アメリカ英語で会話するなら、知っておきたい表現と大事なポイント!

公用語として人々が英語を話す国は少なくありませんが、どこでも全く同じ「英語」が話されているわけではありません。アメリカ出身のネイティブスピーカーが、英語圏ならどこでも通じると思って使っていた表現が実はアメリカ特有だったと知って驚くような場面もあるのです。

今回は、アメリカ英語をマスターしたい人なら知っておいて損はない「アメリカ英語らしい」表現を、アメリカ人ライターの視点からご紹介します。

『トイレ』は“restroom”と呼びます

特に休憩するわけでもないので、“restroom”と呼ぶ確かな理由は定かではありませんが、とにかくこれで”when nature calls(トイレに行きたくなったら)”(※イディオムです)、どうやって場所を尋ねるかわかりましたね!

例)32 ounces of Fanta is too much for my bladder. I really need to use the restroom!
(ファンタの32ozを飲んだから膀胱が破裂しそうだ。トイレに行きたい!)

イライラしてる?怒ってる?落ち込んでる?そんなときは“bummed”を使おう

この言葉は『bummer』が語源で、悩ましい状況や経験を指します。と言っても軽度な落ち込みに使われます。角のお店のお気に入りのドーナッツが切れていたときのがっかり感に勝るショックを語るなら、この“bummed”以上の表現が必要です。

例)I’m super bummed. I asked for curly fries but got waffle fries instead.
(すごいショックだよ。カーリーフライを頼んだのに、ワッフルフライが来た)

“ready”の代わりに“set”を使おう

ReadyとSetを一緒に聞くと、まず“Ready, set, go!(よーいどん!)”というフレーズが浮かぶかもしれませんが、今回は“Ready, set, go! ”の話ではありません。

“ready ”は基本的にどんな文でも“set”に言い換えられるのです。アメリカ人はシンプルな表現が大好きです。だから“ready”と言うのは面倒だと感じるのかもしれません。

例)Rain jacket? Check. Pride and Prejudice paperback? Check. Dry humor? Check. You’re set for your first trip to England!
(レインジャケット?チェック。『プライドと偏見』の本?チェック。ドライユーモア?チェック。これでイギリス旅行の準備オッケー)

“pissed”は酔っ払っているではなく怒っているという意味

イギリス英語とは違う意味ですが、アメリカでは“pissed”を使うときは怒っているときです。“pissed off”と言うともっと怒っていることになります。この表現はあまり耳にしないかもしれませんが、聞こえてきたら逃げましょう!

例)The other day, I got stuck in traffic and cut off seven times on my way to the mall. I was so pissed by the time I got there!
(このあいだ、モールに行く途中渋滞に巻き込まれた上に7回も割り込みが入ったの。モールに着くまでにキレそうになったよ)

おまけ

最後に伝えたいことは、「自信を持って、はっきりと大きな声で話そう」ということです。いつも大きな声で話すということもアメリカ人の英語の特徴だからです!

「EFブログ」より世界各地の情報をお届け

EFブログ」は、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁し、語学留学プログラムなど多数の教育プログラムを展開する国際教育機関EFによるコラムです。旅行、海外の文化、言語などについての、世界中から集めたアイデアやアドバイス、最新情報をお届けします。

※当コンテンツの著作権は、提供元であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社に属します。本文の無断転載はご遠慮ください。

The following two tabs change content below.
イー・エフ・エデュケーション・ファースト

イー・エフ・エデュケーション・ファースト

1965年にスウェーデンで設立され、現在、世界各地に500を超える事業拠点と50校の直営語学学校を擁する国際教育事業のリーディングカンパニー。留学プログラムなど、多数の教育プログラムをグローバルに展開。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナー(語学トレーニング)。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習!

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞