「留学では、その土地の生活スタイルや文化も学ぶことが出来ます。」カナダ・ヴィクトリア語学留学体験談

ここでは、語学留学を検討されている方のために、カナダ・ヴィクトリアへ語学留学をされたAYUさんの体験談をご紹介します。カナダへの語学留学をお考えの方はぜひ参考にしてください。

語学留学体験者のプロフィール

ニックネーム AYUさん(女性) 留学時の英語レベル 英会話初中級
留学時の職業 学生 留学時の年齢 20代前半
留学先の国 カナダ
留学先の都市 ヴィクトリア
留学期間 2010年4月から2011年1月末
語学学校名 ヴィクトリア大学付属語学センター(UVIC ELC)
通っていたコース 日常英会話
レッスン形式 グループレッスン(5名以上)
滞在スタイル ホームステイ

語学留学体験談インタビュー

語学留学について

English Hub編集部
語学留学をしようと思ったきっかけは何ですか?
AYUさん
高校生のときに、姉妹校であるアメリカの短期留学プログラムに参加したのがきっかけでした。当時はまともに会話が出来るほどの語学力はなく、身振り手振りで意思疎通をするのが精一杯でしたがそれでも海外の人とコミュニケーションをとることができる面白さや、異文化に触れることが刺激的なことだと感じました。そして、もし英語が話せたら世界中の人々とコミュニケーションをとる事ができ、世界が広がるのではないかと思い大学では長期留学をすることを決意しました。
English Hub編集部
語学学校での授業はどうでしたか?
AYUさん
初日のオリエンテーションのテストで、クラスが振り分けられます。下のレベルは半数が日本人でしたが、授業中はOnlyEnglishが徹底されていました。文法から読解、プレゼンテーションなど一通りの内容を学ぶことができ、先生のレベルも高かったように思えます。
English Hub編集部
滞在先(ホームステイ・学生寮など)での生活はどうでしたか?
AYUさん
ホームステイ先は語学学校側が紹介してくれました。私の場合は、ホストファミリーに恵まれていたので、食事や生活面全てにおいて不満はありませんでした。しかしながらホストファミリーによっては収入目当ての場合もあり、途中でホストファミリーを変えている友人もいました。
English Hub編集部
授業以外の時間や休日はどのように過ごしていましたか?
AYUさん
私は、大学のゴルフ部に所属していましたのでレギュラー生との練習に参加したりしていました。語学学校では、放課後や週末のアクティビティーが充実していたので、友達と参加したりしていました。また、長期休暇の際はカナダ中を旅行してすごしていました。
English Hub編集部
留学中にどのような出会いがありましたか?
AYUさん
現地のカナダ人の学生とは部活動で知り合いましたが、語学学校では英語圏ではない学生(メキシカン、スパニッシュ、韓国人、中国人、台湾人など)との出会いがありました。また、ケベック州の学生も留学に来ている子もいました。
English Hub編集部
語学留学によってどのぐらい英語力は伸びましたか?
AYUさん
留学時に提出したTOEFLIBTは35点程度でしたが、留学終了時には95点近くまで向上しました。特に、リスニングや会話は半年を過ぎたころから著しく向上したのを覚えています。また、TOEICは800点を取得することができました。
English Hub編集部
語学留学で一番楽しかったことは何ですか?
AYUさん
留学の最後2ヶ月間行ったラジオ局でのインターンシップです。大学内のラジオ局でしたが、週1回60分間の番組を担当していました。台本の作成や音楽の選定、機械操作など初めてのことばかりでしたが貴重な体験が出来たと思っています。
English Hub編集部
語学留学で一番辛かったことは何ですか?
AYUさん
あまり辛かった経験はありませんが、しいて言うのであれば、食生活だと思います。肉系やファーストフード等の食生活が基本だったので、意識しないと野菜など摂取するのが難しかったです。当時は学生ということもあり、そこまで気にしてはいなかったですが、やはりバランスの取れない食事を長期で続けるのは厳しかったと思います。
English Hub編集部
語学留学をして一番よかったと思うことは何ですか?
AYUさん
様々な国の友達ができ、それぞれの文化に触れることが出来たことです。留学終了後も、定期的に連絡を取り合い、お互いに国を訪問したりしました。また、留学中にはカナダの様々な都市に旅行へ行けたのも良かったです。

語学留学先の都市、カナダ・ヴィクトリアについて

English Hub編集部
留学先の国・都市を選んだ理由は何ですか?
AYUさん
カナダを選んだ理由は、自然が豊富で街が綺麗だからです。また、英語に関してもアメリカ英語とイギリス英語の両方を学べるときき留学先には適していると思ったからです。特に私が留学したヴィクトリアはバンクーバーやトロントのような大都市ではなく、治安も安定していたので安心でした。
English Hub編集部
留学先の都市について、行く前のイメージと行った後でどのようなギャップがありましたか?
AYUさん
ヴィクトリアは、日本人や韓国人などアジア圏からの留学生が多いと聞いていましたが、意外とヨーロッパ圏やアラブ圏の学生が多かったのが意外でした。また、冬はカナダの中でも暖かく、雪よりも雨の方が多かったです。
English Hub編集部
治安はどうでしたか?
AYUさん
治安は安定しており、深夜に街を歩いていても特に問題は無かったです。スリやひったくり等の軽犯罪も私の周りでは、被害にあったという話は聞いたことありませんでした。基本的なことを気をつけていれば、特に問題はないと思います。
English Hub編集部
食事はどうでしたか?
AYUさん
私の場合は、ホストファミリーと食事するのは夜のみで朝とお昼は各自でした。お昼はサンドウィッチを持っていったり、学校のカフェテリアでハンバーガーなどのファーストフードを購入していました。基本的には欧米系の食事なので、意識しないと野菜などは摂取できなかったのが辛かったです。10ヶ月で約8kg太りました。
English Hub編集部
あなたが行った都市のよかった点はどこですか?
AYUさん
町並みが綺麗で、自然が豊かなところです。リタイアした人々も多く住んでいるので、町全体がのんびりとしていました。また、治安もよく、日常的な買い物も問題なく出来るので生活するには何不自由なく過ごすことが出来た点が良かったです。
English Hub編集部
あなたが行った都市の悪かった点はどこですか?
AYUさん
市内の交通手段がバスのみということです。バスが日本のように時刻どおりに来ないので、長時間待つこともよくありました。また、バンクーバーのような都会ではないので、ダウンタウンのお店も比較的早くしまったりと、遊ぶところが少なかった点です。

語学留学を考えている方へのメッセージ

English Hub編集部
語学留学を検討中の方に一言アドバイスやメッセージをお願いします。
AYUさん
語学留学は語学の取得だけではなく、その土地での生活スタイルや文化も学ぶことが出来ます。今までの自分の価値観が大きく変わる経験になると思うので、ぜひおすすめしたいです。短期でも、長期でも行って損はないと思います。


カナダ語学留学に関する記事の一覧を見る

カナダ語学留学におすすめの語学留学プログラム

カナダに語学学校のある語学留学プログラムをご紹介します。

トロント、バンクーバーの直営語学学校で学べる!「EFの語学留学」

EF トップページ

EFの語学留学は、創業以来50年の実績を誇り、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流などの事業をグローバルに手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファーストの直営語学学校へ留学できるプログラムです。世界22ヵ国に広がるEFの語学学校には100カ国以上から生徒が集まり、インターナショナルな環境で語学力を磨けます。授業外でもイベントやアクティビティなど、留学仲間との交流の場がたくさん用意されています。留学エージェントを通しての留学ではなく、プログラム運営機関の直営校で学ぶ大きなメリットは、希望、目的に応じて渡航先や期間、カリキュラムなど、留学プランをフレキシブルにオーダーメイドできる点。また仲介費等は一切かからず、国内留学カウンセラーと現地スタッフの円滑な連携によるサポートを受けられます。

トロント校、バンクーバー校で学ぶ「Kaplan(カプラン)の語学留学」

Kaplanの語学留学プログラム トップページ

1938年の創業以来80年以上にわたり、海外留学・語学教育・進学などの分野で世界各地の学習者を支えてきた『カプラン インターナショナル ランゲージ』。英語圏6ヵ国のほか欧州3ヵ国に広がる語学学校では、12歳~80代という幅広い年齢層の世界中からの留学生が年間5万人以上学んでいます。オリジナル教材に基づくレッスンと「使える英語」の実用を組み合わせた独自の学習メソッド「K+(ケープラス)」は、学習者のニーズに合わせて専門家チームによって開発されました。レッスンで使用する教材はオンライン学習ツールと連動しており、学んだトピックを授業外でも効率的に復習できます。課外アクティビティへの参加の機会も豊富で、留学期間を通じて英語のインプットからアウトプットまでを効果的に促してくれる環境です。調査では、生徒の97%が友達や家族にもカプランを薦めたいと回答。利用者満足度の高さがうかがえます。

カナダ語学留学におすすめの留学エージェント

カナダ留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてカナダ留学を検討されている方、カナダ留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

年間1,000名以上が利用!老舗の現地エージェント「カナダジャーナル」

カナダジャーナルは、1981年に創業したカナダ留学専門の老舗現地エージェントです。年間1,000名以上の留学生が利用しており、35年以上にわたる豊富な留学支援実績が強みです。留学相談から予算に応じた留学プランニング、学校選び、入学手続き、ビザ申請、航空券手配や滞在先確保など一連の留学手続きを全て無料で対応してくれるほか、現地到着後も現地エージェントの強みを活かして銀行口座開設や携帯電話契約など幅広くサポートをしてくれ、現地オフィスでは日本人カウンセラーに毎日相談できるので、はじめて留学される方でも安心です。過去の豊富な体験談と現地でしか入手できない情報を基に、本当に留学生から評価されている学校を教えてくれるので、学校選びにおいても信頼できます。カナダ留学に興味がある方はぜひ一度無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。全国6都市で無料個別カウンセリング・団体セミナーを開催しており、相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

EF(イー・エフ)語学留学

EF トップページ世界中に広がるEF直営語学学校で、自分だけの留学プログラムをオーダーメイド!

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数80万人を超えるオンライン英会話の代名詞