「リラックスしていても英語が入ってくるようになりました。」カナダ・トロント語学留学体験談

ここでは、語学留学を検討されている方のために、カナダ・トロントへ語学留学をされたkuraさんの体験談をご紹介します。カナダへの語学留学をお考えの方はぜひ参考にしてください。

語学留学体験者のプロフィール

ニックネーム kuraさん(女性) 留学時の英語レベル 英会話中級
留学時の職業 無職 留学時の年齢 20代後半
留学先の国 カナダ
留学先の都市 トロント
留学期間 2002年2月から2002年12月まで
語学学校名 ILSC、Cornerstone academic college、Jigsaw
通っていたコース 日常英会話
レッスン形式 グループレッスン(5名以上)
滞在スタイル ホームステイ

語学留学体験談インタビュー

語学留学について

English Hub編集部
語学留学をしようと思ったきっかけは何ですか?
kuraさん
学生時代から英語と海外に興味があり、大学時代は1ヶ月の短期留学でオーストラリアやカナダなどに行っていました。1ヶ月だとやはり短く、生活や英語に慣れてきたなと思うときに帰国になってしまうので、いつか長期で留学したいという思いをずっと持っていました。社会人になってもやはりその思いは捨てきれず、貯金も貯まってきたころを見計らって、思い切って退職して留学することにしました。
English Hub編集部
語学学校での授業はどうでしたか?
kuraさん
様々国の人がレッスンを受けていましたが、やはりどうしても同じ国の人で集まってしまう傾向があると思いました。学校側も構内では「English only」としていましたが、完璧に守られていたとは言えません。レッスンは少人数で行われるため、ある程度のリクエストなども受け付けてくれました。(TOEICのテストが近いから対策をしてほしい、リスニングを強化したいetc)義務教育の学校とはやはり違うので、宿題をやってきたか、ノートをきちんととっているかなどは先生側もいちいちチェックをしたりはしません。勉強するもしないも自分次第となるので、モチベーションをきちんと持ち続けることが求められます。
English Hub編集部
滞在先(ホームステイ・学生寮など)での生活はどうでしたか?
kuraさん
最初の半年はホームステイ、残りをシェアハウスで過ごしました。ホームステイは残念ながらホストファミリーの当たり外れがかなりあります。トロントは移民の街なので、色々な国出身の人が多く、実際私のホストファミリーもチリ出身でたまにスペイン語が飛び交うような環境でした。ファミリーは皆さん良い人で、年齢が近い子供もいたので、一緒に遊びに連れて行ってもらったり楽しく過ごせました。しかしどんなに良いファミリーに当たっても、一緒に住むにあたっては気づかいが必要になります。自由を満喫したいという人にはシェアハウスなどをお勧めします。シェアハウスも日本人同士で住んでいる人もいましたが、私は一般誌に掲載されていたルームメイト募集記事を見て決めました。トルコ系カナダ人と韓国人と暮らしましたが、ある程度のプライバシーはあり、しかも会話は英語のみなので英語の勉強にもなり、とても理想的な環境だったと思います。
English Hub編集部
授業以外の時間や休日はどのように過ごしていましたか?
kuraさん
ホストファミリーの子供が映画館で働いていたこともあり、関係者枠で無料で見られよく連れて行ってもらいました。もちろん字幕は出ませんので、良い勉強になったと思います。あとは学校帰りには友達とカフェでお茶をしたり、図書館で勉強をしたり。トロントにはReference libraryというかなり大きな図書館があり、留学生のほとんどが利用していると思います。日本語の本も多数置いてあり、日本語が恋しくなったときはそこで読書をしたりもしていました。
English Hub編集部
留学中にどのような出会いがありましたか?
kuraさん
やはり学校で出会った友達が一番です。ヨーロッパ、南米、アジアなどその国の話を聞くのは本当に興味深く楽しいものでした。なかでも韓国人の学生は多くいたのですが、一人の韓国人が印象に残っています。その人は少し年上で、留学時おそらく30代後半ぐらいだったと思います。とても保守的でそれまで韓国料理以外の料理はほとんど食べたことがない、海外旅行もしたことがないというタイプでした。そんな彼が「これまで日本人は大嫌いだったけど、きみたちに会って日本人に対する考えが変わった。実際会ってみないとわからないもんだね。」と言われたのです。彼にとっても大きな出来事だったと思いますが、私にとってもはっとする言葉でした。人や物事に対する考え方が変わったり、視野が広くなることが留学の醍醐味だと思います。
English Hub編集部
語学留学によってどのぐらい英語力は伸びましたか?
kuraさん
留学前は典型的な日本人タイプで、文法は得意、会話とリスニングは苦手でしたが、やはりリスニング力は大幅にアップします。それまではしゃべるときも聞くときも英語となると「よし!聞くぞ!」とスイッチを切り替える感じでしたが、リラックスしていても英語が入ってくるようになります。ある程度ミスを恐れずどんどんしゃべることが上達のコツという話もありますが、学校の先生に「日本人はaやtheの使い分け、単数複数の使い分けが弱いからそこをもっと意識して」と言われ、細かい部分も注意してしゃべるように心がけていました。帰国後、外資系の会社で翻訳業務をしていましたが、「とても読みやすく正確な英語だね」とお褒めの言葉をいただくことができました。
English Hub編集部
語学留学で一番楽しかったことは何ですか?
kuraさん
友達と夜バーなどで飲みに行くのが一番の楽しみでした。少し酔っぱらうぐらいの方が、恥ずかしがらずに英語が出てくるものです。カナダはアイスホッケーが盛んで並々ならぬ情熱を持って応援するのですが、スポーツバーで全然知らない人と一緒に盛り上がったりしたのも良い思い出です。日本にいた頃はクラブなどにはまったく行きませんでしたが、ホストファミリーと一緒に踊りに行ったりもしました。トロントは場所にもよりますが比較的治安は良かったので、夜一人でバスに乗ったりしていても怖いなと感じるようなことは一度もありませんでした。
English Hub編集部
語学留学で一番辛かったことは何ですか?
kuraさん
ある程度留学前に英語が得意だったとはいえ、最初の頃は言葉の壁にぶち当たることが多く毎日へこみました。最初は銀行の口座を開設したり、地下鉄のパスを買ったりとやることが多いのですが、まったく英語がわからず泣きそうでした。学校の先生やホストファミリーに手伝ってもらってどうにか頑張りましたが、あのとき誰も知っている人がいない状態だったらどうなっていただろう…と怖くなります。ある程度慣れてきた頃、歯医者に行かなくてはならない状態になったのですが、そこでも問診票の記入などにだいぶ手間取りました。常に辞書は持ち歩くことをお勧めします。
English Hub編集部
語学留学をして一番よかったと思うことは何ですか?
kuraさん
英語力の向上はもちろん、物事を多面的に見られるようになったことだと思います。例えば8月15日は終戦記念日とただそれだけでしたが、韓国の人にとってみれば日本から独立できたおめでたい日でもあるのです。どちらが合っている間違っているではなく、一つのことでも必ず別の面から見ることができるということを学びました。それから改めて日本の良いところを実感できるようになりました。最初は海外への憧れが強くて留学をしたものの、日本人の親切さ、サービス面、電車が時間通りに来る、お財布を落としても届けてくれるなどということがどれだけすごいことなのかに気づかされました。

語学留学先の都市、カナダ・トロントについて

English Hub編集部
留学先の国・都市を選んだ理由は何ですか?
kuraさん
留学を予定していた前年にアメリカの9.11テロ事件が起こり、アメリカは親の反対にあいました。オーストラリアやイギリスは英語に独特のアクセントがあるイメージだったので、カナダにしました。またアメリカに比べて物価や留学費用が安かったのも決め手の一つです。
English Hub編集部
留学先の都市について、行く前のイメージと行った後でどのようなギャップがありましたか?
kuraさん
それまでのトロントのイメージは特にこれといってありませんでしたが、移民がとにかく多くて、それまで自分が思い描いていたカナダ人像とは異なる人がほとんどでした。町にもコリアンタウン、チャイナタウン、リトルイタリーなど様々なコミュニティーがあり、町を歩いている人がカナダ人なのか旅行者なのかはまったくわかりません。自分にとってはそれあがかえって興味深く、いろいろな国を知ることができてラッキーだったと思います。
English Hub編集部
治安はどうでしたか?
kuraさん
トロントにも治安が良くないと言われている地域はありますが、ほとんどの地域で治安を意識することなく暮らせると思います。銃を見たり銃声を聞いたりということはありませんし、殺人や強盗などもたまに起きる、日本とほぼ変わりないのではないかという印象です。でもやはり日本にいるときよりは、気を引き締めるようにはしていました。(特に夜)
English Hub編集部
食事はどうでしたか?
kuraさん
ホストファミリーはだいぶ体格が良く、もりもり食べるおうちだったのでホームステイをしている間はすっかり太ってしまいました。カナダ料理というものがあまりなく(メイプルシロップぐらい)、移民も多いことから、色々な国の本格的な料理がお手軽に食べられるのも魅力のひとつです。シェアハウスで暮らしていたときには基本自炊でしたが、チャイナタウンやコリアンタウンで日本食の材料も手にいれることができ、食の面で困ることはありませんでした。
English Hub編集部
あなたが行った都市のよかった点はどこですか?
kuraさん
トロントのほどよく都会、ほどよく田舎なところが気に入っています。中心部はビルが立ち並ぶ大都会という感じですが、電車で少しいくともう自然が広がるようなところで、都会と自然どちらも楽しめます。田舎すぎると本当にやることがなくひたすら暇だったということになりがちですが、遊ぶ場所もたくさんあります。メジャーリーグやNBAのチームもあり、本場のスポーツを楽しめるのも良いと思います。
English Hub編集部
あなたが行った都市の悪かった点はどこですか?
kuraさん
特にこれといって思いつかないのですが、やはりカナダですから冬はすごく寒いです。冬はおしゃれより防寒です!寒さ対策はしていったつもりですが、カナダについて3日目にしっかりと風邪をひいてしまいました。また自分のうちの前の雪かきは必須で、雪かきをしないと怒られてしまいます。雪かきなど日本ではしたことがなかったので、やり方もよくわからず大変でした。

語学留学を考えている方へのメッセージ

English Hub編集部
語学留学を検討中の方に一言アドバイスやメッセージをお願いします。
kuraさん
留学をするにあたって英語力を磨きたい!と思ってるいる方がほとんどだと思いますが、留学にはそれ以上のものがたくさんあります。しかし留学生活を実りある充実したものにするのか、楽な生活をとって時間を無駄にしてしまうのかは自分次第です。希望に胸ふくらませて行っても、思い通りにならないこともたくさんあります。泣いて日本に帰りたいと思うこともあるかもしれません。でも留学経験は絶対にその後の人生においてプラスになるはずです。まずは自分自身をしっかりと持ち、いろいろなことにチャレンジし、大いに楽しんでほしいと思います。


カナダ語学留学に関する記事の一覧を見る

カナダ語学留学におすすめの語学留学プログラム

カナダに語学学校のある語学留学プログラムをご紹介します。

トロント、バンクーバーの直営語学学校で学べる!「EFの語学留学」

EF トップページ

EFの語学留学は、創業以来50年の実績を誇り、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流などの事業をグローバルに手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファーストの直営語学学校へ留学できるプログラムです。世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から生徒が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨けます。授業外でもイベントやアクティビティなど、留学仲間との交流の場がたくさん用意されています。留学エージェントを通しての留学ではなく、プログラム運営機関の直営校で学ぶ大きなメリットは、希望、目的に応じて渡航先や期間、カリキュラムなど、留学プランをフレキシブルにオーダーメイドできる点。また仲介費等は一切かからず、国内留学カウンセラーと現地スタッフの円滑な連携によるサポートを受けられます。

トロント校、バンクーバー校で学ぶ「Kaplan(カプラン)の語学留学」

Kaplanの語学留学プログラム トップページ

1938年の創業以来80年以上にわたり、海外留学・語学教育・進学などの分野で世界各地の学習者を支えてきた『カプラン インターナショナル ランゲージ』。英語圏6ヵ国のほか欧州3ヵ国に広がる語学学校では、12歳~80代という幅広い年齢層の世界中からの留学生が年間5万人以上学んでいます。オリジナル教材に基づくレッスンと「使える英語」の実用を組み合わせた独自の学習メソッド「K+(ケープラス)」は、学習者のニーズに合わせて専門家チームによって開発されました。レッスンで使用する教材はオンライン学習ツールと連動しており、学んだトピックを授業外でも効率的に復習できます。課外アクティビティへの参加の機会も豊富で、留学期間を通じて英語のインプットからアウトプットまでを効果的に促してくれる環境です。調査では、生徒の97%が友達や家族にもカプランを薦めたいと回答。利用者満足度の高さがうかがえます。

カナダ語学留学におすすめの留学エージェント

カナダ留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてカナダ留学を検討されている方、カナダ留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

年間1,000名以上が利用!老舗の現地エージェント「カナダジャーナル」

カナダジャーナルは、1981年に創業したカナダ留学専門の老舗現地エージェントです。年間1,000名以上の留学生が利用しており、35年以上にわたる豊富な留学支援実績が強みです。留学相談から予算に応じた留学プランニング、学校選び、入学手続き、ビザ申請、航空券手配や滞在先確保など一連の留学手続きを全て無料で対応してくれるほか、現地到着後も現地エージェントの強みを活かして銀行口座開設や携帯電話契約など幅広くサポートをしてくれ、現地オフィスでは日本人カウンセラーに毎日相談できるので、はじめて留学される方でも安心です。過去の豊富な体験談と現地でしか入手できない情報を基に、本当に留学生から評価されている学校を教えてくれるので、学校選びにおいても信頼できます。カナダ留学に興味がある方はぜひ一度無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。全国6都市で無料個別カウンセリング・団体セミナーを開催しており、相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

EF(イー・エフ)語学留学

EF トップページ世界中に広がるEF直営語学学校で、自分だけの留学プログラムをオーダーメイド!

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数80万人を超えるオンライン英会話の代名詞