マルタ語学留学のメリットとデメリットを徹底比較!

留学をするにあたり、「どの国に行くか」は重要なポイントです。イギリス、アメリカ、オーストラリア、セブなどと行きたい国は様々ですが、近年では「マルタ留学」という選択肢も増えてきました。

今回はマルタ留学のメリット、デメリットをまとめていますので、ぜひ留学先選定のヒントにしてください。

目次

マルタ留学のメリット

1. 1週間から気軽に留学できる

1年以上の長期留学を基本とする欧米諸国に比べ、マルタでは8週間以上になると「長期留学」と呼ばれます。マルタ近隣諸国の人たちにとって、1〜2週間の休暇にふらっとマルタにきて英語を学ぶ、というスタイルが当たり前なので、8週間にもなると「長い」と感じられるようです。

最近では日本でも、「単なる旅行ではできない経験ができる」と、海外旅行感覚で短期留学をする人が増えてきました。

2. とにかくリーズナブル!

イギリスとマルタではどのぐらい費用が違うのか、各国のとある学校を例に比べてみました。

  • 条件:留学期間1週間/授業は半日/ハイシーズン/アパート寝室個室
  • レートは2020年1月22日現在TTSレート、1ポンド約147円、1ユーロ約124円

  • イギリス:1,045ポンド 153,615円
  • マルタ : 740ユーロ  91,760円

イギリスにもマルタと同じぐらいの価格で留学できる学校もありますが、ほとんどの学校はマルタの1.5倍以上にはなるでしょう。

マルタでも6月半ば〜9月初旬のハイシーズンは高くなるため、価格重視の人は避けたほうが賢明です。マルタのオフシーズンなら1週間6万円前後で済む学校もあります。

海でも遊べてリーズナブルにマルタ留学ができるお勧めの季節は5月と9月です。11月以降は雨も多くなりますので、時期を選ぶことができる人は3月~6月中頃がよいでしょう。

3. 美しい地中海に囲まれた生活を送ることができる

「せっかく美しい地中海がそこにあるのだから、勉強ばかりしていたのではもったいない!」ということなのでしょうか。マルタ留学は「勉強半分、遊び半分」という人が多いのが特徴です。

海に入ることができる季節なら、「授業が終わったら海へGO!」という、何とも贅沢な日々が待ち構えています。毎日仕事に追われている社会人なら、マルタの留学生活で人生の楽しみ方を思い出せるかもしれません。

4. 学びながらバイトができる制度あり

他の国で働こうと思うと、ワーキングホリデービザやワーキングビザが必要ですが、ワーキングホリデービザは「30歳まで」等という年齢制限があります。

しかし最近マルタでできた「Work & Study制度」では、年齢に関わらず、一定条件を満たせば語学学校に通いながらアルバイトができると注目を集めています。

学生であることが条件のためそれほど稼げるわけではありませんが、「学校で勉強する以外の経験がしたい」「一度でいいから海外で働いてみたい」という方には嬉しい制度です。

マルタ留学のデメリット

1. ハイシーズンはどこも人混み!

マルタは小さい国ですが、夏の時期は留学生のみならず、夏休みを過ごす人たちでごった返します。レストランやバスがいっぱいになったり、スリが増えたりすることも。ホテル等の宿泊施設もハイシーズンは高騰します。

2. 直行便なし&国内移動手段はバスのみ

日本からマルタへの直行便がなく、中東やヨーロッパの国で乗り換える必要があります。航空会社によっては30時間かかるフライトもあり、長時間移動が苦手な人には辛いかもしれません。

また、マルタには電車がなく、どこに行くにもバス移動。ハイシーズンになると、マルタのバスは日本の満員電車のようにすし詰め状態に……!「やっとバスがきた」と思っても、運転手から乗車拒否をされ、次のバス、また次のバスと見送ることもしょっちゅうあります。ハイシーズンに留学する人は、移動の時間に余裕をもつようにしてください。バスの運転が荒いこともあり、乗り物酔いする人は酔い止め薬が手放せないという人もいるでしょう。

3. 冬は雨が多い&底冷えで寒い!

マルタを「常夏の国」と勘違いしている人もいるのですが、冬は日本と同じぐらい寒くなります。11月ごろから嵐のように大雨が降ることがあり、海岸沿いの車道に波がおしよせ、川のようになってしまうことも。

また、マルタの建物は石造りのためか底冷えします。3月頃になると、日中は半袖でもよいぐらい暖かくなるのですが、建物内では上着が必要ということも。寒暖差がありますので、体調を崩さないように注意が必要です。

4. マルタ人の英語は訛りがある

マルタはイタリアからの移民も多く、テレビではイタリアの番組が放映されていますし、イタリア語を話す人もたくさんいます。そのためか、マルタ人の話す英語にはどこかイタリア語なまりがあり、学校の先生でも少し訛りがあることも。

現実社会では色々な訛りを聞き分ける必要がありますので、語学留学において訛りが悪いというわけではありませんが、授業以外の生活でヒアリング力を上げようと考えている初心者の方にとって、訛りのある英語を聞き取ることは難しく感じるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。マルタはとても魅力的な国で、毎年リピートする人もいるぐらい人気の国です。ヨーロッパ諸国の人たちとも多く出会えますし、留学前後にヨーロッパ旅行に出かけることも可能です。

どの国もメリット、デメリットがありますが、マルタなら1週間だけお試し留学も可能です。機会があれば、ぜひ一度体験してみてください。

マルタ語学留学に関する記事の一覧を見る

マルタ語学留学におすすめの留学エージェント

マルタ留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてマルタ留学を検討されている方、マルタ留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。新宿サロンとオンラインにて無料個別カウンセリングを開催しており、留学の相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
Go Global/all about Malta 代表 坂口弥生

Go Global/all about Malta 代表 坂口弥生

大学2年生でイギリスのカレッジに留学。英語科教員免許を取得するが、民間企業での経験を求め、法人立上げや外資系・日系企業の人事部等にて採用・研修などを担当。その後WEB制作、留学サポート事業(Go Global)で独立。マルタ留学を始めるにあたり、マルタ総合情報サイト、all about Maltaを立ち上げる。
Go Global/all about Malta 代表 坂口弥生

最新記事 by Go Global/all about Malta 代表 坂口弥生 (全て見る)