語学留学先では語学学校を飛び出そう。ストリートで鍛える真の英会話力

高校までの教育の過程で必修科目として英語を勉強している私たちにとって、英語が全くゼロからのスタートだという社会人留学生はとても稀だと思います。人と会って簡単な会話をするというレベルの英語やそのためのボキャブラリーは、忘れているようで意外に頭の隅に残っているものです。本来は中学や高校で習った英語を完璧に使いこなすことができれば、海外での生活や簡単な仕事はするだけなら十分なのですが、実際にはほとんどの社会人は中学・高校レベルの英語ですら使いこなせないのが現実です。

英語を話す力は、TOEICやTOEFLの点数とはまた別の基準になります。テストの点数がいくら高くても、実際に英語を話してみると外国人とうまくコミュニケーションができない、スムーズに返答ができない、という人はたくさんいます。英語の基礎や語彙は十分に備わっているはずなのに、なぜ英会話がスムーズにできないのか。この部分は、先ほどの英語の基礎を習っているのに英語を活用できないという点と同じですよね。

母国語である日本語でも、人とコミュニケーションを取るのが苦手という人はいます。また、日常生活でさまざまな人と会話をしていないと、いざ話す必要が出てきたときに緊張してしまったり、上手く考えがまとめられずまとまりの無い伝え方をしてしまったりします。母国語でさえそうなのですから、外国語で話すとなると上手くいかないのは当然のことなのです。

英語で話しをするときの会話力は、今あなたが日本語でできる会話力の半分でも発揮できれば上出来だとスタート時は考えていたほうが良いかもしれません。そして英語での会話力は、まったく知らない人や共通点のない人と話をすることでより鍛えられるものなのです。

社会人になって留学をする人であれば、ある程度英語の事前準備もするでしょうし、ブラッシュアップを兼ねての勉強になる人が多いと思います。そのレベルであれば、留学中の語学学校のクラス分けテストでほとんどの人が中級〜上級のクラスに振り分けられることでしょう。

「英語である程度の意思疎通ができる」という位置づけをされたのに、実際海外の日常生活で英語を話してみると、相手にうまく意図が伝わらない、またはこちらの言っていることは通じているのに、その返事がうまく聞き取れないなど、語学学校では通用していたことが街のリアルな英会話では上手くいかずに落ち込んでしまい英語への自信がなくなってしまったという話はよく耳にします。

しかし、失敗を経験しながらもできるだけたくさんの人と話し生の英語を聞くことにより、この経験を克服することはできるのです。せっかく海外にいるのですから、語学学校だけでなく日常生活でもたくさん英語を話しましょう。知らない人と英語で会話をすることを一つの力試しの気分でトライすると、自分の英会話の実際のレベルや弱点が見えてきます。

知らない人と会話をするときにできれば実践して欲しいのは、「あなたが質問をした後に返ってきた回答へ再び質問を返す」という方法です。この会話のラリーが長く続けられるようになると、英会話力はグンと伸びていきます。知らない人と会話をするのに最適な場所の例として下記をおすすめします。

  • スーパーやショッピングモール:商品の置き場や商品について質問をする。
  • レストランやカフェ:メニューについて詳しく質問する。どんな具材や材料を使っているのか。旬な食べ物は何かなど。
  • レストランやホテル:電話で予約・お問い合わせをしてみる。
  • 現地の旅行会社:電話でツアーの内容や日時について詳しく尋ねてみる。
  • 地元で開催されているミートアップやイベントに参加:Language exchange以外のイベントで人と会話をしなければ成立しないような内容のものに参加してみる。
  • 駅やバス停:実際に行かない場所であっても、道を詳しく聞いてみる。
  • 携帯電話のショップ:プランや契約について尋ねてみる。
  • 専門店(家具屋、食器屋、画材屋、電気屋、パン屋、肉屋など):自分の興味のある専門店へ行って、サイズや素材、使用方法や商品の違いを質問する。自分の興味がある分野だととくに記憶に残る。
  • 街のインフォメーションセンター:観光についての詳細を尋ねる。受付にいる人に美味しいレストランやおすすめのパン屋さんなど、ローカルな情報を聞いてみる。
  • ボランティア活動に参加:海外ではイベント時にボランティアを募集することが多いので、そういった活動に参加してみる。

これら例にあげた場所はあえて英語を話さなくても、または最低限の会話だけで用事が済む所がたくさんあります。しかし、地元の人と気軽に英語でコミュニケーションがとれ、生きた英語を聞くことができるのは、海外へ語学留学をする人の特権でもあるのです。このチャンスをぜひ活かしてください。

語学学校で勉強をしている人との会話は、ネイティブに比べると話し方もゆっくりで、発音、文法共にきちんとしています。そして、似たような英語レベル同士、共通の話題もあるためとても楽に会話をすることができるのです。しかし、日常で起こるさまざまな状況や人との英会話は、英語における基本的なルールに添わずに会話が繰り広げられる場面がたくさんあります。そのようなシチュエーションで、英語で臨機応変に対応ができるようになることが、英語が使えるというレベルの第一歩に繋がります。海外に住みながら英語を勉強するという絶好の機会を存分に活かして、1日1日を大切にしながら留学生活を送ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
佐々木 久枝
カナダ在住。各地図書館の本を読破することが楽しみの一つ。いわゆる本の虫。言葉や文字にとても惹かれ、現在は英・仏語を話し、国内外で語学講師の経験を持つ。移住を機にリモートワーカーとなり執筆、翻訳、通訳、取材、商品紹介のキャッチ等を手がける。述べ20カ国以上を旅した経験から世界は繋がっていると体感し、国も人種もボーダレスな人生を謳歌する一児のママ。(ブログ:https://sasaki.themedia.jp/

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞