英語でトイレは「toilet」?ネイティブ流に場所を尋ねる表現!

日本語の「トイレ」は、英語の「toilet room」に由来しますが、英語でトイレは「toilet」なのでしょうか?実は、英語圏でも国によって「トイレ」の言い方が異なります。「toilet」で通じる国もある一方、日本語の「トイレ」とは意味が異なる国もあるので、使う際には少し注意が必要です。日本語にも「トイレ」の他に「お手洗い」「化粧室」「便所」など、いくつか言い方がありますが、それと同じだと考えればイメージしやすいかもしれませんね。今回は、「トイレ」を意味する英語と、ネイティブがトイレの場所を尋ねるときに使う自然な表現をご紹介します。

「トイレ」は英語で?


まずは、英語圏の各国で一般的に使われる表現を中心にみていきましょう。

toilet

イギリスやオーストラリア、ニュージーランドでは、「toilet」は「トイレ」の意味で使われます。一方アメリカ英語では、「toilet」は主に「便器」を意味します。アメリカでは、「I’m going to the toilet.」とは言わないようにしましょう。

bathroom

アメリカ英語では、家庭にあるような、トイレと浴室が一緒にある空間を「bathroom」と言います。「bath(お風呂)」と「room(部屋)」なので「浴室」のみをイメージするかもしれませんが、家庭にある「トイレ」に対しては、浴室と同じ「bathroom」という表現が使われます。

restroom

アメリカ英語では、レストランなどにあるトイレは「restroom」と言います。「rest(休憩する)」と「room(部屋)」ですが、休憩所ではありません。家庭のトイレのように、レストランでは「bath」が同じ空間にあるわけでは無いので、呼び方が異なります。ちなみに、公衆トイレは「public restroom」です。

washroom

「お手洗い」に近いニュアンスの「washroom」は、主にカナダで使われる表現です。「wash(洗う)」と「room(部屋)」ですが、洗濯をする部屋ではありません。洗濯室は一般的に、laundry (room)と呼ばれます。

loo

イギリス英語で使われる「トイレ」を意味する言葉で、女性がよく使います。トイレットペーパーは「loo paper」あるいは「loo roll」と言い、公衆トイレは「public loo」です。

powder room

「化粧室」と同じ意味の「powder room」は、ホテルやレストランなどの女性用トイレを指します。

lavatory

公衆トイレの丁寧な表現が「lavatory」です。飛行機の中などで目にする機会があります。

その他「トイレ」を表す英語表現

上記で紹介した一般的な表現の他にも、「トイレ」を意味する表現が多数あるのでご紹介します。

the john

アメリカ英語の「トイレ」を意味するスラングで、通常、男性トイレを指します。これは、水洗トイレを発明したサー・ジョン・ハリントン(Sir John Harrington)という人物に由来していると言われています。

  • Where is the john? トイレはどこ?

men’s room / ladies’ room

駅などの公共の場にあるトイレを指す言葉です。

potty

幼児向けの言葉で、「potty」は「おまる」を意味します。トイレトレーニングは「potty training」と言います。

latrine

キャンプ地などの仮設トイレ。「ラトゥリーン」と発音します。

W.C(Water Closet)

日本でも時々表記を見かける「W.C」は、「water closet」の略です。水洗トイレが登場したとき、従来の汲み取り式トイレと区別する表現として使われました。しかし、現在ではほぼ水洗トイレになったため、「W.C」という表現は使用されなくなっています。

トイレの場所を尋ねる自然な英語表現


最後に、ネイティブ流にトイレの場所を尋ねる表現をご紹介していきます。

一般的な表現

  • Where is the restroom? トイレはどこですか?
  • Could you tell me where the restroom is? トイレがどこか教えてもらえませんか?
  • May I use the bathroom/restroom? トイレを借りてもいいですか?

トイレを「借りる」際には、日本語の言い回しに影響されて、つい「borrow(借りる)」を使いたくなりますが、「use(使う)」を使うようにしましょう。「borrow」だと、どこかへ持ち運んで使うようなニュアンスになります。下記のように表現したら、「便器を取り外して借りてもいいか」を尋ねてしまうことになるので要注意。

<誤った表現>

  • May I borrow the toilet?

ちなみに、トイレに行くため席を外す際には、 「bathroom/restroom/toilet」という直接的な語を使わない方がスマートです。代わりに、以下のような表現がよく使われます。

  • Excuse me. ちょっと失礼します。
  • I’ll be right back. すぐ戻ります。

まとめ

「トイレ」を意味する英語にはいくつかの表現があり、英語圏でも国によって表現が異なります。英語学習者の中には、スラング的な言い方をした方がネイティブっぽいと感じて、スラングを好んで使う人もいますが、あまりおすすめできません。大切なことは、その場に合った表現ができること。友達同士ならスラングでも構いませんが、ビジネスシーンや食事会などでは上品な表現をする方がベターです。使い分けを念頭に、様々な表現を自分のものにしていきましょう!

【参照サイト】トイレ(語源由来辞典)

The following two tabs change content below.
reisuke

reisuke

オーストラリア在住11年目。英語が最も苦手な教科でありながら英語を話すことに憧れ、海外生活を始める。コミュニケーションのツールとして英語を身につけ、現在では英語で夢を見るまでに。日本語教師として活動していることもあり、英語と日本語の文法の違いや国による英語の違い、言語と文化のつながりなどをライターとして発信中。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム