「Weblio」「英辞郎」「Google翻訳」それぞれの強みと使い分けのポイントを検証!

英語の意味を調べるときに、どんなツールを使っていますか?学生のころからずっと紙の辞書や電子辞書を使ってきたという方も多いでしょう。英語学習の際にそういった辞書を1つ持っていることは大切ですが、今はオンライン上にも便利なツールが充実しています。今回は、その中でも代表的な「Weblio」「英辞郎」「Google翻訳」それぞれの特徴と、上手な使い分け方について詳しくお伝えします。

3つのツールの特徴とは?

Weblioとは

ウェブリオ株式会社が運営しており、外部で別々に提供されている辞書や辞典などのデータを1つに集約しているサイトです。調べたい言葉を入れて検索をかけると、該当する検索結果が一度に表示されます。ひも付いているデータは多岐にわたり、英和辞典をはじめ国語辞典、百科事典、データベースなどから最適な情報を得ることができます。

英語辞書としての機能については、研究社「新英和中辞典」「新和英中辞典」を中心に複数の英和辞典や和英辞書から検索できる「Weblio英和・和英辞典」を利用するのがおすすめです。スマホで英語辞書機能を活用したい方にはアプリ「Weblio英語辞書」があります。

英辞郎とは

株式会社アルクが提供するオンライン辞書サービス。無料版の「英辞郎 on the WEB」と登録制の「英辞郎on the WEB Pro Lite」のほかに、有料版の「英辞郎(DVD-ROM版)」と「英辞郎 on the WEB Pro」がありますが、今回は無料版の「英辞郎 on the WEB」についてご紹介します。

特徴的なのは、単語・イディオムから専門用語やスラングまで幅広くカバーしている点。WEB版は2か月に1回程度の頻度で更新されています。スマホにアプリを入れておけば、PCを開いてない時でも電子辞書のように気軽に素早く単語の意味を調べることができます。

Google翻訳とは

Googleが提供するオンライン翻訳サービス。現在100以上の言語に対応しており、テキスト翻訳からWEBページ全体の翻訳まで可能です。Google翻訳は常に進化を遂げており、スマホのアプリがあるのはもちろん、現在では言語によってはオフラインでも使用でき、カメラでテキストを撮影するだけで翻訳できるなどの便利な機能も充実しています。

各ツールを実際に使って検証してみよう!

ご紹介した「Weblio」「英辞郎」「Google翻訳」の3つのツールを使って、実際に単語とイディオムの意味を調べてみました。それぞれどのように表示されるのか検証していきましょう。調べる単語は「①initiative(イニシアチブ・主導権)」、イディオムは「②take the fun out of~(~から楽しみを奪う)」です。

Weblio

  1. 単語「initiative」
    「Weblio」の検索窓から検索をかけると、次の4つの辞書がヒットしました。「三省堂 大辞典」は日本語の意味のみ、「国際保健用語集」では安全な母性プログラムのイニシアチブについての説明、「外来語の言い換え提案」では言い換え語や用例、手引きについて、そして「ウィキペディア」では、類語の「発案」という言葉についての説明が書かれていました。

    さらに、「Weblio英和・和英辞典」の検索窓から「initiative」を検索すると、「主な意味」としての訳語がまず表示され、その下には複数の英和辞書ごとの「initiative」の意味が並びます。「例文」や「類語」についても複数確認できました。

  2. イディオム「take the fun out of~」
    「Weblio」の検索窓からは何もヒットしませんでした。「Weblio英和・和英辞典」で検索してみると、「英和・和英辞典で『take the fun out of』に一致する見出し語は見つかりませんでしたが、下記にお探しの言葉があるかもしれません。」として「take the fun out of」を含む例文と訳が表示されました。

英辞郎

  1. 単語「initiative」
    8つの意味と3つの例文が出てきました。よく使われる意味に対する例文が表示されるので、意味の確認と同時に例文も読んでおくと理解が深まるでしょう。

    例文の下に発音記号とカナ表記で単語の読み方が表示されているので、発音の仕方が分からないときには役立ちます。ちなみに、スマホのアプリも内容は同じですが、こちらは単語の横にあるラッパマークを押すと、単語の音声を聞くことができます。

  2. イディオム「take the fun out of~」
    意味と例文がしっかり出てきました。下にスクロールすると、「take all the fun out of~(~する楽しさを全部奪う)」という文も確認することができます。

Google翻訳

  1. 単語「initiative」
    英語のボックスに単語を入れると、日本語のボックスに「イニシアチブ」というカタカナ語が出てきました。

    それぞれの単語の下には発音記号とラッパマークが出るので、音声でも確認することができます。

  2. イディオム「take the fun out of~」
    語句を入れると、「から楽しみを取りなさい」という訳が出てきした。英辞郎で出てきた例文「I have to work so hard that it takes all the fun out of life.(仕事に追われて、まるで味気ない生活をしている。)」という英文を入れてみると、「私は一生懸命に努力しなければならないので人生のすべての楽しみが失われます。」というやや直訳調な訳が出てきました。

各ツールの強みを活かして、使い分けよう!

Weblio

1つの検索語に対し、複数のデータがヒットするので、訳語だけでなく、さまざまな角度から言葉の意味を知ることができます。例えば、リーディングをしていて、分からない単語に遭遇した時に、表面的な意味だけでなく、その背景や文化なども合わせて深く知ることができます。そのような観点から、今回の3つツールの中で、専門用語や固有名詞の検索に一番適しているのはWeblioではないでしょうか。

英辞郎

英和・和英辞書と同じ感覚で活用できます。専門用語からスラングまで幅広くカバーされているので、大抵の単語やイディオムはここで調べることができます。外出中でパソコンがなくても気軽に意味を調べることができるので、常に携帯しておきたいツールといえるでしょう。

Google翻訳

単語やイディオム単体よりも長い文章を翻訳したい時に適しています。たとえば海外のWEBサイトを読んでいて、全体の意味をすばやく知りたい時は、英語のボックスにURLを入れるだけで記事をまるごと翻訳してくれます。ただし、あくまでも機械による翻訳なので、訳語が自然でない場合もあり、その点は注意が必要です。

まとめ

今回は、3つのオンラインツールをご紹介しました。各ツールの機能をうまく使いこなすことによって、より効果的な英語学習ができるでしょう。勉強をしていて分からない表現があったら、ぜひこういったツールを活用して、意味を確認する習慣をつけてくださいね。何度も調べていくうちに使える表現が増えて英語力が大きくアップしていくはずです。

※各ツールの機能やサービス、検索結果についての記述は、2019年8月現在の情報に基づくものです。変更の可能性がありますので、実際にご利用の際は、各公式サイト等でご確認ください。

【参照サイト】Weblioとは何? Weblio辞書
【参照サイト】Weblio英和辞典・和英辞典ヘルプ
【参照サイト】「英辞郎」について:ご利用ガイド:英辞郎 on the WEB
【参照サイト】言語 – Google 翻訳

The following two tabs change content below.
Sae

Sae

短大の英文科卒業後、10年間会社員として勤務した後、単身オーストラリアへ1年間留学。通訳の国家資格を取得したが、翻訳の面白さに目覚め、帰国後から本格的な学習をスタート。スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチを経て、現在はフリーランスの翻訳者・ライターとして活動中。2児の母。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム