留学前に必修!アメリカの学生生活で必ず出会う、英語スラング&口語表現6選~動詞編~

アメリカの多くのカレッジやユニバーシティでは春学期の期末試験(ファイナル)が終わり、夏休みに突入しました。2学期制や4学期制など、学校によって休みの期間は異なりますが、休みの期間が長い学校では3カ月後に、短い学校では2週間後には次の学期が始まります。日本の学校もあと1ヶ月ほどで夏休みとなるので、留学や旅行を控えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、以前ご紹介した「留学前に必修!アメリカの学生生活で必ず出会う、英語スラング&口語表現6選~形容詞編~」に続き、アメリカの学生が頻繁に使う英語スラング&口語表現の「動詞編」をご紹介したいと思います。特に試験期間の前後にはよく耳にする表現ばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

頻出の英語スラング&口語表現6選~動詞編~

様々なスラング・口語表現の中から、今回は動詞のワードを集めてご紹介します。

ghost

「ghost」とは、デーティングアプリなどでやり取りをしている相手に、理由や事情を説明せずに突然連絡を絶ち、一方的に関係を終わらせることを表す表現です。たとえば、そのように相手と連絡が急に取れなくなってしまった場合には、「I was ghosted by him.」や、「She ghosted me.」のように言うことができます。

最近ではアプリ上のやり取りに限らず、「急に姿を消す」という状況で「ghost」という表現は広く使われるようになりました。たとえば、ミーティング中に急用ができてしまい先に抜けるような場合に、「I am ghosting now.(今から帰ります)」のように使います。

roll

「roll」は「始める」という意味で、「Let’s start.」と同じように、「Let’s roll.(始めよう)」と言うことができます。ミーティングなどを始める際に、よく耳にするフレーズです。

ditch


「ditch」は、名詞では「溝」や「水路」、動詞では「溝を掘る」や「脱線させる」などの意味を持ちます。スラングでは、「サボる」や「(予定を)すっぽかす」という意味として使われます。

たとえば、「I want to ditch this class. I really want to go home. (このクラスサボりたい。もう帰りたいよ)」のように使われます。新しい学期が始まって1ヶ月ほど経つと、クラスにも慣れてくるため、つい「サボりたい欲」が出てくる学生もいます。しかし、アメリカでは就職活動の際に、大学での成績評価となるGPA(Grade Point Average)が重視されるため、授業への出席日数は非常に重要になります。そのため、実際にサボる学生はほとんどいません。

blow

「blow」は本来、「吹く」や「~を吹き飛ばす」と言う意味ですが、スラングでは「台無しにする」や「最悪である」といった意味を持ちます。たとえば、「This class blows. I think I am going to drop it.(このクラス、つまらない。多分、このクラスキャンセルすると思う)」のように使われます。

アメリカの大学では通常、学期が始まって最初の2週間は登録クラスの変更をすることができます。このように「クラスをキャンセルする」という場合には、「drop」という表現が使われます。スラングではありませんが、大学生活はもちろん語学学校でも使われる言葉なので、留学予定の方は覚えてくださいね。

zone out


テスト期間中に徹夜が続き、窓の外などを眺めてぼーっとしてしまったことがある方は多いのではないでしょうか。そのようなシチュエーションの時に使えるのが、「zone out」という表現です。

たとえば、授業中やグループワークミーティング中に、集中力が切れてぼんやりしてしまい、相手の発言を聞き逃してしまったようなときには、「I zoned out. Could you say that again?(ぼーっとしてしまっていました。もう一度言ってもらえますか?)」と言うことができます。

アメリカの大学は、ファイナル(期末試験)の時期には夜遅くまで学校が開放されているので、放課後も学校に残って勉強する学生が多くいます。テスト準備のために1週間ほとんど寝ずに過ごすという学生もいるので、「zone out」している人を校内でよく見かけます。もちろんテスト期間に限らず、ぼーっとしている人がいたら、このzone outという表現を使えます。

ace

ace(エース)というと、トランプの「1」を浮かべる人も多いのではないでしょうか。aceには、スラングで「とても良い点をとる」という意味があります。たとえば、「I aced the test!(テストですごく良い点とった!)」のように使うことができます。

まとめ

いかがでしたか。夏休みまで、あともう少し。渡米予定の方もそうでない方も、長期休みは勉強に集中できるチャンスなので、ぜひ目標を設定して勉強に取り組みましょう。「渡航を予定しているけれども英語に自信がない」という方は、まずは多くの英単語、特に動詞を覚えることをおすすめします。たとえ文法が理解できなくても、単語を聞き取ることができれば、相手が話す内容を理解できる可能性が高くなります。今回ご紹介した表現も含めて、楽しみながら多くの単語を覚えてみてくださいね。

【関連ページ】アメリカ語学留学
【関連ページ】留学前に必修!アメリカの学生生活で必ず出会う、英語スラング&口語表現6選~形容詞編~
【関連ページ】教科書では習わなかった、海外生活で頻出の英語表現7選

The following two tabs change content below.
りみ

りみ

アメリカ留学4年目。短期ダンス留学をきっかけに英語に興味を持ち、長期留学を決意。英語力ゼロからのスタート。自分なりに勉強法を考え、英検2級を取得。現在はロサンゼルスにある専門学校でエンターテイメントマネジメントを学ぶために、語学学校に通いながら、スコアを取得するために勉強している。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習!

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム