ワンナップ英会話「法人向け英語研修」の特徴

ワンナップ英会話 法人 英語研修 トップページ
ワンナップ英会話は、ネイティブ講師のレッスン、集団英語研修、英語コーチング、ワークショップなど、あらゆる形態のビジネス英語指導を網羅的に提供する英会話スクールです。

幅広い研修ラインナップを備えるワンナップ英会話の法人向け英語研修の強みは、企業の個別ニーズに合わせたプログラムのフルカスタマイズが可能な点です。ビジネス英語習得における課題を熟知したアドバイザーが、企業の業務内容・目標・課題を詳細にヒアリングし、オーダーメイドの英語研修プランを設計。希望や条件に応じて、グループ研修やマンツーマンレッスン、添削、自宅学習サポートといった多様な要素を取り入れ、オリジナルの研修パッケージを提案します。

研修プランでは、ネイティブ講師と日本人アドバイザーが連携して導入企業や受講生を支援する体制が、導入企業の熱い支持を得ています。アドバイザーは、開講中の研修をオブザーブし、進捗に応じたカリキュラムの調整や、受講生のモチベーション管理を行います。学習成果を確実にするために、受講者の自主学習のフォローなど、レッスン外の学習サポートも担います。

20年以上にわたり英会話を指導してきたノウハウをもとに、新人研修から役員研修まで、多彩な法人向け英語研修を提供するワンナップ英会話。導入社の多くがプログラムを継続・リピート採用していることからも、顧客満足度の高さがうかがえます。

目次

ワンナップ英会話の「法人向け英語研修」はこんな企業におすすめ

  • すぐに実務で役立つ英語が身につく研修を実施したい
    ワンナップ英会話では、まず導入企業の英語が必要となる実務内容を日本語→英語化。その内容をネイティブ講師と集中的にトレーニングをすることで、業務上の英語のやり取りが短期間で身につきます。
  • 社員の英語の総合力(TOEIC・VERSANTのスコアなど)をアップさせたい
    TOEICのスコアアップを目的としたワンナップ英会話の研修事例では、受講者全員が1年間で平均およそ120~130点のスコアアップを果たしています。「社員全員のTOEICのスコアを600点以上まで向上させたい」といった目標を掲げ、大人数の研修を導入したい企業におすすめです。
  • 英語対応が必要な社員の英語力を個々にレベルアップさせたい
    マンツーマン総合コースでは、受講者の「目的」と「状況」に合わせてカリキュラムをカスタマイズしてトレーニング。海外赴任や英語でのプレゼン、日々の英語でのメール/チャットのやり取り、接客対応など、目的をヒアリングした上で、現在の英語力を考慮し、最適なカリキュラムを個別(オンライン受講/スクール通学)で提供します。

ワンナップ英会話「法人向け英語研修」の特徴

企業への綿密なヒアリングをもとに作成される研修プラン

ワンナップ英会話では、各企業のニーズに応じたオーダーメイド・カリキュラムを提供しています。

まず導入検討企業の担当者と詳細な打ち合わせを行い、研修の目的や目標を明確にします。このヒアリングに基づき、アドバイザーが受講者の英語レベルや課題、実務内容などに即したカリキュラムを設計します。研修に充てられる期間や予算などの諸条件の下で、最大の成果を得られる指導内容を真摯に追及し、企業ごとに最適な研修を提案します。

例えば、ITエンジニア向けの研修では、ビジネスチャットやメールのライティングスキル、自己紹介や業務紹介で必要なスピーキングスキルを強化するトレーニングを採用するなど、研修目的と受講背景に合わせて柔軟に研修プランが作成されます。

講師派遣・通学・オンラインレッスンなど、幅広い受講形態

社員の学習スタイルや企業の運営方法に合わせて自由な形式で研修を実施できるため、無理なく効果の高い学習環境を確立できます。

下記の例のほかにも、学習方法の指南や外部アプリを使った自主学習の管理・促進など、英語研修の枠にとらわれない自由度の高い研修の設定実績があります。複数の形態の指導を組み合わせて企業独自のプランを企画できます。

講師派遣型研修

ワンナップ英会話の講師が企業のオフィスへ出向き、社内で英語研修を提供します。企業の業務環境に合わせた柔軟な対応が可能で、社員は日常業務の合間に学び、効率的な英語力の向上を目指せます。

社内受講型の研修はグループ形式で行われることが多く、実践的なロールプレイやシミュレーションを通じて実際の業務で必要な英語スキルの習得を目指します。研修の振り返りでは、講師が受講者に直接フィードバックを提供。指導内容は、習得状況や進捗に応じて随時調整されます。

通学型/オンライン受講型研修

社員が個別にワンナップ英会話の教室(新宿・品川・銀座・恵比寿・横浜)へ通学する研修スタイル。マンツーマンレッスンとグループレッスンがあり、受講生は講師やアドバイザーによる細やかなフィードバックを受けながら学習を進めます。

オンライン受講も選択できるので、近隣に教室がない社員も受講可能です。自宅やオフィスから参加することで、移動時間を省いて学習時間に充てられる点もオンライン研修のメリットです。

グループコーチング

グループコーチングでは、受講者たちが各自の目標を立て、その達成状況を報告し合い、切磋琢磨する環境を作り出すことで、向上心を刺激します。他の参加者からの視線の下で自分の進捗を確認しながら学習を進めるため、モチベーションが持続し、学習の習慣化に効果的です。

ネイティブ講師と日本人アドバイザーが連携して受講生をサポート

ネイティブ講師のレッスンと日本人アドバイザーによるカウンセリングの掛け合わせで受講生を支えるスタイルが特徴のワンナップ英会話。ネイティブ講師の実践的な指導と日本人アドバイザーのきめ細やかなサポートのもと、受講者は無理なく英語力とモチベーションを向上させられます。

ネイティブ講師は2%の採用率を突破した英語指導のエキスパート。マンツーマンレッスンでは、受講者のニーズに合わせた個別指導を提供します。一人ひとりのペースに合わせた学習や特定の弱点の重点的な強化が可能な点もマンツーマンレッスンのメリットです。

日本人アドバイザーは、TOEIC900点以上の取得を義務付けられています。受講状況や学習進捗を定期的にチェックし、自習を含む受講生の学習全般をサポートします。

定期的な効果測定により学習成果を可視化

「結果の出る研修」を掲げるワンナップ英会話では、研修効果の測定を定期的に実施し、測定結果や学習の進捗状況に応じて研修内容を随時調整するフローが確立しています。効果測定により学習成果が可視化されることは、受講生のモチベーション向上にもつながります。

若手社員を対象に提供された英語研修でTOEICのスコアを全受講者平均130点向上させた実績もあり、成果に直結する研修が実施されていることがわかります。2022年実施の1日完結接客英会話研修の受講者アンケートでは、「非常に有益であった」「有益であった」との回答が合わせて100%となり、受講者満足度の高さも浮き彫りとなりました。

導入実績

ワンナップ英会話 法人向け英語研修

株式会社資生堂 研修の様子

ワンナップ英会話 法人向け英語研修

株式会社ハブ 実店舗での研修の様子

東芝エレベータ株式会社
株式会社資生堂
株式会社ファンケル
株式会社ハブ など導入企業多数

ワンナップ英会話「法人向け英語研修」の概要

サービス名 ワンナップ英会話「法人向け英語研修」
URL https://www.oneup.jp/corporate_service/
運営会社名 ジェイ・マックス株式会社
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-2-11 フォーシーズン恵比寿ビル 5F
スクール所在地 新宿校(東京都新宿区西新宿7-10-6西新宿小林ビル7F)
品川校(東京都港区高輪3-25-23京急第2ビル5F)
銀座校(東京都中央区銀座3-3-14啓徳ビル7F)
恵比寿校(東京都渋谷区恵比寿南1-2-11フォーシーズン恵比寿ビル5F)
横浜校(神奈川県横浜市西区北幸1-11-5相鉄KSビル7F)
※オンライン受講可
設立 2000年
資本金 9,500万円
入会金
料金 応相談
講師の国籍 ネイティブ・日本人
最少受講人数 応相談
研修形態 オンライン・通学・講師派遣
レッスン形態 個人・グループ
導入形態 福利厚生型・会社負担型

※上記は2024年6月調査時点での情報となります。最新情報についてはHPをご確認ください。

問い合わせから研修開始まで

  1. 問い合わせ・資料請求
    ワンナップ英会話ホームページから問い合わせや資料請求ができます。
  2. ヒアリング
    ワンナップ英会話のアドバイザーが、企業のニーズや目標について詳細なヒアリングを実施します。
  3. プラン提案
    ヒアリング内容に基づき、企業の課題や目標に合わせた最適なカリキュラムを提案します。
  4. 見積もり提出
    提案内容に基づいて、カリキュラムの詳細と費用の見積もりを提出します。
  5. 契約締結
  6. 研修開始準備
    研修開始前に必要な準備を行い、受講者のスケジュール調整や事前課題の準備を進めます。
  7. 開講

The following two tabs change content below.

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む皆様に向けて、おすすめの英会話サービスや学習ノウハウ、インタビュー記事、キャリアアップに役立つ情報などをご紹介しています。TOEIC 990/990/925のEnglish Hub編集部スタッフ3名が運営中。
TwitternoteFacebook