海外のファーストフード店で注文!役立つ英語フレーズ集

留学生活には、何かとお金がかかるもの。節約したい留学生にとって、チップを払う必要のないファーストフード店は非常に頼れる存在です。値段が手頃なだけでなく、日本でも馴染みのある店の看板を海外で見かけると、少しほっとするものです。しかし、いざ注文となるとすべて英語!慣れていないと、「ちゃんとオーダーできるだろうか?」と不安になってしまうかもしれません。そこで今回は、海外のファーストフード店で注文をするときに知っておきたい英語表現をご紹介します。

注文に役立つ英語表現


ファーストフード店で想定される店員とのやり取りを、注文から会計までの流れに沿ってご紹介します。

注文を聞かれる

注文カウンターに行くと、店員から「Welcome to ~(店名)!」や、「Hi, how are you?」といった挨拶に続き、以下のように質問されます。

  • Are you ready to order?
  • How may/can I help you?
  • What can I get for you?
  • May/Can I take your order?
  • What would you like?

様々なバリエーションがありますが、これらはすべて注文を尋ねる際に使われるフレーズです。店員にとっては毎日使う決まり文句であるため、非常に早口で尋ねられることもありますが、落ち着いて注文しましょう。

ほしいものを伝える


注文を聞かれたら、自分のほしいものを伝えます。注文する際には、以下のようなフレーズを使うことができます。自分にとって言いやすいと感じるフレーズを覚えておけば大丈夫です。

<注文時に使える英語フレーズ>

  • I’ll have ~.
  • Can I have ~?
  • Could I get ~?
  • I’d like to get ~.

フレーズの「~」の部分に、注文したいものを入れます。たとえばチーズバーガーがほしい場合には、「I’ll have a cheeseburger.」や「Can I have a cheeseburger?」のように言うことができます。もし、注文した後に気分が変わり、別のメニューに変更したい場合には「Can I change my mind?変更しても大丈夫ですか?)」と伝えて、改めて注文しましょう。

ちなみに、ファーストフードの定番メニュー、「フライドポテト」は、英語では「French fries」もしくは「fries」です。うっかり間違えてしまいやすい単語なので、気をつけましょう。また、セットになっているものを注文したいときは、セット番号を伝えるのが簡単です。「セット」は、英語では「meal」や「combo」と言います。

食べられないものを伝える

アレルギーや苦手な食材がある場合は、「Is there ~ on it?~は入っていますか?)」と確認しましょう。もし食べられないものが入っていた場合には、「Without ~, please.」や「No ~, please.」と伝えます。

【例文】

  • Excuse me, is there mayo on it?
    すみません、マヨネーズは入っていますか?

イートインか持ち帰りかを尋ねられる

注文した商品を、店内で食べるか持ち帰りにするかは、以下のように聞かれます。

  • For here or to go?
    こちらで食べますか?それとも持ち帰りですか?

店で食べる場合は「For here, please.」、持ち帰りたい場合には「To go, please.」と答えればOKです。

飲み物を聞かれる

<飲み物を聞かれる英語表現>

  • What would you like to drink?
  • What kind of drink?
  • Would you like anything to drink?
  • Can I get you anything to drink?

こちらも色々な聞かれ方がありますが、「drink」という単語が聞き取れたら、前述の注文時に使えるフレーズを使ってほしいものを伝えます。ドリンクのサイズも一緒に言いたい場合には、「サイズ」、「ドリンク」の順に伝えましょう。

【例文】

  • Could I get a small coffee, please? 
    Sサイズのコーヒーをいただけますか。
  • Can I have a medium latte, please? 
    ミディアムサイズのラテをもらえますか。
  • I’ll have a large orange juice, please. 
    Lサイズのオレンジジュースをお願いします。

「コーヒー」は、アメリカでは「カフィ」のように、「カ」に近い音で発音されます。「ラテ」は、「ラテイ」のように発音すると伝わりやすいでしょう。

注文が一通り終わると、「Anything else?(他に注文はありますか?)」と聞かれます。追加があれば続けて注文し、他になければ「No, that’s it.(以上です。)」と答えて会計に移ります。

お会計


会計時には、以下のような表現が使われます。

【例文】

  • That’ll be $12.00.
    12ドルになります。
  • It’s going to be $9.00.
    9ドルになります。
  • Your total comes to $7.50. 
    お会計は7ドル50セントです。

お会計を終えると、「Have a good day!」などの挨拶とともに商品を手渡されます。「You too!」など挨拶を返して、商品を受け取りましょう。

まとめ

今回は、海外でファーストフード店を訪れたときに役立つ英語表現をご紹介しました。基本的な注文の流れは日本の店舗と変わらないので、いくつかのフレーズを押さえておけば、安心して注文することができるでしょう。ぜひ、留学や旅行などで渡航する際には、今回ご紹介した表現をチェックしてみてくださいね!

【関連ページ】語学留学の比較・ランキング
【関連ページ】これで安心!アメリカのカフェで注文時に覚えておきたい英語表現
【関連ページ】【海外旅行】知らないと注文できない、英語メニューの見方~アメリカ編~

The following two tabs change content below.
ラッド 順子

ラッド 順子

英国在中のライター。日本と英国の大学院を修了。各種教員免許及び英語教授法資格(TESOL)を有する。公立・私立小中高等学校及び大手語学学校での英語指導経験が豊富。英国では、執筆の他、翻訳・通訳、日本語 指導に従事。ライターとして、イギリスの最新情報やおもしろ文化を発信中。サッカーと海外番組の「The X Files」が大好き。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習!

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム