オークランドへの語学留学が丸わかり!

ニュージーランドに初めて来たヨーロッパ人はオランダ人の探検家アベル・タスマンでしたが、一度も上陸を果たすことはありませんでした。その約100年後、スコットランド人の探検家ジェームズ・クックが上陸。それを機にヨーロッパからの入植が始まり、「ニュージーランド」としての歴史が始まりました。母語として世界で最も新しい英語を話すニュージーランドは、現在では多くの留学生が集まる人気国に成長しています。小さいながらも南北に伸びる国土ということもあり、留学先の都市によって特徴や気候なども異なるため、それぞれの都市について詳しくご紹介しています。

今回は、ニュージーランド最大の都市オークランドについてのご紹介です。

オークランドの特徴

オークランドは交通の拠点という役割を担うニュージーランド最大の都市で、食・音楽・ファッションなどの最新情報の発信地です。大都市でありながら古代から残る熱帯雨林が広がる山があり、海岸には美しいビーチや島々が点在する変化に富んだ自然環境です。海上に繰り出す人が多いことから「帆の街」と呼ばれ、3軒に1軒が船舶を保有し、船舶の保有率は車の保有率を上回っています。マリンスポーツが生活に深く浸透しているため、ヨットやジェットボート、クルーズなどの海上のアクティビティが充実。また、「火山の街」としても知られ、48の死火山とクレーターが存在します。

オークランドの概要

かつてニュージーランドの首都であったオークランドは、北島北部に位置しています。オセアニア屈指の世界都市で、商業港オークランド港を有する経済の中心地です。西には太平洋、東にはタスマン海が広がり、波の侵食により自然が生み出した入り組んだ海岸線が特徴です。もともとマリオ族の移住地でしたが、1840年にニュージーランドの初代総督となったイギリス海軍のウィリアム・ホブソンに、マオリ族からの友好の証として寄贈されました。今ではイギリス系、アジア系、インド系などの多民族が暮らす国際色豊かな街に成長。街のいたるところで、それぞれの民族に由来する料理が堪能できます。人口は約150万に上り、世界最大のポリネシア系人口を抱える都市でもあります。

オークランドの気候

西岸海洋性気候に属し、ニュージーランドの主要都市の中で最も温暖な気候です。夏(12~2月)の平均最高気温は23℃前後で平均最低気温は15℃前後。湿度が低く日本のような蒸し暑さはありませんが、紫外線が非常に強くなるので対策は必須です。冬(6~8月)の平均最高気温は15℃前後で平均最低気温は7℃前後。冬の寒さはさほど厳しくなく、雪が降ることもありません。四季があるものの通年の寒暖差は小さく過ごしやすい気候です。しかし、「1日の中に四季がある」と言われるほど1日の気温差が大きく、目まぐるしく変わる気温に悩まされる人も少なくありません。夏でも雨の後は急に気温が下がるので、羽織るものは常に持っていた方がいいでしょう。

オークランドの治安

世界でもトップクラスの安全性を誇るニュージーランドですが、オークランドは国内で最も治安が悪いと言われています。とはいえ、国内最大の都市で人も多いため、必然的に犯罪の数も増えるということでしょう。オークランドで多い犯罪は窃盗や不法侵入などですが、アルコール絡みの暴行事件も多発しています。飲食店やバーが多いクイーンストリートと周辺の脇道、スカイタワー周辺、カランガハぺ・ロード(Kロード)などは、夜間の危険度が上がるエリアなので注意が必要です。国内で最も治安が悪いとはいえ、他の英語圏の国と比べて治安は遥かにいいので、心配しすぎる必要はありません。ただし、日本ではないという意識は常に持っておきましょう。

オークランドのここがおすすめ

食・音楽・ファッションなどの最新情報の発信地となるオークランドには、グルメやエンターテイメント、ショッピングなどが楽しめるスポットが充実!さらに、恵まれた自然の中でさまざまなアクティビティが堪能できます。数あるおすすめスポットから、外せないポイントをご紹介します。

  1. スカイタワー
  2. ワイヘキ島
  3. ゴートアイランド海洋保護区
  4. ホビット村

1.スカイタワー

高さ328mのオークランドのランドマーク。高さが異なる3つの展望フロアがあり、186mに設けられたメイン展望フロアからは、オークランドの街を一望できます。また、高さ220mのスカイデッキには、80km先まで見える大パノラマが広がっています。スリルを味わいたい方は、野外展望台を歩くスカイウォークやワイヤーをつたいながら時速約85kmで地上に落下するスカイジャンプがおすすめ。タワーの下にある24時間営業の商業施設「スカイシティ」には、レストラン、バー、カジノ、劇場などが入っています。

2.ワイヘキ島

オークランドの海には多くの美しい島々が点在していますが、その中の1つがきれいなビーチに囲まれたワイヘキ島です。オークランドの中心部からフェリーでわずか30分という近さでありながら、島内はオリーブやぶどう畑が広がる別世界です。ワイナリー巡りはもちろん、海水浴、カヤック、セグウェイ、ハイキングなどのアクティビティも充実。また、ワイヘキの森で長さ200mのジップラインに挑戦できるツアーもあるので、体験してみてもいいかもしれません。

3. ゴートアイランド海洋保護区

オークランドの北約90kmに位置するゴートアイランド・ベイは、きれいな海が広がる海洋保護区。魚釣りはもちろん、捕獲や餌やりも禁じられています。透明度が高いエメラルドグリーンの海には多種多様な海洋生物が生息。間近で魚と触れ合いたい人はシュノーケリングやダイビング、泳ぎが苦手な人は底がガラス張りになったグラスボートがおすすめです。海も魚も苦手な人は、ビーチ近くの遊歩道で自然豊かな景色を楽しんでみてはどうでしょう。

4. ホビット村

ニュージーランドには映画「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」のロケ地が点在していますが、その中でも外せないスポットが「ホビット村」。映画で見た緑豊かなホビット庄がそのまま残されています。フロドやサムがどこかから登場しそうな雰囲気で、映画の世界に迷い込んだような錯覚に陥ってしまうほど。丘陵地に建ち並ぶ丸ドアのホビットの家々や小道具だけでなく、ホビットたちの憩いの場であるパブ「グリーン・ドラゴン」も再現されています。オークランドからは車で2時間程度かかるのでツアーがおすすめ。映画の世界を満喫してみてください。

まとめ

ニュージーランド最大の都市オークランドについてご紹介しました。活気がある大都市でありながらダウンタウンを出ればビーチや豊かな自然が広がり、都会と自然が融合した魅力的な街です。多くの国から移民が集まる国際都市でもあるため、留学生にとっては暮らしやすい環境と言えるでしょう。人が多いため語学学校がたくさんあり、目的にあったコースが選びやすいのも利点の1つです。さまざまな国の人が暮らすオークランドで、世界の共通言語となる英語を身につけてみませんか?

ニュージーランド語学留学に関する記事の一覧を見る

ニュージーランド留学におすすめの語学留学プログラム

ニュージーランドに語学学校のある語学留学プログラムをご紹介します。

首都オークランドで英語を学ぶ「EFの語学留学プログラム」

EF トップページ

EFの語学留学は、創業以来50年の実績を誇り、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流などの事業をグローバルに手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファーストの直営語学学校へ留学できるプログラムです。世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から生徒が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨けます。授業外でもイベントやアクティビティなど、留学仲間との交流の場がたくさん用意されています。留学エージェントを通しての留学ではなく、プログラム運営機関の直営校で学ぶ大きなメリットは、希望、目的に応じて渡航先や期間、カリキュラムなど、留学プランをフレキシブルにオーダーメイドできる点。また仲介費等は一切かからず、国内留学カウンセラーと現地スタッフの円滑な連携によるサポートを受けられます。

カプランオークランド校で学ぼう!「Kaplan(カプラン)の語学留学プログラム」

Kaplanの語学留学プログラム トップページ

1938年の創業以来80年以上にわたり、海外留学・語学教育・進学などの分野で世界各地の学習者を支えてきた『カプラン インターナショナル ランゲージ』。英語圏6ヵ国のほか欧州3ヵ国に広がる語学学校では、12歳~80代という幅広い年齢層の世界中からの留学生が年間5万人以上学んでいます。オリジナル教材に基づくレッスンと「使える英語」の実用を組み合わせた独自の学習メソッド「K+(ケープラス)」は、学習者のニーズに合わせて専門家チームによって開発されました。レッスンで使用する教材はオンライン学習ツールと連動しており、学んだトピックを授業外でも効率的に復習できます。課外アクティビティへの参加の機会も豊富で、留学期間を通じて英語のインプットからアウトプットまでを効果的に促してくれる環境です。調査では、生徒の97%が友達や家族にもカプランを薦めたいと回答。利用者満足度の高さがうかがえます。

ニュージーランド語学留学におすすめの留学エージェント

ニュージーランド留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてニュージーランド留学を検討されている方、ニュージーランド留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。全国6都市で無料個別カウンセリング・団体セミナーを開催しており、相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
reisuke

reisuke

オーストラリア在住11年目。英語が最も苦手な教科でありながら英語を話すことに憧れ、海外生活を始める。コミュニケーションのツールとして英語を身につけ、現在では英語で夢を見るまでに。日本語教師として活動していることもあり、英語と日本語の文法の違いや国による英語の違い、言語と文化のつながりなどをライターとして発信中。