【英語学習アプリレビュー】新しくなったAI英会話アプリ「スピークバディ」でスピーキング力を磨こう!

「英語学習アプリレビュー」では、English Hub編集部が人気の英語学習アプリをピックアップし、実際に使ってみた体験をレポートします。今回は、11月に大型アップデート(※iOS版のみ)を実施したばかりのスピークバディでスピーキング力アップを目指します!

スピークバディ(SpeakBuddy)は、スマホひとつでいつでもどこでも手軽に英会話の練習ができるAI英会話アプリです。アプリ内のキャラクターとロールプレイ形式で会話を進めることで、ビジネス、日常生活など、様々なシーンにおける英会話力が磨けます。アプリに向かって話した英語は高度な音声認識技術により正しく言えたかどうか判定されます。

※今回はアップデート後のiOS版スピークバディを使用してみたレビューです。Android版のSpeakBuddyでは未対応の機能の紹介も含まれますのでご注意ください。

スピークバディはこんな人におすすめ

  • 英語スピーキングの練習をしたい
  • リアルなネイティブの表現を学びたい
  • 英会話教室は続かなかった
  • 人目を気にせず英語を話したい

SpeakBuddyアイコン

さっそくキャラクターと話してみよう!

まずは会話モードを選択し、アプリのキャラクターと会話を開始。話しかけてくるAIキャラクターに英語で返答していきます。

「道に迷ったら?」をシミュレーション

キャラクターに向かって実際に英語を口に出して話すので、リアルな会話の良いシミュレーションになります。「道に迷う」というシナリオがあったのですが、実際に道に迷った時の発話を疑似体験できるので、いざその場面に出くわしたときに、スラスラと英語が口に出そうです。

Speak Buddy スクリーンショット

自分の発話をチェック!

また発話した内容を自動で評価してくれるのに加え、録音された自分の音声を聞けるので、相手に実際にどのように聞こえているのかを確かめられるのがとても気に入った点でした。

Speak Buddy スクリーンショット

様々なシーンを疑似体験

他にも、買い物の会計、ランチでの注文など、日常生活で頻繁に出くわしそうなシチュエーションのコンテンツがたくさんあるので、それを実際に疑似体験しながらリアルな英語表現がだんだん身に付いてくる、という印象です。

Speak Buddy スクリーンショット
Speak Buddy スクリーンショット

スピークバディの特徴は?

ではここからは、他のスピーキングアプリと一線を画す、スピークバディならではの特徴を見ていきましょう。

特徴1 複数の相手との会話練習ができる

アップデート前のスピークバディはキャラクターとの1対1の対話で、2ある選択肢からどちらか適切な返答を選んで話す形式でしたが、新しいスピークバディでは、最大3キャラクターまでの複数人と同時に会話の練習ができるようになりました。実際のリアルな会話では、複数の人と会話する場面は頻繁にあるので、その練習にとても役立ちます。

Speak Buddy スクリーンショット

特徴2 自分に合ったカリキュラムを作成してくれる

スピークバディにはカリキュラム機能というものがあります。学びたい英会話の種類(ビジネス英語か日常英語)、レベル(初級~上級)、1日に学ぶ時間と曜日を指定することで、利用者に合ったカリキュラムを自動的に作成してくれます。これをもとに、毎日無理なく自分のペースで、学びたいレベルの英会話を練習でき、継続的に英会話学習を行うきっかけとなります。

Speak Buddy スクリーンショット
Speak Buddy スクリーンショット

特徴3 キーフレーズを定着させる仕組み

レッスンごとに1つの重要なキーフレーズが用意されており、そのキーフレーズを実際に会話の練習で使うことで定着させられます。ただフレーズを暗記するだけでなく、実際に声に出して使うので、とても頭に残り、アプリを使えば使うほど重要な表現を覚えられる仕組みになっています。

Speak Buddy スクリーンショット

会話練習だけじゃない!スピークバディの多様な機能

実際に声に出して会話の練習ができる他にも、スピークバディには様々な機能が用意されています。

1. 単熟語学習モード

英単語・熟語が4択形式で出題され、会話に必要な英単語を学ぶことができます。まずは英単語を学び、それから実際にそれを使って会話練習することで、英会話学習の効率がアップします。

Speak Buddy スクリーンショット

2. リスニング機能

リスニング機能も用意されています。実際に会話で練習する内容をリスニングすることで、リスニング力も鍛えられます。

3. ブックマーク機能

あとで学習したい単熟語やセンテンス、レッスンをブックマークに登録でき、自分だけのオリジナル学習リストを作成することができます。学んだことをスキルにつなげるには復習が欠かせないので、この機能はとても役立ちます。

4. ランキング機能

週間ランキング機能があり、会話することでたまるアプリ内スコアに応じて、ランキングの順位が決定されます。他のスピークバディ・ユーザーのスコアも見ることができるため、競い合うことで学習のモチベーションが高まります。

5. 学習状況記録機能

今までの会話時間や、週に何回会話したか、その他アプリ内アイテムの獲得状況など、それまでの学習の記録を振り返ることができます。

まとめ

国内では英語を勉強していても、対面で人と英語で会話する機会はなかなか得られないのではないでしょうか。スピークバディを使ってみると、「英語を実際に口に出して話す」訓練がメインなので、次第に口が英語に慣れ、スピーキング力が向上している実感が得られます。学習効果を高める様々な工夫・機能が追加されたスピークバディで、キャラクターと気が済むまで英会話を練習してみませんか?

iOS版「スピークバディ」概要

料金 【iOS版プレミアムサービス】
1950円(税込)/ 月(最初の1ヶ月は無料トライアル)
URL https://itunes.apple.com/jp/app/id1129621266

※上記は2018年12月現在の情報に基づくものです。

【関連ページ】厳選!英会話力を向上させるスピーキングアプリ3選

The following two tabs change content below.
中原 孟

中原 孟

本職は英語学習アプリ開発エンジニア。今までに20本ほどの英語学習アプリをリリース。英検1級、TOEIC900超。大学は外国語学部英文学科を卒業。大学時代は英語ディベートに没頭し数々の賞を受賞。自身も日々英語を継続して勉強しており、世の中の英語に悩んでる人の力になれればと思い、日々奮闘中。