クライストチャーチへの語学留学が丸わかり!

日本と同様に環太平洋火山帯上に位置するニュージーランドは、比較的地震が多いことで知られています。記憶に新しいところでは、2011年のクライストチャーチを中心としたカンタベリー地震でしょう。大きな被害を受けた街の一部は未だ立ち入りが禁止される「レッドゾーン」となっているものの、クライストチャーチには多くの留学生が戻って来ています。そんなクライストチャーチへの留学を検討されている方に、特徴や気候などの詳しい情報をご紹介します。

クライストチャーチの特徴

大きな被害を受けたカンタベリー地震の後、復興が進んで新たな商業施設が続々とオープンするクライストチャーチ。一時減少した留学生や観光客も戻り、徐々に以前の賑わいを取り戻しつつあります。街のシンボルとも言える大聖堂を中心にゴシック様式の建造物と緑豊かな自然が広がる風景は、「イギリス国外で最もイギリスらしい街」と言われるほど。木々の緑や小川のせせらぎに癒やされる四季折々の風景を楽しめる「ガーデンシティ」です。イギリス文化が色濃く残り、街中を流れる川をエドワード朝の制服を着たガイドが船で案内するパンティングなども楽しめます。

クライストチャーチの概要

南島中央部カンタベリー地方に位置するニュージーランド第3の都市。南島で最も人口が多い南島最大の都市で、国内各地とのアクセス拠点となる南島の玄関口です。20世紀初頭にイギリス人探検家が南極へ向かう拠点として利用し、現在でも南極基地への物資輸送の拠点となる港を有しています。1850年頃からイギリス人入植者により開拓された地で、1856年7月にニュージーランドで初めて市としてイギリス国王に認められ誕生しました。初期の入植者に英オックスフォード大学クライストチャーチ・カレッジの出身者が多かったことから、「クライストチャーチ」と名づけられたそうです。

クライストチャーチの気候

夏季の激しい熱波や冬季の厳しい寒波を受けない西岸海洋性気候に属し、一年を通して温暖な気候です。夏(12~2月)の平均最高気温は22℃前後、平均最低気温は12℃前後となり、暑すぎず過ごしやすい陽気ですが、海陸風の影響により朝夕の寒暖差が大きいのが特徴です。冬(6~8月)の平均最高気温は12℃前後、平均最低気温は2℃前後。カンタベリー地方全域で積雪が観測されるものの、市内での積雪は年数日程度となっています。また、放射冷却により空気が冷やされるため市内でも霜が降りることがあるので、冬季は厚手の上着が必要となるでしょう。

クライストチャーチの治安

在ニュージーランド日本国大使館によると、クライストチャーチがあるカンタベリー地方の治安は比較的安定しており、良識のある行動をしていれば凶悪犯罪に巻き込まれる可能性は低いとのことです。しかし、置き引きやスリ、夜間の窃盗、空き巣、飲酒がらみの暴力事件などは多発しているため注意が必要です。特に、繁華街の夜間の一人歩きや人気のないエリアへの立ち入りは避けた方がいいでしょう。また、日本と同じような感覚で椅子にバッグを置いて席を離れたり、必要以上に現金を持ち歩いたりするのもNG。常に「ここは日本ではなく外国」だということを自覚して行動することをおすすめします。

【参考】海外安全対策情報第1四半期(平成30年4月~6月)

クライストチャーチのここがおすすめ

イギリス独特の小舟に乗ってエイボン川から市内を楽しむパンティングをはじめ、スリル満点なジェットボートや熱気球、スカイダイビングなどアクティビティが充実!また、スキーやワイナリー巡り、国立公園などもあり、思い切りクライストチャーチを満喫できる方法はたくさんありますが、その中でもおすすめのスポットをご紹介します。

  1. ハグレー公園
  2. カードボード・カセドラル(仮設大聖堂)
  3. マルイア・スプリングス
  4. レイク・テカポ

1. ハグレー公園

緑豊かなクライストチャーチを象徴する総面積約165ヘクタールの公園。街の中心に位置しながら、その広さは日比谷公園の15倍に相当します。市民の憩いの場として親しまれ、週末には散歩やジョギング、ピクニックなどを楽しむ人々で賑わっています。「ガーデンシティ」の愛称を持つクライストチャーチを満喫できるスポットで、緑豊かな自然に囲まれた中でスポーツをする人たちの姿は、ニュージーランドらしいワンシーンと言えるでしょう。公園内にはスポーツ施設も多くあるので、テニスやゴルフなどを楽しんでもいいかもしれません。

2. カードボード・カセドラル(仮設大聖堂)

2011年の地震で街のシンボルであったセカドラル・スクエアの大聖堂が崩壊したため、仮設の大聖堂として建てられた紙の教会。震災の影響を受けにくい紙素材の建築は、日本人建築家の坂茂氏が設計しました。特殊加工されたボール紙製のチューブを使用した屋根のほか、正面に飾られた十字架や内部の祭壇まで紙素材でできています。シンプルでありながら洗練された雰囲気のカードボード・カセドラルは、クライストチャーチの新たな観光地。旧大聖堂広場には、2019年秋に同氏が手がける新たな建物がオープンする予定です。建築界のノーベル賞と言われるプリッカー賞を受賞した同氏の作品を堪能してみてはいかがでしょう。

3. マルイア・スプリングス

新潟県赤倉温泉によって開発された日本式の温泉文化が楽しめる純和風温泉。クライストチャーチから約190kmと距離はありますが、美しい山々を背景に入る露天風呂は心も体も癒やされます。宿泊施設もあるので、日本が恋しくなったら週末旅行などで足を運んでみてくださいね。

4. レイク・テカポ

クライストチャーチからバスで3時間40分から4時間かかるレイク・テカポは、晴天率が高く星空が美しいことから「世界最大級の星空保護区」に認定されています。星が空を覆い尽くす様子は、人生で何度も見られるものではありません。天然のプラネタリウムは、銀河を旅しているかのような錯覚に陥るほど。南半球でしか見られない星だけでなく、運がよければオーロラも見られるかもしれません。

まとめ

ニュージーランド第3の都市クライストチャーチについてご紹介しました。日本と同じように地震が心配されますが、それでも多くの留学生が舞い戻ってくるのは、住みやすく魅力的な街だからでしょう。ニュージーランドにいながらイギリス文化にも触れることができるクライストチャーチで、ヨーロッパ圏や南米からの留学生とともにインターナショナルな生活を体験してみてください。気が付いたら英語が身についていた、なんてことも夢ではないかもしれません。

ニュージーランド語学留学に関する記事の一覧を見る

ニュージーランド留学におすすめの語学留学プログラム

ニュージーランドに語学学校のある語学留学プログラムをご紹介します。

首都オークランドで英語を学ぶ「EFの語学留学プログラム」

EF トップページ

EFの語学留学は、創業以来50年の実績を誇り、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流などの事業をグローバルに手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファーストの直営語学学校へ留学できるプログラムです。世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から生徒が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨けます。授業外でもイベントやアクティビティなど、留学仲間との交流の場がたくさん用意されています。留学エージェントを通しての留学ではなく、プログラム運営機関の直営校で学ぶ大きなメリットは、希望、目的に応じて渡航先や期間、カリキュラムなど、留学プランをフレキシブルにオーダーメイドできる点。また仲介費等は一切かからず、国内留学カウンセラーと現地スタッフの円滑な連携によるサポートを受けられます。

カプランオークランド校で学ぼう!「Kaplan(カプラン)の語学留学プログラム」

Kaplanの語学留学プログラム トップページ

1938年の創業以来80年以上にわたり、海外留学・語学教育・進学などの分野で世界各地の学習者を支えてきた『カプラン インターナショナル ランゲージ』。英語圏6ヵ国のほか欧州3ヵ国に広がる語学学校では、12歳~80代という幅広い年齢層の世界中からの留学生が年間5万人以上学んでいます。オリジナル教材に基づくレッスンと「使える英語」の実用を組み合わせた独自の学習メソッド「K+(ケープラス)」は、学習者のニーズに合わせて専門家チームによって開発されました。レッスンで使用する教材はオンライン学習ツールと連動しており、学んだトピックを授業外でも効率的に復習できます。課外アクティビティへの参加の機会も豊富で、留学期間を通じて英語のインプットからアウトプットまでを効果的に促してくれる環境です。調査では、生徒の97%が友達や家族にもカプランを薦めたいと回答。利用者満足度の高さがうかがえます。

ニュージーランド語学留学におすすめの留学エージェント

ニュージーランド留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてニュージーランド留学を検討されている方、ニュージーランド留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。全国6都市で無料個別カウンセリング・団体セミナーを開催しており、相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
reisuke

reisuke

オーストラリア在住11年目。英語が最も苦手な教科でありながら英語を話すことに憧れ、海外生活を始める。コミュニケーションのツールとして英語を身につけ、現在では英語で夢を見るまでに。日本語教師として活動していることもあり、英語と日本語の文法の違いや国による英語の違い、言語と文化のつながりなどをライターとして発信中。