アメリカの人気トークショーで学ぶ、ネイティブの自然な英会話表現! -「Carpool Karaoke(カープール・カラオケ)」編 –

アメリカのテレビ番組鑑賞は、楽しく英語を学ぶ方法の1つ。特にトークショーでは、映画やドラマ以上に、その時々の日常で使われている英語表現を学ぶことができます。

そこで今回は、アメリカで大人気のトークショー「The Late Late Show with James Corden」の人気コーナー「Carpool Karaoke(カープール・カラオケ)」から、ネイティブがよく使う英語表現をピックアップしてご紹介します。

「Carpool Karaoke (カープール・カラオケ)」について

俳優やコメディアンとして活躍するJames Corden(ジェームズ・コーデン)が司会を務める、アメリカのCBSで人気の深夜トーク番組「The Late Late Show with James Corden」。番組内の人気企画「Carpool Karaoke(カープール・カラオケ)」では、James Cordenが運転する車に有名なアーティストらを招待し、一緒に歌ったり話したりしながらドライブします。

過去には、Justin BieberやSelena Gomez、Lady Gaga、Iggy Azalea、Mariah Carey、Stevie Wonder、One Direction、Sia、そして、アーティストではありませんが、Michelle Obama が乗車したことでも有名です。

また、最近では、日本でも人気のK-POPアーティスト「BTS」も乗車しました。英語の勉強方法などについても話しているので、そちらもぜひチェックしてみてください。

過去に放映されたCarpool Karaokeの動画は、YouTubeの The Late Late Show with James Corden公式チャンネルで視聴できます。今回は、Justin BieberとAriana Grandeの回に登場する英語表現をご紹介します。また、いくつかの表現は、両方のエピソードで使われています。

カープール・カラオケに学ぶ、ネイティブの自然な英会話表現9選

Justin Bieber編

2020年2月18日放映のJustin Bieberの回では、Tik Tok用にJustin Bieberの曲「Yummy」の振り付けを考えたり、結婚してからの出来事などを話したりしています。エピソードに登場する表現をみてみましょう。

dude

ショーの中でJames Cordenが使っている単語、「dude」。友人への呼びかけなどに使われるスラングで、特に男性がよく使います。同じく呼びかけに使う、「bro」などに近いニュアンスを持つ単語です。

baby

アメリカでは恋人をファーストネームで呼ぶことは少なく、「baby」やbabyを変形させた「babe」や「bae」、他には「darling」「sweetie」「honey」といったあだ名で呼ぶことが中心です。

cozy

「居心地のよい」「くつろいだ」「楽な」という意味を持つ「cozy」。「My room is cozy.(私の部屋は居心地が良い。)」のように使うことができます。

sarcastic

sarcastic」は、「皮肉な」「嫌みな」という意味を持つ形容詞で、人の性格を説明するときによく使われる単語です。ショーの中では、「super sarcastic and witty」のようにJustin Bieberが使っています。

weird

会話だけでなく文章の中でも使われる「weird」は、日常生活で頻繁に耳にする、ぜひ覚えておきたい単語の1つ。「変な」「奇妙な」「怪しい」という意味を持ちます。「It feels weird.(怪しく感じる。)」や、「John calls me at weird hours. (ジョンは妙な時に電話をかけてくる。)」など、様々な場面で使える便利な単語です。ちなみに「変な人」は「weirdo」といいます。

weirdは、Ariana Grandeのエピソードの中でも数回使われています。

Ariana Grande編

Ariana Grandeの回では、スターバックスに立ち寄ってドリンクを注文したり、Ariana Grande自身が有名アーティストの歌ものまねを披露したりしています。エピソードに登場する表現をみてみましょう。

so bad

so bad」は、「とても悪い」というネガティブな意味と、「どうしても」という2つの意味を持ちます。

ネガティブな意味では、たとえば「How was your exam?(テストどうだった?)」「It was so bad. I got 35(とても悪かったよ。35点取ってしまった。)」のように使われます。

一方、「I wanna (want to)watch Avengers so bad now.(今どうしてもアベンジャーズが観たい。)」のように、「どうしても」という意味で使うこともできます。

Ariana Grandeのエピソードでは、上記両方の意味で「so bad」が使われています。

I swear to god

swear」は「誓う」「宣誓する」という意味で、「I swear to god」で「神に誓う」という意味になります。自分の言っていることが本当であると、相手に信じてもらいたい時などに使う表現です。Justin Bieberのエピソードにも登場しています。「Please trust me(お願いだから信じて。)」よりも少しラフな表現で使いやすいですが、使いすぎると信じてもらえなくなるのでご注意を。

sick

sick」は通常、「病気」という意味で使われますが、スラングでは、「かっこいい」「いいね」「素晴らしい」といったポジティブな意味として、何かを褒める時などに使われます。「cool」と同じようなニュアンスです。

fire

ショーの中でAriana Grandeが何度も使っている表現、「That’s fire」。前述した「sick」と同様に、「いいね」「いけてる」などの意味を持ちます。

まとめ

いかがでしたか。YouTubeのThe Late Late Show with James Corden公式チャンネルでは、今回ご紹介した他にも、豪華ゲストとのCarpool Karaoke動画を視聴できます。ネイティブの自然な会話を聞いて、楽しく英語を勉強したいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

【参照サイト】The Late Late Show with James Corden
【関連ページ】洋楽で英語を学ぼう!英語学習初心者におすすめの楽曲6選
【関連ページ】洋楽カラオケランキング!平成に最も歌われた英語曲は?

The following two tabs change content below.
りみ

りみ

アメリカ留学4年目。短期ダンス留学をきっかけに英語に興味を持ち、長期留学を決意。英語力ゼロからのスタート。自分なりに勉強法を考え、英検2級を取得。現在はロサンゼルスにある専門学校でエンターテイメントマネジメントを学ぶために、語学学校に通いながら、スコアを取得するために勉強している。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数80万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム