念館、トーマス・ジェファソン記念館、キング牧師記念碑、フランクリン・D・ルーズベルト記念公園、ケネディ元大統領をはじめとする多くの英雄が眠るアーリントン国立墓地など、アメリカ歴史に名を残した偉人達にちなんだスポットがたくさんあります。また、第二次世界大戦記念碑やベトナム戦争戦没者慰霊碑、ナショナルモールの外には世界最大規模のホロコースト記念博物館もありますので、ワシントンDCに留学するからには是非これらの場所に足を運び、英語だけでなく歴史についても学んでみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アメリカ政治の中心地という以外にも多くの顔を持つワシントンDCは、美術、学術、歴史など様々な分野の知識を身につけるのにふさわしい都市です。これ程多くの美術館や博物館が一箇所に集まっていて、しかも常に無料で利用できるといった環境はワシントンDC以外にないでしょう。また多くの政治イベントにまつわる都市ですので、アメリカのこれまでの、またこれからの道のりや、過去の偉人達の生き様を感じられる場所でもあります。政治好きな方にはもちろん、美術館・博物館めぐりや歴史好きな方にもワシントンDCはたまらない都市でしょう。アメリカの首都ならではの体験をたくさんして、充実した留学ライフを送ってください。

アメリカ語学留学に関する記事の一覧を見る

アメリカ留学におすすめの語学留学プログラム

アメリカに語学学校のある語学留学プログラムをご紹介します。

ハワイからニューイングランドに至るアメリカ全土でプログラムを提供!「EFの語学留学」

EF トップページ

EFの語学留学は、創業以来50年の実績を誇り、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流などの事業をグローバルに手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファーストの直営語学学校へ留学できるプログラムです。世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から生徒が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨けます。授業外でもイベントやアクティビティなど、留学仲間との交流の場がたくさん用意されています。留学エージェントを通しての留学ではなく、プログラム運営機関の直営校で学ぶ大きなメリットは、希望、目的に応じて渡航先や期間、カリキュラムなど、留学プランをフレキシブルにオーダーメイドできる点。また仲介費等は一切かからず、国内留学カウンセラーと現地スタッフの円滑な連携によるサポートを受けられます。

アメリカ各地に広がる語学学校!「Kaplan(カプラン)の語学留学」

Kaplanの語学留学プログラム トップページ

1938年の創業以来80年以上にわたり、海外留学・語学教育・進学などの分野で世界各地の学習者を支えてきた『カプラン インターナショナル ランゲージ』。英語圏6ヵ国のほか欧州3ヵ国に広がる語学学校では、12歳~80代という幅広い年齢層の世界中からの留学生が年間5万人以上学んでいます。オリジナル教材に基づくレッスンと「使える英語」の実用を組み合わせた独自の学習メソッド「K+(ケープラス)」は、学習者のニーズに合わせて専門家チームによって開発されました。レッスンで使用する教材はオンライン学習ツールと連動しており、学んだトピックを授業外でも効率的に復習できます。課外アクティビティへの参加の機会も豊富で、留学期間を通じて英語のインプットからアウトプットまでを効果的に促してくれる環境です。調査では、生徒の97%が友達や家族にもカプランを薦めたいと回答。利用者満足度の高さがうかがえます。

アメリカ語学留学におすすめの留学エージェント

アメリカ留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてアメリカ留学を検討されている方、アメリカ留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。全国6都市で無料個別カウンセリング・団体セミナーを開催しており、相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る