アメリカ語学留学のメリットとデメリットを徹底比較!

留学先を検討中の方にとっては、各国の良い面と同様に、マイナス面も気になるところではないでしょうか。そこで今回は、アメリカ語学留学の「メリット」と「デメリット」の両方について、みていきたいと思います。

アメリカ留学のメリット

まずは、アメリカ語学留学のメリットについてみていきましょう。代表的なものとしては、下記の3点が挙げられます。

  • 「地域を問わず通じやすい英語」が身につく
  • 国際感覚が養われる
  • 学習のモチベーションを高めやすい

それぞれのメリットについて、詳しくみていきたいと思います。

メリット1:「地域を問わず通じやすい英語」が身につく

アメリカ留学の1つ目のメリットは、「地域を問わず通じやすい英語」が身につくことです。「世界の公用語」とも言われるほど、英語は現在、世界各地で使われています。しかし、「英語」と一口に言っても、国や地域によって、その発音や語彙には様々なバリエーションがあります。それらの中で「アメリカ英語」は、世界の多くの人にとって理解しやすい英語です。留学生活を終えた後、英語を使う地域が特に決まっていないという方にとって、アメリカ英語を身につけることは決して不利にはなりません。

メリット2:国際感覚が養われる

メリットの2つ目として、多様な文化に触れることを通して、国際感覚が養われることが挙げられます。移民国家であるアメリカには、様々な民族・宗教の人々が暮らしています。1つの国に居ながら世界中の文化を体感できることは、アメリカ留学の大きな魅力です。肌の色や生活習慣が異なる人々の中で生活することで、自然とものごとの捉え方が柔軟になります。狭い範囲での「常識」に捉われることなく、様々な価値観を尊重するスタンスを身につけることは、グローバル社会を生きていく上において非常に大きな意味があります。

メリット3:学習のモチベーションを高めやすい

3つ目のメリットは、英語学習のモチベーションを高めやすい環境であることです。アメリカは、政治、文化、ファッション、スポーツ、流行など、あらゆる分野において世界の中心となっています。様々な分野の最新情報が集まるアメリカは、興味を引く話題で常に満ちています。「自分にとって好きなもの」・「興味があるもの」であれば、その内容が英語であっても、進んで知りたいと思うものです。「楽しい」や「もっと知りたい」と思う気持ちは、学習をする上で大きなプラスとなります。同時に、最先端の情報に日々触れることで、英語を身につける必要性を改めて実感することができます。「英語を学びたい気持ち」が自然と高まるアメリカは、語学留学に非常に適した環境であると言えます。

アメリカ留学のデメリット

アメリカ留学のメリットについてみてきましたが、今度はいよいよ、気になるデメリットについてみていきたいと思います。アメリカ留学のデメリットとして代表的なものには、下記の3点が挙げられます。

  • 日本人留学生も多い
  • 防犯意識を高める必要がある
  • 冬の寒さが厳しいエリアも

それぞれのポイントについて、みていきましょう。

デメリット1:日本人留学生も多い

アメリカ留学の1つ目のデメリットは、日本人も少なくないということです。アメリカは世界中の留学生から人気の国であるため、必然的に日本人留学生の数も多くなります。 学校の授業は英語で行われるため、同じクラスに日本人が何名かいても、それ自体は問題ではありません。ただ、放課後や休み時間などの「授業以外の時間」には、それなりの工夫が必要となります。新しい環境で緊張もする中、日本人同士だとつい気が緩み、授業以外では日本語で会話をしてしまいがちです。しかし、せっかく留学していても日本語を頻繁に使っていては、英語力を充分に伸ばすことは難しくなります。ただ、そうは言っても、「日本人とは一切話さないようにする」といった方法も、現実的にはなかなか難しいのではないでしょうか。

日本人が多い環境でも英語をたくさん話すコツは、日本人「だけ」で固まってしまわないことです。グループの中に一人でも日本人以外の学生がいれば、必然的に使う言語は英語になります。この状況ならば、日本人の友人が話す内容からも、英語表現や語彙を吸収することができます。日本人以外の留学生にも積極的に声をかけ、英語を使う機会を意識的に増やしましょう。そうすることで、「日本語ばかり使ってしまい、期待したほど英語力を伸ばせなかった」という状況を防ぐことができます。

デメリット2: 防犯意識を高める必要がある

デメリットの2つ目には、日本との治安の差が挙げられます。「アメリカへの留学」というと、治安面で不安を感じられる方は少なくないようです。実際には、最低限の注意(ガイドブック等でも確認できる、「治安の悪いエリア」に足を踏み入れないようにすること等)を守っていれば、危険を感じる場面に遭遇するようなことはほとんどありません。

しかしそれでも、日本にいる時と比べると、防犯意識は高く持つ必要があります。たとえば日本では、カフェの席を鞄で確保することがあります。また、携帯電話やパソコンが机の上に置かれたままとなっているような光景も、しばしば見られます。しかしアメリカでは、これらの行為は全てNGです。安価なコートのような、「これは誰も盗らないだろう」と思うようなものであっても、席に戻ると無くなっていたという事例もあります。いわゆる「貴重品」ではないものでも、失いたくない物の放置は厳禁です。

また、日本との防犯意識の差が表れている一例として、「飲食店のトイレ」が挙げられます。アメリカのカフェでは、防犯上の理由から、トイレに鍵がかけられていることが一般的です。トイレを使いたい場合には、店員にその旨を伝えて鍵をもらうか、ドアを開けるためのコード(6桁程度の数字など)を教えてもらう必要があります。日本のように、誰でもすぐに使えるものではないので、特に最初のうちは不便に感じるでしょう。

日本とアメリカでは防犯意識の基準が異なるということを理解し、それに対応することが求められます。
 

デメリット3:冬の寒さが厳しいエリアも

デメリットの3つ目としては、冬の厳しい寒さが挙げられます。留学先として人気の都市であるニューヨークやボストンでは、例年冬の寒さは非常に厳しいものとなります。氷点下15度前後まで気温が下がり、大雪が降ることもしばしばあるため、日本の冬以上に寒さ対策が必要となります。凍えるほど寒い朝には、語学学校へ向かうのがおっくうになってしまうこともあるでしょう。

カイロは日本ほど一般的では無く、取り扱いのある店舗でも日本より割高となります。普段から冷えが気になる方は、日本から持っていくことがおすすめです。ダウンジャケットなどの防寒具も、現地でも入手はできますが、日本から持っていくことで余分な出費を抑えることができます。

一方、西海岸のサンフランシスコやロサンゼルスなどの都市は、年間を通して比較的過ごしやすい気候です。「アメリカに留学はしたいが、冬の寒さは耐えられそうにない」という方は、都市を選択する際、気候面にも着目して検討してみてください。

まとめ

今回は、アメリカ語学留学のメリットとデメリットの両方についてみてきました。今回取り上げたメリットを、ぜひ他の国のメリットと比較して、留学先を選ぶ上での参考にしていただければと思います。デメリットに関しては、事前に把握しておくことで、マイナスの影響を最小限に抑えることもできます。また、「こういったデメリットがある」という心構えをしておくだけでも、実際に現地に行ってみると、「想像していたほど悪くはないな」と思えるものです。メリットとデメリットの両方を把握して、ぜひ悔いの残らない留学生活を手にしてください!

アメリカ語学留学に関する記事の一覧を見る

アメリカ留学におすすめの語学留学プログラム

アメリカに語学学校のある語学留学プログラムをご紹介します。

ハワイからニューイングランドに至るアメリカ全土でプログラムを提供!「EFの語学留学」

EF トップページ

EFの語学留学は、創業以来50年の実績を誇り、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流などの事業をグローバルに手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファーストの直営語学学校へ留学できるプログラムです。世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から生徒が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨けます。授業外でもイベントやアクティビティなど、留学仲間との交流の場がたくさん用意されています。留学エージェントを通しての留学ではなく、プログラム運営機関の直営校で学ぶ大きなメリットは、希望、目的に応じて渡航先や期間、カリキュラムなど、留学プランをフレキシブルにオーダーメイドできる点。また仲介費等は一切かからず、国内留学カウンセラーと現地スタッフの円滑な連携によるサポートを受けられます。

アメリカ各地に広がる語学学校!「Kaplan(カプラン)の語学留学」

Kaplanの語学留学プログラム トップページ

1938年の創業以来80年以上にわたり、海外留学・語学教育・進学などの分野で世界各地の学習者を支えてきた『カプラン インターナショナル ランゲージ』。英語圏6ヵ国のほか欧州3ヵ国に広がる語学学校では、12歳~80代という幅広い年齢層の世界中からの留学生が年間5万人以上学んでいます。オリジナル教材に基づくレッスンと「使える英語」の実用を組み合わせた独自の学習メソッド「K+(ケープラス)」は、学習者のニーズに合わせて専門家チームによって開発されました。レッスンで使用する教材はオンライン学習ツールと連動しており、学んだトピックを授業外でも効率的に復習できます。課外アクティビティへの参加の機会も豊富で、留学期間を通じて英語のインプットからアウトプットまでを効果的に促してくれる環境です。調査では、生徒の97%が友達や家族にもカプランを薦めたいと回答。利用者満足度の高さがうかがえます。

アメリカ語学留学におすすめの留学エージェント

アメリカ留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてアメリカ留学を検討されている方、アメリカ留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。全国6都市で無料個別カウンセリング・団体セミナーを開催しており、相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
Asami

Asami

医薬品メーカーで6年勤務後、ニューヨークへ。1年を過ごし、ニューヨークの街と、そこで暮らす人のエネルギーに魅了され、英語を磨きたいという思いがより高まる。興味の中心は、ファッション、猫、文学。好きな映画は『THE DEVIL WEARS PRADA』、『THE SEPTEMBER ISSUE』。TOEIC980点。