ホームステイ、寮、シェアハウス、それとも民泊?各滞在先での留学生活を経験者が徹底比較!

留学を考えるとき、学校やカリキュラムの決定に続いて検討しなければならないのが、滞在先です。長期留学でも短期留学でも様々な選択肢があり、それぞれに魅力があるので悩む方も多いのではないでしょうか。

現在、私はアメリカ留学中で、シェアハウスに住んでいますが、これまでに、ホームステイや学校寮(ドミトリー)に住んでいた経験もあります。最近では、「Airbnb」という民泊仲介サービスを使用し、滞在している方もいるようです。今回は、私が経験して感じた各滞在先のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

ホームステイのメリット・デメリット

〇 話さなければならない環境で英語力が向上!

英語力を上げるためには一番よかったと感じている滞在方法です。英語を話せるようになりたい方には、ホームステイがおすすめです。私が初めて短期留学をしたときに選んだのは、ホームステイでした。英語をあまり話せなくても話さなくてはならない環境は、とても刺激的で、もっと勉強しようという気持ちにしてくれます。私のホストステイファミリーは、家に留学生用の部屋があるほど、頻繁に留学生を受け入れており、英語が全く分からない私にも優しく親切に接してくれました。洗濯も毎回お願いし、朝晩と食事も提供してもらいました。部屋はマスタールームで、私専用のシャワールームとトイレがあったので、しっかりと自分のプライベートが確保されており、ストレスを抱えることもありませんでした。

× 安くはない滞在費

デメリットは滞在費が高めなこと。もちろん朝晩と食事を提供してもらい、洗濯などもお願いしていたので、費用がかさむ理由は納得できます。でも毎月支払う滞在費(大体1000米ドル強でした)を考えると、短期でないと厳しいと感じるかもしれません。

× 暮らしやすさはステイ先次第

また、ホームステイ先によっては食事を与えてもらえなかったり、プライベート空間がなく、ストレスを感じたりというケースも少なくないようです。ホストファミリーを決める際、カウンセラーの方にアンケートをとってもらい、自分にあった方を紹介してもらっても、自分に合うファミリ-が見つからない場合はあります。また、基本的に学校から遠いところが多く、通学には不便かもしれません。私は学校まで1時間以上もかかっていました。自分に全てあった条件のホームステイ先を見つけるのは難しいので、条件をいくつか譲らなければいけない可能性もあります。

学生寮(ドミトリー)のメリット・デメリット

〇 世界各国からの留学生と友達になれる

様々な国の人が生活しているので、世界各国の友達を作ることができるのがドミトリーの良いところ。皆が皆、英語を話せるわけではなく、お互いが理解しようと努力するので英語の勉強にもつながります。また、滞在中の国以外の文化を知る良いきっかけにもなります。

〇 学校に近く、安全

一般的なドミトリーには責任者も共に住んでおり、何か問題が起きても安心です。また、ドミトリーは比較的に学校に通いやすい場所にあり、登下校しやすいと思います。

× シャワーやトイレは共有

ドミトリー 共用のキッチン

共用のキッチン


私が利用していた寮には、4人部屋、2人部屋、1人部屋があり、それぞれ料金も異なりました。寮では基本的にキッチンとシャワー、トイレは共有です。そのため、自分が使用したいときに使用できなかったり、汚かったりと、共有スペースを利用する際は不便に感じることがあるかもしれません。

シェアハウスのメリット・デメリット

〇 自分好みの空間を模索できる

シェアハウスのスタイルは多様なので、自分に合った空間を見つけられるのがいいところ。ドミトリーのように厳しいルールはなく、ホームステイのように気を使う心配もありません。プライベートルームのあるシェアハウスを選べば、自分のプライベート空間があり、場所を選ばなければ安いところがたくさんあります。現在、私はシェアハウスに住んでいるのですが、他の滞在方法と比べ、リラックスして暮らせると感じています。

〇 安価で自由

ハウスによって異なりますが、私の住むシェアハウスはキッチン、トイレが共有で、部屋はプライベートルームです。ハウスメイトは基本的に家にいないので、1人暮らしに近い感じです。またアパートに3人で住んでいるのですが、家賃はとても安いです。長期留学生にはとてもおすすめの滞在方法です。ドミトリーやホームステイのように、他の住民の事を考え過ぎずに済むので、ストレスフリーで生活できるのがシェアハウスの魅力です。

× 条件に見合う部屋を見つけるのは大変

でも、自分に合ったシェアハウスを見つけることは難しく、シェアハウスをしたくて探しているけれど見つからず、まだドミトリーで生活している学生も少なくありません。自分でアパートを探し、ハウスメイトを見つけて生活することもできますが、アメリカの場合、部屋を借りるにはソーシャルセキュリティーナンバーという米国の社会保障ナンバーがないと、多額なデポジット(預かり金)を払わなければいけないので、留学生には容易ではありません。

民泊(Airbnb)のメリット

〇 直前でも受け入れOKな物件も

最近、日本でも知られているAirbnb(エアビーアンドビー)は、民泊仲介サービスで、アプリを使って滞在先を見つけることができます。現地の方の自宅の空いている1部屋を借りるというようなシステム。ホームステイのような感じです。はじめの頃は、バックパッカーの方たちが安く滞在するために使われていましたが、最近は長期滞在時も利用している方がいるようです。場所や部屋の広さによって、値段は異なります。私も旅行の際に一度、利用したことがあるのですが、前日でも受け入れてくれるところもあり、便利です。気になるお宅を見つけたら、受け入れ可能か質問してみることもできます。渡航が急遽決まった留学生にはおすすめです。

まとめ

ホームステイもドミトリーもシェアハウスも、それぞれ異なるので一概には言えませんが、それぞれに魅力があります。家を探す上で一番大事なことは、自分に合う場所を見つけること。留学はただ楽しいだけではなく、時にはストレスを感じることや、ホームシックになることもあります。そんなとき、落ち着ける場所、リラックスできるのは自分の部屋。留学生活では、語学学校選びと同じように部屋選びも大切です。皆さんも自分に合う滞在先を見つけて、楽しく充実した留学生活を送りましょう。

The following two tabs change content below.
りみ

りみ

アメリカ留学3年目。短期ダンス留学をきっかけに英語に興味を持ち、長期留学を決意。英語力ゼロからのスタート。自分なりに勉強法を考え、英検2級を取得。現在はロサンゼルスにある専門学校でエンターテイメントマネジメントを学ぶために、語学学校に通いながら、スコアを取得するために勉強している。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞