英語プレゼンのポイントや効果的なフレーズが学べるYouTube動画4選

英会話を学ぶ上で、身につけたいスキルの一つが「プレゼンテーション」。1対1の会話とは異なり、多くの人に向けて、限られた時間の中で効果的なコミュニケーションを図るには、独自のテクニックを必要とします。そして、日本語で行う場合でさえ、一筋縄ではいかないプレゼンテーションを英語で行うとなると、より入念な準備が必要となるでしょう。

そこで、おすすめしたいのがYouTubeのレクチャー動画。効果的なプレゼンを行うためのコツや覚えておきたいフレーズなど、さまざまな無料のお役立ち情報を見つけることができます。今回は、英語プレゼンのスキルが身に付くYouTube動画を4本厳選してご紹介します!

目次

英語プレゼンのポイントや効果的なフレーズが学べるYouTube動画

英語プレゼンの基本とコツ/人を惹きつけるテクニック(IT&外資の転職ガイド by Talisman Corporation)

エグゼクティブ・バイリンガル人材に特化し、人材紹介業やRPO(採用支援サービス)事業、再就職支援サービスなどさまざまなサービスを提供しているリクルートメントエージェント「タリスマン株式会社」。そのYouTubeチャンネル「IT&外資の転職ガイド」では、求人案件の紹介やキャリア戦略、業界情報など、さまざまな情報を発信しています。

再生リスト「ビジネス英語講座 / Business English Lesson 」ではプレゼンに役立つ動画も公開。ACC(※1)取得コーチ、ジョン・マグロー(John McGraw)氏が講師を務め、的確かつ明快なアドバイスを提供しています。まず、動画「英語プレゼンの基本とコツ」では、参加者への挨拶や、聞き手の注意を引くフック(HOOK)、プレゼンの概要の示し方などについて、例文とともに紹介。

そして、動画「人を惹きつけるテクニック」では、強調したいポイントの示し方や、質疑への対応方法、プレゼンの締め方といったコツに加えて、パワーポイント(資料)の作り方や、ジェスチャー・アイコンタクトについても解説されており、英語プレゼンについて包括的に学べる内容となっています。

※1 国際コーチング連盟のICF認定資格アソシエイト・サーティファイド・コーチ(ACC)資格

プレゼンへの質問に対処する/プレゼンを締めくくる(Gaba G Style English シチュエーション別英会話)

関東・中部・関西地方を中心に教室を展開する大手英会話スクール「Gabaマンツーマン英会話」。そのYouTubeチャンネル「Gaba G Style English シチュエーション別英会話」では日常やビジネス、トラベルなど、さまざまなシーンで使える実用的な表現を、ナチュラル・イングリッシュ・スピーカーによる自然な英会話とともに紹介しています。

動画「プレゼンへの質問に対処する」では、「I’m glad you asked.」など、質疑への対応フレーズを紹介。また、「プレゼンを締めくくる」では、「Thank you for your time.」など、プレゼン終了時に役立つ締めのフレーズが紹介されています。いずれもスキット形式となっており、会話の中で出てきたキーフレーズについて、例文とともに分かりやすく解説されているのが特徴です。スキットの英会話スピードはゆったりとしており、発話も聞き取りやすいので、シャドーイングやオーバーラッピングなどの練習にもおすすめ。

オンラインのプレゼンで役立つフレーズを紹介している動画もあるので、気になる方は以下のリンクからチェックしてみてください。

Presentations in English – How to Give a Presentation – Business English(Oxford Online English)

オンライン英会話スクール「Oxford Online English」のYouTubeチャンネルでは、英語学習者向けにお役立ち動画を発信。280万人以上がチャンネル登録(2022年11月時点)し、日常・ビジネス英会話や文法、ボキャブラリーなど、さまざまなトピックが網羅されています。

再生リスト「Business English Lessons」の動画「Presentations in English – How to Give a Presentation」では、英語によるプレゼン方法を紹介。自己紹介やサインポスティング(※2)、トラブルへの対処方法などについて、例文を交えながら具体的に解説されています。また、Oxford Online Englishの講師たちが全て英語でレクチャーを行なっており、16分45秒と長尺なので、難易度は高いですが、英語字幕(自動生成ではない)をオンにして、再生速度を遅くすることで、リスニングが苦手な方でも理解しやすくなります。リスニングの練習をしたい方や、英語を英語で学びたい方など、英語学習上級者の方におすすめです。

※2 signpost(道しるべ)を意味し、firstly(最初に)やsecondly(2番目に)など、プレゼンテーションの内容を、聞き手に分かりやすく区別するためのフレーズ・単語

11 Tips for Powerful Presentations in English(Accent’s Way English with Hadar)

Accent’s Way English with Hadar」は英語コーチのハダル・シェメシュ(Hadar Shemesh)さんが運営するYouTubeチャンネルです。ハダル氏は生まれも育ちもイスラエル。テルアヴィヴ大学で音韻学と音声学、ニューヨークで演技を学び、非ネイティブながら、ネイティブ同等の英語力・アメリカ発音を習得しています。その経験を活かし、発音からボキャブラリー、文法、自信を持って話す方法など、英語学習者に役立つ動画コンテンツを多数アップしています。

動画「11 Tips for Powerful Presentations in English」はプレゼンで役立つ11のTips(コツ)を紹介。2部構成となっており、前半ではプレゼンの構成と準備にフォーカス。後半ではプレゼン当日にすべきことについて解説されており、プレゼンの練習はもちろん、発声に必要な筋肉のウォームアップや、気持ちを落ち着かせるための呼吸方法など、直前まで実践できる多彩なトレーニング方法が紹介されています。プレゼンの効果を最大化させるための技術はもちろん、そのマインドセットについても触れているので、英語プレゼンについて包括的に学ぶことが可能です。

解説は全て英語ですが、英語字幕をオンにし、再生速度を遅くすることで、リスニングに自信がない方でも理解しやすくなります。ハダルさんの話はとても明快で、表情も豊かなので、楽しんで視聴できるのも魅力。ハダルさん自身が人を惹きつける話し方をしているので、是非、チェックしていただきたい動画です。

まとめ

プレゼンの本番では緊張しがちで、予期せぬ事態にも見舞われるもの。だからこそ入念に準備することが大切です。まずは使えるフレーズを暗記するまで繰り返し練習してみてください。そして、習得したあとは、自分なりにカスタマイズして、オリジナリティを出しましょう。もし、1人で英語プレゼンの練習をするのが難しいと感じるのであれば、是非、以下の記事を参考に、英会話スクールやオンライン英会話の活用も検討してみてください!

【関連ページ】英語プレゼン対策ができる英会話スクール&オンライン英会話8選

The following two tabs change content below.
Bob

Bob

3ヶ月のロンドン滞在中に英会話にのめり込み、日本国内で自主学習×オンライン英会話にて英語を習得。英語対応コールセンター、外資系企業勤務などを経て、英会話スクールを運営。現在はフリーランスのオンライン英会話トレーナーとして活動中。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム