カリフォルニアスタイルを目指すなら、覚えておきたい10の英語表現!

今回は、カリフォルニアに渡航予定の人も、カリフォルニア発のドラマや映画にどっぷりはまっている人も、知っておいて損はないカリフォルニア流の言い回しをご紹介します。

ブリトーとアボカド、In-N-Outバーガーを主食にし、太陽をたくさん浴びてロスの交通渋滞に巻き込まれただけでは極めたとは言えないカリフォルニアスタイル。ローカルな英語の言い回しを身につけて真のカリフォルニアンに一歩近付きましょう!

1. “BALLIN’”

“Ballin’”は主に成功した人、クールな人のことです。発展系で“baller”はそのようなライフスタイルを送っている人のことを言います。

【使い方】
“Look at him and his shiny car, he’s ballin’!”(あのクールな車に乗ってるヤツを見ろよ!ballin’だぜ!)

2. “BUST”

あまりよくないアイディアや、時間の無駄だったとき、単純に危険なときに使います。

【使い方】
“That movie was a total bust.”(あの映画は完全に時間の無駄だった。)

3. “GNARLY”

1970年代のサーフィンシーンから生まれた言葉だと言われています。「ねじ曲がった」という意味で主に使われますが、「難しい」や「チャレンジング」、「クール」や「興味深い」、「重大」などの意味でも使われることがあります。

【使い方】
“Those are some gnarly waves out there.”(なかなかチャレンジングな波だせ。)
“Dude, where did you get those gnarly shoes?” (そのクールな靴、どこで買ったんだい?)
“My English test tomorrow will be gnarly. I will need to study all night.”(明日の英語テストは大事だ。徹夜しないと。)

4. “HELLA”

「たくさん」や「とても」、「本当に」などを意味し、皆、あなたが北カリフォルニア出身だと思うでしょう。“hell of a (lot)”という英語のフレーズが短縮されたものです。

【使い方】
“There were hella people at the Farmer’s Market today”(今日のファーマーズマーケットには恐ろしくたくさんの人がいた。)
“Green smoothies are hella better than coffee.”(コーヒーよりグリーンスムージーの方がはるかに良い。)

5. “MARINATING”

落ち着く

【使い方】
“What are you doing today? Nothing much, just marinating watching the game.”(今日何してるの? いや特に何も、のんびりテレビ見てる。)

6. “SPOT” AND “DUB”

“spot”は借りる、“dub”は$20紙幣をあらわします。

【使い方】
“Could you spot me a dub?”($20貸してくれない?)

7. “I’LL TAKE MY BURGER ANIMAL STYLE.”

カリフォルニアに行ったら必ずIn-N-Outバーガーを食べましょう。1948年に創業したこのバーガーチェーンは、カリフォルニアを代表するバーガーショップとして多くの人が利用していますが、裏メニューも存在しているので、地元の人のようにオーダーしてみましょう。

【使い方】
“animal style” (マスタードがパティの中に練り込まれている)、“4×4”(パティ4枚)

8. “GET IN WHERE YOU FIT IN.”


ロスで交通渋滞に巻き込まれたことがある人なら聞いたことがあるかもしれません。少しだけ乱暴な運転が許される魔法の言葉です。

【使い方】
高速道路で割って入り“get in where you fit in”(自分の身の丈に合ったレーンに入りな)と一言。

9. “ON HEAVY ROTATION”

ラジオでよく聞きますよね。最近では日本でも頻繁に使われています。ヘビーローテーション。

【使い方】
“Since we arrived, we’ve been putting In-N-Out on heavy rotation. Can’t get enough!”(こっちに着いてからIn-N-Outヘビロテだよ。本当においしい!)

10. “THE INDUSTRY”

たくさんのカリフォルニアの人が “the industry”で働いています。俳優や監督、プロデューサーなどのいわゆる「業界」のことを示します。

【使い方】
“Have you heard that David left the industry and moved to Nebraska?”(デビッドが業界を去ってネブラスカで暮らしてるって本当?)

最後に

口にするだけでカリフォルニア気分に浸れる10の表現をご紹介しました。現地に降り立つ機会があれば、さっそくハンバーガーをカリフォルニアンスタイルでオーダーしてみましょう!

「EFブログ」より世界各地の情報をお届け

EFブログ」は、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁し、語学留学プログラムなど多数の教育プログラムを展開する国際教育機関EFによるコラムです。旅行、海外の文化、言語などについての、世界中から集めたアイデアやアドバイス、最新情報をお届けします。

※当コンテンツの著作権は、提供元であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社に属します。本文の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
イー・エフ・エデュケーション・ファースト

イー・エフ・エデュケーション・ファースト

1965年にスウェーデンで設立され、現在、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁する国際教育事業のリーディングカンパニー。留学プログラムなど、多数の教育プログラムをグローバルに展開。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナー(語学トレーニング)。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習!

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞