日本人が英語を話せるようになるには何時間必要?

目標とする英語力と現状とのギャップが果てしなく大きく感じられるとき、英会話スクールの窓口で料金プランを一覧するとき、自分なりの取り組みがなかなか会話力の伸びにつながらないとき…。様々な場面で浮かぶ「英語を習得するには一体どれぐらいの時間が必要なのか」という疑問。

今回は、英語を学ぶ誰もが一度は自身に投げかけるこの問いについて、人が母語以外の言語を習得するプロセスの解明を試みる「第二言語習得」の観点から、回答を探ってみたいと思います。

調査データに基づく仮説

母国語以外の言語の習得に必要な時間を考察するとき、よく利用されるのが米国国務省の付属機関、FSI(The Foreign Service Institute:外務職員局)の調査データです。この調査でFSIは、英語を母語とする国務省の研修生が各言語の習得に要した時間をもとに、英語のネイティブスピーカーにとっての各言語の習得難易度を三段階に分類しています。その中で、日本語はアラビア語や韓国語と並び、最も難易度が高いカテゴリー3に属し、同カテゴリー内でも他に比べて特に習得が難しい言語とされています。

Category I: Languages closely related to English
23-24 weeks (575-600 class hours)
Afrikaans
Danish
Dutch
French
Italian
Norwegian
Portuguese
Romanian
Spanish
Swedish
Category II: Languages with significant linguistic and/or cultural differences from English
44 weeks (1100 class hours)
Albanian
Amharic
Armenian
Azerbaijani
Bengali
Bosnian
Bulgarian
Burmese
Croatian
Czech
*Estonian
*Finnish
*Georgian
Greek
Hebrew
Hindi
*Hungarian
Icelandic
Khmer
Lao
Latvian
Lithuanian
Macedonian
*Mongolian
Nepali
Pashto
Persian (Dari, Farsi, Tajik)
Polish
Russian
Serbian
Sinhalese
Slovak
Slovenian
Tagalog
*Thai
Turkish
Ukrainian
Urdu
Uzbek
*Vietnamese
Xhosa
Zulu
Category III: Languages which are exceptionally difficult for native English speakers
88 weeks (second year of study in-country)
(2200 class hours)
Arabic
Cantonese
Mandarin
*Japanese
Korean
Other languages
German 30 weeks (750 class hours)
Indonesian
Malaysian
Swahili
36 weeks (900 class hours)

※「*」の言語は英語ネイティブスピーカーにとって、同カテゴリー内の他言語に比べて習得が難しい
Language Learning Difficulty for English Speakers:Languages of the Worldより引用

FSIでは、カテゴリー3に属する言語の習得に英語ネイティブが要するクラス受講時間を、およそ2,200時間としています。(※FSIの調査では、2年目の学習は対象言語の国で行われました。また、学習者はクラス受講の他に自習を行っていました。)

言語間の類似性の高さを、言語学では「言語間距離(language distance)」という言葉で表し、母語と学習する言語の言語間距離が近いほど、その言語は学習しやすいと一般的に言われています。2,200時間という数字は、英語を母国語とする人が日本語習得に要する時間ですが、この時間が英語と日本語の言語間距離を表していると考えれば、同じ距離を逆にたどる日本人の英語習得にも、やはり2,200時間が必要なのではないかという仮説が導かれます。

個人差はあれ、日本では多くの人が中学校・高校・大学などを通して1,000時間以上、英語を学んでいることを考えると、社会人学習者の英語習得には、残るおよそ1,000時間強の学習が必要であるということになります。

個人に適した効果的アプローチで時間短縮が可能?

例えば今日から、1日1時間×週3日の取り組みを始めたとしても、学習時間が1,000時間に達するのは6年以上先のこと。こう考えると、ゴールまでの距離に気が遠くなるかもしれません。ただ、週3時間の学習頻度は一例にすぎず、より長くの時間を学習に充てることができれば、習得までの期間は縮めることができます。また、1,000時間という数値はあくまで、とある状況下における学習者を対象としたFSIの調査データをもとに割り出した目安にすぎず、学習者の適性や動機、学習の環境・方法などの諸条件が異なれば、習得までの時間も当然ながら変わってくるはずです。

第二言語習得の研究では、学習への適切な動機づけや、それぞれの適性を考慮した効果的な学習などにより、習得の効率や速度を促進する方法が探求されています。

スキル向上を加速させたい学習者のために

英語習得に業務上の明確なデッドラインが設けられているような場合はもちろん、過密スケジュールの中、時間を捻出して英語を学ぶのであれば、効率よく、最速でスキルを身に着けたいと考えるのは当然です。そんな学習者のニーズに応えるため、効果的な学習を模索する第二言語習得の理論に学び、その考えをカリキュラムやメソッドの開発に取り入れるスクールが増えています。また、密な学習スケジュールの実践により、より早い英語力の向上を目指すプログラムも表れました。

1年間で1,000時間の学習に取り組むプログラムも

例えば毎月80時間以上学び続ければ、1,000時間の学習は1年間で全うできます。このスケジュールを個人でこなすのはたやすいことではありませんが、パーソナルコーチ型の英会話スクールの「トライズ」は、専属コンサルタントとネイティブ教師のサポートのもと、「1年で1,000時間」という取り組みを実践するプログラムを提供しています。

まとめ

日本人にとって、母国語である日本語と「言語間距離」のかけ離れた英語をものにするのは、容易なことではありません。それでも、適切な学習環境のもと、科学的な根拠に基づく合理的な学習法に則って訓練を積むことができれば、英語でのコミュニケーション力が職場で武器になる日は、より早く訪れるかもしれません。

【参照サイト】Wikibooks:Language Learning Difficulty for English Speakers

第二言語習得(SLA)に関する記事の一覧を見る

第二言語習得研究に基づいて効率的な英語学習をしたい方へ

第二言語習得について学べば学ぶほど、第二言語習得理論に基づく科学的なトレーニングで効率的に英語学習を進めたいと感じる方も多いのではないかと思います。そこで、ここでは第二言語習得に基づく英語学習プログラムを強みとしているおすすめのスクールをご紹介します。第二言語習得研究の成果がプログラムに落とし込まれたスクールで学びたいという方はぜひ参考にして下さい。

第二言語習得研究に基づく時短英語パーソナルジム「ENGLISH COMPANY」

ENGLISH COMPANY

ENGLISH COMPANYは、大学受験予備校も運営する恵学社が運営する、英語のパーソナルジムです。長期留学経験者や英語指導資格保有者などの英語指導のスペシャリストが専任のパーソナルトレーナーとして受講生の英語学習をサポートし、90日間で飛躍的な英語力向上を目指します。トレーニングは「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースとしており、日本人が受験勉強などを通じて培ってきた英語力を引き出し、実践的な英語力へと転換することを重視しています。既にTOEICスコアを大幅アップさせた受講生も多数おり、実績も豊富なプログラムなので、3カ月で集中的に英語力を高めたいという方には大変おすすめできるサービスです。


応用言語学理論に基づいた英語学習コンサルティング「PROGRIT」

PROGRIT(プログリット)は、世界で活躍できるグローバルリーダーの育成を目的としてマッキンゼー出身のコンサルタントが設立した短期集中型のコンサルティングプログラムです。一人一人の課題に合わせたオーダーメイドのカリキュラムと専属コンサルタントによる毎日のフォロー、修了後の継続サポートにより世界に通用するビジネス英語力を身につけます。「ビジネス英会話」「TOEIC®」の2コースから選択可能で、目的に沿ったカリキュラムを受講可能です。2ヶ月間本気で英語と向き合い、ビジネス英語を一気に仕上げたいという方にとっておすすめのプログラムです。


「PCPPモデル」に基づく教材で学べるオンライン英会話「レアジョブ」

オンライン英会話業界でシェアNo.1を誇り、イード・アワード2017「英会話スクール」オンライン英会話部門でも最優秀賞に選ばれているレアジョブ英会話の「ビジネス英会話コース」では、「PCPPモデル」と呼ばれる第二言語習得研究に基づいた実践的なビジネス英語テキストに基づく英会話レッスンが受けられます。PCPPモデルは、提示(Presentation)・理解(Comprehension)・練習(Practice)・産出(Production)の流れでレッスンを行うことで着実なアウトプット力を身につける学習法です。 ビジネス英会話コースではレアジョブの全講師中、トップ5%の最優秀講師だけが担当するので、テキストはもちろん講師の質も非常に高く、短期間でビジネス英語力を高めたい方に大変おすすめできるオンライン英会話です。

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。