徹底比較!オーストラリア英語vsアメリカ英語

日本の英語教育でベースとなるアメリカ英語は、日本人にとって耳慣れた英語かもしれません。シンガポール人が話す「シングリッシュ」やスコットランド人が話す「スコティッシュイングリッシュ」、ニュージーランド人が話す「キーウィイングリッシュ」など、世界にはさまざまな英語が存在します。そのなかの1つであるオーストラリア英語も、「聞き取りにくい」「訛っている」などと言われることもあり、独特な英語として知られています。

そこで今回は、オーストラリア英語とアメリカ英語を徹底的に比較し、違いを詳しく解説していきます。

発音の違い

アメリカ英語に耳慣れた人がオーストラリア英語を独特だと感じる理由の1つが「発音」にあります。しかし、アメリカ英語とオーストラリア英語との発音の主な違いは、以下の「Aの発音」を除けばアメリカ英語とイギリス英語との違いとも言えるでしょう。

Rの発音

アメリカ英語はRを巻き舌で発音する「rhotic(R発音)」ですが、オーストラリア英語はRの発音が消える「non-rhotic(非R発音)」です。日本人が苦手とするRの巻き舌がオーストラリア英語にはありません。例えば、オーストラリア英語では「right」の発音が極端に言えば「ゥーライッ」となります。怒りを込めて「ウー」と唸るように唇を尖らせる感じでRの単語を発すれば通じるはずです。また、語尾のRも「アー」と言うより「ウー」に近い発音になることがあります。

母音に挟まれたTの発音

アメリカ英語ではTの発音がときとしてDやRのような音になりますが、オーストラリア英語ではTをしっかり発音します。

アメリカ英語 オーストラリア英語
water ウァーラァー ウォーター/ウォートゥー
letter レラ-/レダ- レター

CAの発音

アメリカ英語ではCAの発音は「キャ」ですが、オーストラリア英語では「カ」になります。

アメリカ英語 オーストラリア英語
castle キャッスル カッスル
can’t キャーント カーント

Aの発音

アメリカ英語ではAが「エイ/ei/」と発音されることが多いですが、オーストラリア英語では「アイ/ai/」になります。

アメリカ英語 オーストラリア英語
today トゥデイ トゥダイ
mate メイト マイト
name ネイム ナイム
reservation リザヴェイション リザヴァイション

スペリングの違い

オーストラリア英語のベースはイギリス英語であるため、スペリングもイギリス式です。アメリカ英語との違いを以下にまとめます。

-orが-our

アメリカ英語 オーストラリア英語
color colour
honor honour
labor labour
labor labour
harbor harbour
favorite favourite
behavior behaviour

-erが-re

アメリカ英語 オーストラリア英語
center centre
theater theatre
liter litre
fiber fibre
meter metre

-ize が-ise

アメリカ英語 オーストラリア英語
realize realise
apologize apologise
analyze analyse
memorize memorise
recognize recognise

-enseが-ence

アメリカ英語 オーストラリア英語
license licence
defense defence

イントネーションの違い

日本語でも英語でも疑問文では文末のイントネーションが上昇します。また、英語で複数の文を話すときには、文末を上昇させることで「まだ話は終わっていない」というサインになり、最後の文で文末を下げて「話は終わりだ」というサインになります。しかし、オーストラリア英語では疑問文はもちろん、肯定文でも文末が上昇する傾向にあります。これは「Australian Question Intonation(AQT)」と呼ばれるスタイルで、イギリスなどでは失礼に聞こえるため、あまり好まれていません。

<例>
アメリカ英語:
Yesterday, I went to a department store (↑) and I met my friend there. (↓)

オーストラリア英語:
Yesterday, I went to a department store (↑) and I met my friend there. (↑)

単語の違い

同じことを意味しているにもかかわらず、オーストラリア英語とアメリカ英語は使われる単語が異なることがあります。

日本語 アメリカ英語 オーストラリア英語
海外 abroad overseas
携帯電話 cellphone mobile phone
クッキー cookie biscuit
歩道 sidewalk footpath
エレベーター elevator lift
タクシー cab taxi
たくさん many/a lot heaps
駐車場 parking lot car park
ガソリンスタンド gas station petrol station/servo
ゴミ箱 trash can garbage bin
あめ candy lolly
紙幣 bill note
テイクアウト to go take away
セーター sweater jumper
フライドポテト french fries chips
休暇 vacation holiday
市街地 downtown city centre

また、オーストラリア英語では単語を省略することが多く、これらのスラングを知らないと外国人は理解に苦しむことになるので、併せてご紹介します。

日本語 アメリカ英語 オーストラリア英語
マクドナルド McDonald’s Maccas
カンガルー kangaroo roo
大学 university uni
朝食 breakfast brekkie
バーベキュー BBQ(バーベキュー) barbie
mosquito mossie
郵便配達人 postman postie
水着 swimsuits cossie
ビスケット biscuit biccy
フットボール football footy
チョコレート chocolate choccy
救急車 ambulance anbo
登録 registration rego
確かに definitely defo
幼稚園 kindergarten kindy
あなた you ya
午後 afternoon arvo
野菜 vegetables vegies
居心地が良い comfortable comfy

フレーズの違い

次いで、アメリカ英語とオーストラリア英語のフレーズの違いをご紹介します。

日本語 アメリカ英語 オーストラリア英語
ありがとう Thank you/Thanks Ta/Cheers
こんにちは Hello/Hey G’day
大丈夫だよ Don’t worry No worries
よくやった Well done Good on you
元気? What’s up? How’s going?
私のおごり It’s on me/It’s my treat It’s my shout
超簡単 very easy easy peasy

また、オーストラリア英語ではアメリカ英語でtakeが使われるケースでhaveを使うことが多く、これもアメリカ英語とイギリス英語の違いです。アメリカ英語で 「take a ~」と表現するものは、ほとんどが「have a ~」になります。

<例>

日本語 アメリカ英語 オーストラリア英語
シャワーを浴びる take a shower have a shower
授業を受ける take a lesson have a lesson
休憩する take a break have a break
椅子に座る take a seat have a seat
昼寝する take a nap have a nap

まとめ

最近では、映画などの影響によりアメリカで頻繁に使用されるwant toの短縮形wannaやgoing toの短縮形gonnaなども、オーストラリアでよく使われるようになりました。また、都市圏や若者を中心にアメリカ式の挨拶や話し方をする人も増えてきています。一方、田舎に行けば行くほど発音の違いが顕著に現れ、オーストラリア独特の発音や単語がよく聞こえてきます。言葉は生き物ですから、近い将来、またアメリカ英語とオーストラリア英語の新たな違いが見つかったり、違いがなくなったりするかもしれません。英語に慣れないとそれぞれの違いはなかなか分からないものですが、使われる単語や発音の違いが分かるようになると、英語学習も一層楽しくなるはずです。いろいろな英語に触れながら、英語力を高めていきましょう!

【関連ページ】オーストラリア語学留学
【関連ページ】オーストラリア英語を攻略!覚えておくべき独特な発音&単語とは?

The following two tabs change content below.
reisuke

reisuke

オーストラリア在住11年目。英語が最も苦手な教科でありながら英語を話すことに憧れ、海外生活を始める。コミュニケーションのツールとして英語を身につけ、現在では英語で夢を見るまでに。日本語教師として活動していることもあり、英語と日本語の文法の違いや国による英語の違い、言語と文化のつながりなどをライターとして発信中。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム