これがわかればカリフォルニアン?現地で耳にする必修フレーズ10選

Group of cheerful happy friends camping at the beach, drinking beer

前回、「カリフォルニアスタイルを目指すなら、覚えておきたい10の英語表現!」でカリフォルニア流の言い回しを取り上げましたが、ここではさらに10のスラングをご紹介します。様々な流行の言い回しを使いこなすカリフォルニアンに倣い、幅広い表現を身に付けましょう。

これをマスターすればあなたもカリフォルニア通!アメリカ留学を考えている方は必読です。

1.“STOKED”

“To be stoked”は、「最高にワクワクする」という意味です。通常どこかへ行くこと、または行っているときの興奮を表すときに使われます。

【使い方】
“I am so stoked to go to Coachella this year!” (今年コーチェラに行くの最高に楽しみ!)

2.“FRESH”

“Fresh”は、何か新しいものや新しいスタイルに対する表現として使われます。例えば、“fresh shoes(新しい靴)”、“a fresh watch(新しい時計)”、 “a fresh gadget(新しいガジェット)”などです。

【使い方】
“Jacob’s new Nike’s are so fresh!” (ジェイコブの新しいナイキはイカしてるよね!)

3.“SKETCH(Y)”

“Sketch”または“Sketchy”は、危険を表すときに使われます。 “Sketchy”は、暗い路地の状況や腐っているような食べ物に対して使われたりします。

【使い方】
“Walking through that dark alley last night was sketch.”(昨日の夜歩いた暗い路地はすごい怖かったよ)
または
“I would have eaten the last avocado but it looked a bit sketchy.”(こないだ食べたアボカドはちょっと危なかったかも)

4.“LOW-KEY” または “HIGH-KEY”

“Low-key”は大したことではないことではないけれど言及するチャンスがあるときに使われます。“Low-key”は”Kind of(そんな感じ)”または、“somewhat(なんとなく)”の代わりに使うことができます。反対に、“High-key”は“big deal(重大なこと)”または、とっても大切なことに対して使われます。

【使い方】
“I’m low-key in love with my study partner’s new cologne.”(勉強のパートナーのコロンなんとなく好きかもしれない)
“I high-key cannot stand when my roommate sings in the shower.”(ルームメイトがシャワーで歌っているのが本当に耐えられれない)

5.“FERSURE”

“Fersure”はスラングまたは “for sure”を短くした言葉です。これは、早口で話すことで舌が巻かれて“fersure”という言葉ができました。“fersure”は断定の意味を持つ言葉で、”OK”や”Definitely”の意味を表します。

【使い方】
相手:“Hey man, let’s go play indoor soccer tonight!”(元気?今夜インドアのサッカーしようよ”
あなた:“Fersure! What time?”(もちろんいいよ。何時にする?)

6.“SIG ALERT(S)”

“A Sig Alert”は衝突による交通事故で鳴る1分から30分のアラートです。交通妨害を感知したときにCHP(カリフォルニアハイウェイパトロール)が“Sig Alerts”を放ちます。ラジオやスマートフォンのアプリでも目にしたことや、聞いたことがあるはずです。

【使い方】
“I didn’t hear about the Sig Alert and was one hour late for work today.”(シグアラートが聞こえなくて今日仕事に1時間遅れたよ)

7.“GOOD LOOKIN’ OUT”

“Good lookin’ out”は「ありがとう」と言うときや 感謝の気持ちを伝える意味を持ちます。例えばよくあるシチュエーションで、知らない人に何か助けられたときに使える言葉です。

【使い方】
相手: “Hey! You dropped your wallet!”(すいません! 財布落としましたよ)
あなた: “Thanks man! Good lookin’ out!”(ありがとうございます! 助かりました)

8.“YEWWWWWWW”

“Yewwwwww”は、擬音語になります(音を文字にしたときの表現)そして、危険を伴うスポーツ(サーフィン、スノーボーディング、ロッククライミング)で使われる”Yewwwwww”は抑えきれない興奮を表現するときに言います。

【使い方】
ビーチへ行ったときに素晴らしいパフォーマンスをしたサーファーに対して興奮したとき。
山へ登っているときに美しい景色に遭遇したとき。

9.“THE (INSERT HIGHWAY NAME)”

アメリカで唯一カリフォルニアはハイウェイの名前の前に“The”をつける町です。例えば、“The 405”、“The 5”、“The 101”、“The 580”などが挙げられます。

【使い方】
“Driving to San Diego I usually take the 1 the entire way but this time I took the 405 to the 5.”(サンディエゴまで運転するとき大抵“The 1”を使うけど、今回は“The 405”と“The 5”を使ったよ)

10.“TO PUT (SOMEONE) ON BLAST”

この表現は対抗意識の様子または誰かに対してネガティブな発言をしたときに使われます。ゴシップなどに使われることが多いでしょう。しかし、もっと多いシチュエーションとして相手と直接会話をしている最中に対立したことについて話すときに使われます。

【使い方】
“Did you hear Kristy yesterday? She put Xavier on blast when he showed up late to the meeting again.”
(昨日のクリスティの話し聞いた?またザビエルがミーティングに遅れてきたときに意地悪をしたらしいよ。)

最後に

カリフォルニアへの渡航予定がある人もない人も、ここでご紹介した言い回しを覚えて英語でのコミュニケーションにカリフォルニアスタイルを取り入れてみてくださいね!

「EFブログ」より世界各地の情報をお届け

EFブログ」は、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁し、語学留学プログラムなど多数の教育プログラムを展開する国際教育機関EFによるコラムです。旅行、海外の文化、言語などについての、世界中から集めたアイデアやアドバイス、最新情報をお届けします。

※当コンテンツの著作権は、提供元であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社に属します。本文の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
イー・エフ・エデュケーション・ファースト

イー・エフ・エデュケーション・ファースト

1965年にスウェーデンで設立され、現在、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁する国際教育事業のリーディングカンパニー。留学プログラムなど、多数の教育プログラムをグローバルに展開。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナー(語学トレーニング)。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習!

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

Group of cheerful happy friends camping at the beach, drinking beer