カナダ英語ってどうなの?カナダ英語の特徴と魅力

カナダは英語留学の候補地として高い人気がある国として知られています。しかし、日本に住む私たちが中学校や高校での授業や英会話学校で学ぶ英語は、往往にしてアメリカ英語かイギリス英語です。

このような環境からも、今まで海外へ行ったことがなければ、カナダ英語に触れたことがあるという人は、かなり少ないのではないでしょうか。実際に、アメリカやイギリスと比較してカナダの英語はどうなの?と考えている人も多いようです。今回はカナダ英語の特徴と魅力について解説いたします。

カナダ英語とは?

カナダ英語の歴史

約1700万人の人が使用しているカナダ英語は、イギリス英語とアメリカ英語の両方の要素で構成されています。また、カナダ英語に限定された英語表現も存在しますが、これらはカナダのもうひとつの公用語である、フランス語からの影響により形成されたといわれています。

一時は「崩壊方言」とまで言われたカナダ英語ですが、このようにカナダ英語が確立された背景には、カナダの位置とイギリスの植民地であった過去、そして大量移民の歴史の影響が大きく関わっているのです。

その歴史とは、イギリス出身の保守派トーリー党が、アメリカ独立戦争から落ち延びてきたとき、1812年の米英戦争後にイギリス人とアイルランド人がカナダへ大量に移民してきたとき、カナダを多文化主義国にするためのグローバリゼーション時代における言語的変化への受け入れ時期、そして、ローワー・カナダで話されるケベック・フランス語からの影響により語彙が追加されたときです。これらの4つの歴史的要因がいまのカナダ英語を生み出したのです。

カナダは北米にありアメリカ国境のすぐ上に位置しているため、アメリカ英語の影響を強く受けていると思われがちです。しかし、過去200年にもおよぶこれらの歴史により、独自の英語が存在しているのがわかります。

カナダ英語の綴り

カナダ英語の綴りは、イギリス英語とアメリカ英語の規則が混合しています。例えば、カナダではアメリカと同じく、「tyre」「kerb」を使用せず「tire」「curb」を使用します。また、「realize」や「paralyze」などの単語は通常「-ize」「-yze」と綴られ、イギリス英語のように「-ise」「-yse」を使用しません。

また、カナダ英語の綴りはカナダ産業とも深く関わっているため、小切手でれば、カナダにとって重要であったイギリス金融機関の名残で「cheque」、また自動車産業はアメリカを発祥としているため、自動車関連の単語である「truck」(イギリスでは「lorry」)、ガソリンは「gasoline」(イギリスでは「petrol」)など、アメリカ英語が使用されています。

またフランス語の影響を受けた、カナダ英語としては、「color」や「center」など、アメリカ英語では「-or」「-er」で終わる単語が、「colour」「centre」など「-our」「-re」という綴りに変わります。

カナダ英語の発音

東西に幅広い広大な土地を有し、地域によっては同じ国内であっても時差が発生する国カナダですが、それだけかけ離れた場所であっても、カナダ全土では、ほぼ同じ質の発音で英語を使っているといわれています。

例えば、iceの母音である/aɪ/や、houseの母音である/aʊ/は、無声子音 [p], [t], [k], [s], [f]の前ではそれぞれ [əɪ]、 [əʊ]と発音され、この傾向はカナダ全体で見らます。しかし、最近では一部の若者間ではこの傾向が弱くなってきているともいわれています。

また、本来では二重母音であるboatなどの/oʊ/、baitなどの/eɪ/は短母音に近い音質を持っており、/o/や/aʊ/などの母音は後舌で発音される。borrow、sorry、tomorrowなどの単語は[ar]ではなく[ɔr]と発音されるなど、まだまだ他にもたくさんありますが、このような発音がカナダ英語の特徴です。

また、感覚的な意味でのカナダ英語の発音は、イギリス英語のように一つ一つの単語にアクセントを置いて話すような強い音ではなく、抑揚はあるけれどすっきりと流れるような発音であり、なおかつアメリカ英語のように、舌をまく形でべらべらと一気にまくし立てる話し方ではなく、一つ一つの文章にきちんと区切りをつけて話す傾向があります。

カナダ英語とアメリカ英語・イギリス英語との違い

カナダ英語は、イギリス英語とアメリカ英語がミックスされていますが、具体的にはどんな違いがあるのか見てみましょう。カナダ英語は単語によって、アメリカ英語と使う場合と、イギリス英語を使う場合があります。

例えば、イギリスとカナダ共通の言語は、

メートルであれば、アメリカは、meter 、イギリスとカナダは、metre
小切手であれば、アメリカは、check 、イギリスとカナダはcheque
中心であれば、アメリカは、center 、イギリスとカナダはcentre
味であれば、アメリカは、flavor、 イギリスとカナダはflavour
中止したであれば、アメリカは、canceld、 イギリスとカナダはcancelled

そして、アメリカとカナダ共通の単語は、

飛行機であれば、イギリスは、aeroplane 、アメリカとカナダはairplane
昇降機であれば、イギリスは、lift 、アメリカとカナダはelevator
貸し部屋であれば、イギリスは、flat 、アメリカとカナダはmetre

また、それぞれ違う形で、

トイレであれば、カナダは、washroom 、イギリスとアメリカはrestroom
炭酸飲料であれば、カナダは、pop 、イギリスは、fizzy pop 、アメリカはsoda

最後に、カナダ人は、だよね?という付加疑問文の際には、文章の最後に
It was a cool bar eh!? のように、”eh !?”(エィ)という言葉を付けるので、カナダ英語なのかどうかの見分け方としてとても有名です。

カナダ英語はなぜ綺麗なのか?

カナダ英語は、その歴史と北米という環境から、アメリカ英語とイギリス英語の両方の英語表現が自然とミックスされた国際標準語としての英語を話します。アクセントも方言もさほど強くないニュートラルな英語と、基本的に穏やかな性格の人が多いといわれているカナダ人気質が加わり、ゆっくりと分かりやすい英語を話す人が多いのです。

このことから、英語初心者にとってもネイティブスピーカーにとっても、非常に聞きやすい綺麗な英語として認識されています。その証拠に、国際的なニュース番組ではカナダ人のニュースキャスターが起用されることも多いと言われています。

また、移民大国であるカナダは英語を第一言語としない人がたくさん住んでいます。カナダ人は、ネイティブスピーカーでない人が話す方言や、アクセントが強い英語にも比較的慣れているのです。そのため、会話をする際には、相手の言おうとしていることを汲み取ろうとする姿勢や、相手が聞き取りやすいようはっきりと明確に発音をするという話し方が自然に備わっています。

これらのことから、英語が流暢ではない人や英語を第二言語として話す外国人にとって、カナダ英語は比較的分かりやすく、そして聞き取りやすいため「綺麗」だと称されるのでしょう。

まとめ

英語を流暢に話せるようになるには、二つの重要なポイントがあります。一つは、意思疎通が可能なきちんと伝わる英語を話すことができること。そして、もう一つは、自分の話す英語に自信を持つということです。

総合的に見ても多くの人に伝わりやすい、という国際標準語としてのカナダ英語。そして、日本語訛りのある自分の英語をおかしいと笑わずに、独特のアクセントがあるのは当然だと受け止めコミュニケーションを取ってくれる相手により得られる、自分の英語力への自信。この重要な二つのポイントを兼ね揃えているのがカナダ留学なのです。

せっかく英語を勉強するなら、できるだけ多くの人に通じる英語、そしてさまざまな国の人とも渡り合える英語を目指してみてはいかがでしょうか。そんな方へカナダの語学留学はとてもおすすめです。

カナダ語学留学に関する記事の一覧を見る

カナダ語学留学におすすめの語学留学プログラム

カナダに語学学校のある語学留学プログラムをご紹介します。

トロント、バンクーバーの直営語学学校で学べる!「EFの語学留学」

EF トップページ

EFの語学留学は、創業以来50年の実績を誇り、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流などの事業をグローバルに手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファーストの直営語学学校へ留学できるプログラムです。世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から生徒が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨けます。授業外でもイベントやアクティビティなど、留学仲間との交流の場がたくさん用意されています。留学エージェントを通しての留学ではなく、プログラム運営機関の直営校で学ぶ大きなメリットは、希望、目的に応じて渡航先や期間、カリキュラムなど、留学プランをフレキシブルにオーダーメイドできる点。また仲介費等は一切かからず、国内留学カウンセラーと現地スタッフの円滑な連携によるサポートを受けられます。

トロント校、バンクーバー校で学ぶ「Kaplan(カプラン)の語学留学」

Kaplanの語学留学プログラム トップページ

1938年の創業以来80年以上にわたり、海外留学・語学教育・進学などの分野で世界各地の学習者を支えてきた『カプラン インターナショナル ランゲージ』。英語圏6ヵ国のほか欧州3ヵ国に広がる語学学校では、12歳~80代という幅広い年齢層の世界中からの留学生が年間5万人以上学んでいます。オリジナル教材に基づくレッスンと「使える英語」の実用を組み合わせた独自の学習メソッド「K+(ケープラス)」は、学習者のニーズに合わせて専門家チームによって開発されました。レッスンで使用する教材はオンライン学習ツールと連動しており、学んだトピックを授業外でも効率的に復習できます。課外アクティビティへの参加の機会も豊富で、留学期間を通じて英語のインプットからアウトプットまでを効果的に促してくれる環境です。調査では、生徒の97%が友達や家族にもカプランを薦めたいと回答。利用者満足度の高さがうかがえます。

カナダ語学留学におすすめの留学エージェント

カナダ留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてカナダ留学を検討されている方、カナダ留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

年間1,000名以上が利用!老舗の現地エージェント「カナダジャーナル」

カナダジャーナルは、1981年に創業したカナダ留学専門の老舗現地エージェントです。年間1,000名以上の留学生が利用しており、35年以上にわたる豊富な留学支援実績が強みです。留学相談から予算に応じた留学プランニング、学校選び、入学手続き、ビザ申請、航空券手配や滞在先確保など一連の留学手続きを全て無料で対応してくれるほか、現地到着後も現地エージェントの強みを活かして銀行口座開設や携帯電話契約など幅広くサポートをしてくれ、現地オフィスでは日本人カウンセラーに毎日相談できるので、はじめて留学される方でも安心です。過去の豊富な体験談と現地でしか入手できない情報を基に、本当に留学生から評価されている学校を教えてくれるので、学校選びにおいても信頼できます。カナダ留学に興味がある方はぜひ一度無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。新宿サロンとオンラインにて無料個別カウンセリングを開催しており、留学の相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
佐々木 久枝
カナダ在住。各地図書館の本を読破することが楽しみの一つ。いわゆる本の虫。言葉や文字にとても惹かれ、現在は英・仏語を話し、国内外で語学講師の経験を持つ。移住を機にリモートワーカーとなり執筆、翻訳、通訳、取材、商品紹介のキャッチ等を手がける。述べ20カ国以上を旅した経験から世界は繋がっていると体感し、国も人種もボーダレスな人生を謳歌する一児のママ。(ブログ:https://sasaki.themedia.jp/