【12/24東京】最速で学ぶ! 使える英語マスター

ひとりでも続けられるPDCA勉強法

セミナー概要

開催日 2019年12月24日
イベント名 最速で学ぶ! 使える英語マスター
詳細URL https://school.nikkei.co.jp/seminar/article.aspx?sid=P1901873&n_cid=nbs_seo_m_005
主催者・団体 日経ビジネススクール
都道府県 東京都
開催地住所 東京都千代田区丸の内1-6-4
対象者 どなたでも参加可能
イベント概要 1 最速で「使える英語」をマスターする方法
1. 英語学習のゴールイメージ
2. 英語力ランキングにみる なぜ日本人は英語が話せないのか? 3つの理由
 理由1:聞けない~音声認識できていない
 理由2:リアルタイムに構文できない~「英訳」では会話についていけない
 理由3:マインドブロック~英会話だと気後れしてしまう

3. 英語学習には、2200時間以上必要
4. 話せるようになるための学習の構造
5. 話すための基本は、中学文法+3000語で足りる


2 最速英語学習法と会話のストラテジー(解説とワーク)
1. シャドーイングとは?
 ① シャドーイングの目的
 ② なぜ聞けないのか?(単語)
 ③ なぜ聞けないのか?(文章・リンキング)
 ④ なぜ聞けないのか?(文章・リダクション)
 ⑤ なぜ聞けないのか?(文章・フラッターリング)
 ⑥ シャドーイングの5段階(リスニング・マンブリング・テクストチェック・シンクロリーディング・シャドーイング)
 ⑦ シャドーイングの教材の選び方
 ⑧ シャドーイングの体験練習

2. フレーズ暗記・超高速英作文
 ① フレーズ暗記・超高速英作文の目的
 ② フレーズ暗記・超高速英作文の方法
 ③ フレーズ暗記・超高速英作文の体験練習
 ④ フレーズ暗記・超高速英作文の教材の選び方

3. 会話レッスンについて
 ① 会話レッスンの必要性について
 ② コミュニケーション・ストラテジーの重要性
 ③ コミュニケーション・ストラテジー
 (聞き返し/確認要求/置き換え・造語・再構成/資料やホワイトボードの利用/事前メモの作成)


3 PDCAを回して英語学習を継続する
1. 学習ゴール設定の重要性
2. 学習ゴール設定のやり方
3. 学習ロードマップの作り方
4. 習慣化の重要性
 ① 習慣化のためのスケジュールの作り方
 ② 通勤時間の活用方法
 ③ 朝の時間の活用方法
 ④ 隙間時間の活用方法

5. 学習進捗確認のための尺度とは?
 ① TOEIC L&R
 ② TOEICでは測れないもの
開催時間 13:00~17:00
費用 39,600円(税抜き36,000円)
定員数 64名
The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。