アメリカ英語ってどうなの?アメリカ英語の特徴と魅力

16世紀末までの間、英語はイギリス諸島(British Isles)だけで使われていました。しかし現在では、英語を母国語とする人のおよそ70%がアメリカに暮らしています。かつて英語を話す人が全くいなかった土地に、どのようにしてこれほど英語は広まっていったのでしょうか。今回は、アメリカ英語の歴史を紐解きながら、その特徴と魅力について探っていきたいと思います。

アメリカ英語とは?

アメリカ英語の歴史

1492年のコロンブスの到着によって、北米大陸の存在はヨーロッパ諸国に知られるようになります。スペインやフランス、オランダなどに続き、1607年にイギリスも、アメリカに植民地を建設しました。現在のヴァージニア州にあるこの地は、当時のイギリス王・ジェームズ1世の名に因み、ジェームズタウンと名付けられました。

またこれとは別に、アメリカを目指したイギリスの人々もいました。当時イギリス本国で迫害を受けていた、ピューリタン(清教徒)たちです。ジェームズ1世は、イギリス国内で政治的、宗教的に抑圧を強めていました。そのため1620年に、清教徒を含む102人がメイフラワー号に乗ってアメリカへと渡りました。当初彼らはジェームズタウンを目指しましたが、船が風で流された結果、現在のマサチューセッツ州に到着します。彼らが上陸した土地は、出発したイギリスの港町の名前をとり、プリマスと名付けられました。

ジェームズタウンやプリマスを皮切りに、アメリカ東海岸に13のイギリス植民地が繁栄していきます。これらの植民地はやがて、イギリス本国から押し付けられる政策に反発をおぼえるようになります。そして1776年7月4日、ついにイギリスからの独立を宣言します。これによって、北米大陸に英語が根付いていきました。(現在、7月4日は独立記念日としてアメリカの祝日となっており、毎年各地で花火が打ち上げられます。)

アメリカ英語は、このような背景から生まれました。つまり、初期のアメリカ英語は、当時移り住んできたイギリスの人々が話していた英語だったのです。しかし、新しい環境のもとで、アメリカ英語は徐々に独自の変化を遂げていきます。例えば、新天地で出会ったネイティブアメリカンの人々の語彙や、既に北米に進出していたスペインやオランダの語彙が取り入れられました。また、イギリス英語自体も時を経て変化していきました。その結果、2つの英語の間には今日みられるような様々な違いが生まれることになります。

では、アメリカ英語の特徴について、イギリス英語と比較しながらみていきましょう。

アメリカ英語とイギリス英語との違い

1. 綴り

アメリカ英語とイギリス英語では、同じ単語でも綴りが異なるものがあります。例えば、「色」を表す「カラー」は、アメリカ英語ではcolor ですが、イギリス英語ではcolour となります。「カタログ」は、アメリカ英語ではcatalog、イギリス英語ではcatalogueとなります。これらは一例に過ぎませんが、アメリカ英語の方がイギリス英語に比べ、綴りが簡潔であることが分かります。このようなアメリカ英語のシンプルな綴りには、ノア・ウェブスター(Noah Webster,1758-1843)という人物の影響があります。辞書の編纂者で、愛国者でもあった彼は、アメリカ独自の英語の確立を目指しました。そして、読まない文字を綴りから排除し、より発音に近づけようと尽力しました。

2. 発音

アメリカ英語とイギリス英語の発音には、様々な違いがあります。代表的なものをみていきましょう。

  1. /t/の発音
  2. アメリカ英語では、/t/が母音に挟まれた場合、日本語の「ら行」に近い音に変化します。たとえば、put it offは「プリロフ(もしくはプリラフ)」、set up は、「セラップ」のように発音されます。

  3. oの綴りの発音
  4. イギリス英語では「オ」に似た音で発音されるoの綴りが、アメリカ英語では「ア」に近く発音されることがあります。たとえばアメリカ英語では、hotは「ハット」、coffeeは「カフィ」のような音で発音されます。

  5. /r/の発音
  6. アメリカ英語では、語の末尾や子音の前で/r/を発音します。一方イギリス英語では、広い地域において発音されません。(たとえば「ドア」のdoorは、イギリス英語では「ドー」のような音で発音されます。)

実は、アメリカへの入植が始まった17世紀には、イギリスの人々も/r/を発音していました。アメリカ英語で/r/を発音するのは、その当時の発音の特徴が現在まで残っているためです。一方イギリス本国では、その後発音が変化していったため、現在のような発音の違いが生まれました。

アメリカ英語の発音の特徴について、イギリス英語と比較しながらみてきました。特に①や②に関しては、これらの音に馴染みがないと、知っている単語や表現であっても聴き取れないことがあります。逆に、この音声変化を理解し、さらに自分でも使うことによって、認識できる音を大きく増やすことができます。

3. 語彙

アメリカ英語とイギリス英語では、同じものを表すときに異なる語彙を用いることがあります。特に、アメリカがイギリスから独立した18世紀以降に発達した分野には、異なる語彙が多く存在します。

【例】

アメリカ イギリス
エレベーター elevator lift
地下鉄 subway underground/tube
ガソリン gas petrol
高速道路 freeway/expressway motorway
掃除機 vacuum cleaner hoover

このように綴り、発音、語彙などにおいて、アメリカ英語とイギリス英語には様々な違いがあります。アメリカ英語が生まれた背景を知ることで、これらの違いも理解しやすくなるのではないでしょうか。

アメリカ英語の魅力とは?

World Englishes と表現されるほど、世界では現在、様々な英語が話されています。「英語はコミュニケーションの手段であり、発音を気にする必要はない」という意見もよく聞かれます。確かに、発音や文法の正確性よりも、まずは「話そうとする姿勢」の方が大事であることは間違いありません。しかし一方で、アメリカ英語は多くの人が理解しやすい英語であることも事実です。「地域を問わず英語を使いたい」と考えている方にとって、アメリカ英語は決して不利にはならないでしょう。

また、「文法や語彙は身についているが、リスニングが苦手」という方の場合、アメリカ英語の発音の特徴を学ぶことで、聴き取れる音を増やすことができます。リスニングの力が伸びると、インプットできる情報量が大幅に増えるため、英語の総合的なスキルアップにも繋がります。以上の点から、学習者にとってのアメリカ英語の魅力は、特にその「発音」にあると言えるのではないでしょうか。

まとめ

アメリカ英語の特徴とその魅力について、アメリカ英語が誕生した背景を振り返りながらご紹介してきました。留学先としての選択肢も増えている今、行き先をどの国にしようかと迷われている方もいらっしゃるかもしれません。どの国の英語にも、それぞれの魅力があります。アメリカ英語は、「多くの人に通じやすい英語の習得を目指す方」や、「リスニング力をアップさせたい方」に、特におすすめです。今回ご紹介した情報を、ぜひ留学先を検討する際のヒントにしてみてください。

【参考文献】「世界の英語ができるまで」唐澤一友著
【参考文献】「そうだったのか!アメリカ」池上彰著
【参考文献】「イギリス英語Total Book」カールRトゥーヒグ著

アメリカ語学留学に関する記事の一覧を見る

アメリカ留学におすすめの語学留学プログラム

アメリカに語学学校のある語学留学プログラムをご紹介します。

ハワイからニューイングランドに至るアメリカ全土でプログラムを提供!「EFの語学留学」

EF トップページ

EFの語学留学は、創業以来50年の実績を誇り、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流などの事業をグローバルに手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファーストの直営語学学校へ留学できるプログラムです。世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から生徒が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨けます。授業外でもイベントやアクティビティなど、留学仲間との交流の場がたくさん用意されています。留学エージェントを通しての留学ではなく、プログラム運営機関の直営校で学ぶ大きなメリットは、希望、目的に応じて渡航先や期間、カリキュラムなど、留学プランをフレキシブルにオーダーメイドできる点。また仲介費等は一切かからず、国内留学カウンセラーと現地スタッフの円滑な連携によるサポートを受けられます。

アメリカ各地に広がる語学学校!「Kaplan(カプラン)の語学留学」

Kaplanの語学留学プログラム トップページ

1938年の創業以来80年以上にわたり、海外留学・語学教育・進学などの分野で世界各地の学習者を支えてきた『カプラン インターナショナル ランゲージ』。英語圏6ヵ国のほか欧州3ヵ国に広がる語学学校では、12歳~80代という幅広い年齢層の世界中からの留学生が年間5万人以上学んでいます。オリジナル教材に基づくレッスンと「使える英語」の実用を組み合わせた独自の学習メソッド「K+(ケープラス)」は、学習者のニーズに合わせて専門家チームによって開発されました。レッスンで使用する教材はオンライン学習ツールと連動しており、学んだトピックを授業外でも効率的に復習できます。課外アクティビティへの参加の機会も豊富で、留学期間を通じて英語のインプットからアウトプットまでを効果的に促してくれる環境です。調査では、生徒の97%が友達や家族にもカプランを薦めたいと回答。利用者満足度の高さがうかがえます。

アメリカ語学留学におすすめの留学エージェント

アメリカ留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてアメリカ留学を検討されている方、アメリカ留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。全国6都市で無料個別カウンセリング・団体セミナーを開催しており、相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
Asami

Asami

医薬品メーカーで6年勤務後、ニューヨークへ。1年を過ごし、ニューヨークの街と、そこで暮らす人のエネルギーに魅了され、英語を磨きたいという思いがより高まる。興味の中心は、ファッション、猫、文学。好きな映画は『THE DEVIL WEARS PRADA』、『THE SEPTEMBER ISSUE』。TOEIC980点。