オーストラリア英語を攻略!覚えておくべき独特な発音&単語とは?

オーストラリア英語は「訛りが強くて聞き取れない」と言われることがあります。特に、アメリカ英語を基本とした日本の英語教育を経験した人にとっては、違う言語に聞こえてしまうかもしれません。それを訛りと呼ぶかどうかは別にしても、アメリカ英語やイギリス英語との違いがあるのは確かです。オーストラリア英語のリスニング力を高めるためには、「オージーイングリッシュ」の独特な発音や単語を理解するのが効率的な方法でしょう。

そこで今回は、オーストラリア英語を攻略するために覚えておくべき発音と単語をご紹介します。

オーストラリア英語の特徴

イギリスからの移民により開拓されたオーストラリアの英語は、その歴史を物語るように「イギリス英語」がベースとなっています。そのためスペリングもイギリス式で、-orが-our(color – colour)、-terが-tre(center – centre)、-ize が-ise(realize – realise)のような綴りです。しかし、発音や単語はイギリス英語と共通するものもあれば、まったく異なるものも存在します。その理由の一つは、原住民族アボリジニの言語からの借用語が多いことです。特に、動植物や地名はアボリジニの単語が現在でもそのまま使用されています。例えば、誰もが知っている「カンガルー」や「コアラ」という呼び名もアボリジニ言語からの借用語です。

このようにオーストラリア英語は、移民が使用していたイギリス英語とアボリジニが使用していた言語が融合して進化しました。また、その進化の過程には、オーストラリアの気候や文化、あるいは多民族国家に成長したことも影響しています。その一例とも言えるのが、オーストラリア人があまり口を開けて話さないことです。例えば、「OK(オッケー)」という言葉は唇を丸めずに「アウケー」のように発音します。これはハエや砂ぼこりが口に入るのを防ぐためだと言われていますが定かではありません。

また、独特な発音やオーストラリア英語ならではの単語や言い回しが多いのも大きな特徴と言えるでしょう。

オーストラリア英語の発音の特徴

オーストラリア英語が「訛っている」と言われる理由の一つは、独特な発音が多いことです。その中でも際立った特徴をご紹介します。

Aの発音「エイ(ei)」→「アイ(ai)」になる

today:トゥデイ → トゥダイ
face:フェイス → ファイス
mate:メイト → マイト
name:ネイム → ナイム

大きな違いではありませんが、聞き慣れていないと間違った意味に捉えてしまい、以下の例文のように「?」となってしまうことがあります。

<例>
I’ll go shopping today. (今日は買い物に行く)
I’ll go shopping to die. (死ぬために買い物に行く)

I’m going today. (今日行くつもりです)
I’m going to die. (今日死ぬつもりです)

「R」の巻き舌がない

日本の英語教育ではRを巻き舌で発音する「rhotic(R発音)」のアメリカ英語がベースなため、多くの人が苦手意識を持っていることでしょう。しかし、オーストラリア英語はイギリス英語と同様にRの発音が消える「non-rhotic(非R発音)」なので、日本人には発音しやすいという利点があります。ただし、「R」と「L」の使い分けは課題として残るかもしれませんね。

語末の「G」「T」「K」が発音されない

thinking → thinkin’ (シンキン)
going → goin’ (ゴーイン)
trying → tryin’ (トライイン)
can’t → can’ (カーン)
document → documen’ (ドキュメン)
week → wee(k) (ウイーッ)
book → boo(k) (ブッ)

「G」と「T」の音は消えますが、「K」は「ク」の息だけを出すような音になります。

語末が「イー」サウンド(-ieまたは-y)に変化する

オーストラリア英語
breakfast brekkie(ブレッキー)
BBQ barbie(バービー)
mosquito mossie(モージー)
Australian Aussie(オージー)
postman postie(ポスティー)
swimming costume cossie(コジー)
football footy(フッティー)
biscuit biccy(ビッキー)
chocolate choccy(チョッキー)
laptop lappy(ラッピー)
petrol petty(ペティ-)
Facebook Facey(フェイシ-)
Expensive exxy(エクシー)
Kindergarten kindy(キンディー)
chewing gum chewy(チューイー)

オーストラリア英語ならではの単語&フレーズ集

上記の通り、オーストラリア英語では多くの単語が短縮されます。語末が「イー」サウンドにならない短縮形の単語と独特なフレーズをご紹介します。

<単語>

オーストラリア英語
Australia Straya(ストラヤ)
McDonald’s Maccas(マッカーズ)
kangaroo roo(ルー)
university uni(ユニ)
tennis ball tenno(テノー)
definitely defo(デフォー)
afternoon arvo(アーヴォー)
service station servo(サーヴォー)
tomorrow tomorra(トゥモラ)
garbage man garbo(ガーボー)
registration rego(レジョー)
aggressive agro(アグロー)
avocado avo(アヴォー)
underpants undies(アンディーズ)
ambulance anbo(アンボー)
a cup of tea cuppa(カッパー)
you ya(ヤ)

<フレーズ>

  • G’day:Helloの意味。「グダイ」と聞こえる。
  • No worries:You’re welcomeやNo problemの意味。「どういたしまして」「大丈夫だよ」「心配しないで」など、あらゆる場面で使われる。
  • Good on you:Well done(よくやった)の意味。
  • mate:「友達」あるいは「仲間」という意味。知らない人にも「マイト」とフレンドリーに話しかけてくる。
  • How are ya going?:How are you?の意味。youがyaになりgoingのgが消えて「ハワァーヤ・ゴーイン」と聞こえる。
  • Cheers:Thank youの意味。「Cheers, mate」とmateをつけて感謝を表すのが一般的。
  • Ta(ター):Thank youの意味。短いバージョン。
  • YepとNup:YesとNoの意味。「ヤップ」「ノップ」と聞こえる。
  • It’s my shout:「私のおごり」という意味。アメリカでは通じない。
  • Fully sick:「最高」「素晴らしい」という意味。サーファーがよく使う。
  • Heaps good!:very goodの意味。

まとめ

イギリスからオーストラリアに移民した人の多くが農地を開拓したファーマーということもあり、オーストラリア英語はイギリス英語のような階級による違いなどがない親しみやすい英語です。ベースとなるイギリス英語とも一線を画した独自性が強い英語ですが、オージーのフレンドリーで大らかな面が一つ一つの単語に表れています。そんな愛嬌のあるオージーイングリッシュは、一般に言われるように「訛っている」わけではなく、文化に育まれた「個性豊かな英語」なのではないでしょうか。聞き取りに慣れるには多少時間がかかりますが、ここで紹介した発音や単語、フレーズをおさえておけば、うまく攻略できるはずです。オーストラリアの歴史や文化を感じながら、楽しくマスターしてみてくださいね!

【関連ページ】オーストラリア語学留学
【関連ページ】徹底比較!オーストラリア英語vsアメリカ英語

The following two tabs change content below.
reisuke

reisuke

オーストラリア在住11年目。英語が最も苦手な教科でありながら英語を話すことに憧れ、海外生活を始める。コミュニケーションのツールとして英語を身につけ、現在では英語で夢を見るまでに。日本語教師として活動していることもあり、英語と日本語の文法の違いや国による英語の違い、言語と文化のつながりなどをライターとして発信中。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム