マルタ留学ってどうなの?特徴が丸わかり

マルタといえば国内外の著名人にも人気のリゾート地。しかし、「マルタって一体どこにあるの?」「何語が学べるの?」という疑問の声もまだまだ多く聞こえてきます。そんな疑問にお答えすべく、ここではマルタ留学の基礎情報をまとめてお伝えします。

目次

マルタについて

マルタ共和国は地中海に浮かぶ小さな島で、その大きさは約316㎢。東京都の半分ぐらいの大きさです。イタリアのシチリア島からマルタへは、フェリーで片道1時間45分と日帰りで行ける距離のため、イタリアから移住してきた人も多く暮らしています。

マルタはヨーロッパ大陸、アフリカ大陸、中東などにアクセスがよく、その立地から様々な国に侵略された歴史を持ちます。紀元前にはフィニキア人の支配下に、その後チュニジアのアブラブ朝やノルマン人の侵略、フランスの占領、イギリスの領土化などがありました。第一次世界大戦では日本海軍も地中海に派遣され、英国輸送船の護衛にあたりました。帰らぬ人となった日本海軍、70名のためにたてられた墓が、今でもマルタに残っています。

オスマントルコの侵略などに応戦したのが、歴史的にも有名な「聖ヨハネ騎士団」です。元々は医療団体として誕生したものの、戦いの多い時代背景もあり、軍事的な動きが主になっていきます。

首都バレッタは町全体が世界遺産に認定され、現在では観光地の目玉になっていますが、当時は聖ヨハネ騎士団の本拠地として建設された要塞都市でした。騎士団長の宮殿や、戦いの最前線となった「聖エルモ砦」、騎士団が束の間の楽しみとして通ったマノエル劇場などが、今でも大切に残されています。実はこの聖ヨハネ騎士団、ローマのマルタ宮殿に本部を置き、国際連合に「国際連合総会オブザーバー」として加盟。「国家なき国家」として今でも活動を続けているのです。

1989年に開かれた米ソ首脳会議「マルタ会談」では、東西冷戦終結の場となったマルタが注目を集めました。美術の世界でいえば画家の「カラバッジョ」が有名です。イタリア人のカラバッジョがマルタに来たのは36歳の時。殺人を犯したカラバッジョはナポリから逃れてマルタにたどり着き、マルタ騎士団に入団します。マルタの首都バレッタにある聖ヨハネ大聖堂で、彼の素晴らしい絵画を見ることができます。

マルタという国を知らない人でも、マルタの犬、「マルチーズ」はご存知ではないでしょうか。意外と身近なところにマルタはあったのですね!(ちなみに「マルタ人」は、英語で ”Maltese・マルティーズ”といいます。)

マルタは英語が公用語

マルタの母国語は「マルタ語(Maltese)」ですが、イギリスが統治していたこともあり、英語が公用語となりました。イタリア語を話せる人も多く、イタリア語なまりの強い英語を話す人もいます。マルタ国内はマルタ語と英語が入り混じっていますが、地名などはマルタ語のみ表記されていることがあり、タクシーなどで行先を伝える時に困ることも。以下はマルタの地名です。

  • Msida:イムシーダ
  • Naxxar:ナッシャー
  • Swieqi:シウィーイ

観光地の一つ、「St. Julian’s」も英語読みでは「セント・ジュリアン」ですが、マルタ人は「サン・ジュリアン」と読む人もいます。マルタ語はアラビア語に近く、慣れないうちは「マルタの地名が読めない……」と戸惑うかもしれません。

マルタ語学学校の特徴

マルタの語学学校はその立地から、ヨーロッパ出身の生徒が多いことが大きな特徴です。マルタに留学すればイタリア人はもちろん、ドイツ、スイス、スウェーデン、ポーランドなど、ヨーロッパ各国の人と出会うチャンスが多くあります。最近ではコロンビアやブラジル人など、南アメリカ出身や中東諸国の留学生も多くなってきたようです。

学校のほとんどが私立の語学学校で、一般英会話コースの他、IELTSやケンブリッジ検定などの資格取得コース、ビジネス英語コースなどが選べます。英語教授法コースなどは、ヨーロッパ各国で英語を教える人に人気です。社会人留学生も多いマルタでは、「30歳以上のコース」など年齢でコースを選べる学校も存在しています。大人だけ集まる環境を求める人には嬉しい選択肢ですね。

滞在方法はホームステイと学校アパートでのシェア生活、ホテル滞在などから選べます。「未成年の監視役」という印象の強いホームステイより、大人の場合はシェア生活のほうが自由を満喫できて良いかもしれません。

マルタには電車が存在しない代わりにバスが全土を網羅しており、どの学校に行っても交通の便がよく、海までも徒歩やバスですぐに行けるという素晴らしい環境も、マルタの特徴と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。マルタには40校以上の語学学校がありますが、FELTOM(Federation of English Language Teaching Organizations Malta)という認定組織に登録がある学校は、そのうちの21校です(2020年1月現在)。FELTOMは留学生の満足度を高め、マルタ留学全体の品質向上を目的に、各学校の質や環境、学生向けのサポートやサービスなどをチェックしています。

認定を受けていない学校が悪いとは限りませんが、FELTOMの認定を受けている学校のほうが、安心感があるでしょう。マルタへの留学を検討される際は参考にしてみてください。

【参照サイト】FELTOM
【参照サイト】Go Global マルタ留学の特徴
【参照サイト】all about Malta マルタの基本情報
【参照サイト】all about Malta マルタで美術をみるなら知っておきたい「画家・カラヴァッジョ」
【参照サイト】地球の歩き方Plat マルタ

マルタ語学留学に関する記事の一覧を見る

マルタ語学留学におすすめの留学エージェント

マルタ留学におすすめの留学エージェントをご紹介しています。はじめてマルタ留学を検討されている方、マルタ留学の情報収集をしたい方はぜひ参考にしてください。

顧客満足度No.1!従来の最大半額で留学が可能な「スマ留」

スマ留は、語学学校の稼働率が低い時間や場所を活用することで従来の最大半額程度での留学を実現できる留学支援サイトです。渡航先と渡航期間だけ決まれば留学費用が明確に分かり、留学先の語学学校に関わらず料金は全て一律となっているなど、シンプルで明瞭な料金体系が特徴です。留学前の事前学習としてオンライン英会話と英語学習アプリが6か月活用可能となるほか、留学中もJTBグループ企業との連携により24時間・365日現地サポートが受けられるので、はじめて海外留学をされる方でも安心です。顧客満足度調査でも「口コミ」「価格満足度」「スタッフ対応満足度」の3つで1位を獲得するなど利用者の満足度が高くなっています。新宿サロンとオンラインにて無料個別カウンセリングを開催しており、留学の相談に乗ってもらうことができます。

国内最大級の留学・語学学校の総合サイト「School With」

School With(スクールウィズ)は、日本最大級の留学・語学学校総合サイトで、全世界32ヶ国・1,000都市以上、約4,000校の語学学校のなかから自分に合った留学先選びを無料サポートしてもらえます。留学経験者による口コミが豊富に掲載されているほか、おすすめの留学先が分かる診断機能、フィリピン+欧米などの2ヶ国留学のサポート、フィリピン限定の学校倒産保証、留学後の海外就職支援など、独自のサポートも充実しています。代理店手数料も無料で、相談から申し込みまでオンラインで全て完結できるため、効率的かつリーズナブルに留学手続きを進めたい方にもおすすめです。豊富な口コミと現地のリアルな情報に基づいて的確なアドバイスを受けられるので、海外留学をお考えの方はまず一度相談しておきたいサービスの一つです。

英語力・留学費用ゼロからでも留学可能な「Global Dive」

Global Dive(グローバルダイブ)は、全世界20ヶ国・1,000校以上の語学留学・ワーホリをサポートしてくれるサービスです。外国人観光客が多い観光地でリゾートバイト+無料のオンライン英会話で英語力と留学費用を貯めてから海外留学に行ける「ZEROから留学プラン」という独自のサービスを提供しているほか、留学・ワーホリからの帰国後の就職支援サービス「旅人採用」も展開しており、帰国後サポートも充実しています。手数料は全て無料で、カウンセラーは全員が海外経験者のため、はじめて海外留学を検討されている方でも安心して相談することが可能です。現状は留学費用がないものの、何としても海外留学を実現させたいという方にとてもおすすめのサービスです。

語学留学先を国別に見る

The following two tabs change content below.
Go Global/all about Malta 代表 坂口弥生

Go Global/all about Malta 代表 坂口弥生

大学2年生でイギリスのカレッジに留学。英語科教員免許を取得するが、民間企業での経験を求め、法人立上げや外資系・日系企業の人事部等にて採用・研修などを担当。その後WEB制作、留学サポート事業(Go Global)で独立。マルタ留学を始めるにあたり、マルタ総合情報サイト、all about Maltaを立ち上げる。
Go Global/all about Malta 代表 坂口弥生

最新記事 by Go Global/all about Malta 代表 坂口弥生 (全て見る)