英語学習におすすめの洋楽アーティスト5選【男性アーティスト編】

英語力向上のためには、毎日英語に触れることが大切です。英語に触れる方法はたくさんありますが、洋楽なら、隙間時間にも気軽に聴くことが可能。歌詞の意味を理解して一緒に歌うと、楽しく英語を学べます。

そこで今回は、アメリカの音楽業界で働く筆者が、英語学習におすすめの男性アーティストを5組ご紹介します。

英語学習におすすめの男性洋楽アーティスト5選

ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)

日本でも高い知名度と人気を誇るブルーノ・マーズ(Bruno Mars)。2020年には、嵐に楽曲を提供したことでも話題になりました。ブルーノの楽曲は、バラードからアップテンポなものまでバリエーションが豊富。アップテンポな曲の中にも、比較的歌いやすいものが多くあります。

★英語学習におすすめの曲:『The Lazy Song』『Just the Way You Are』『Marry You』

バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)

バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)は、発音も歌い方も聞き取りやすく、英語学習初心者の方におすすめのアーティストです。筆者は英語学習を始めた頃、毎日のようにバックストリート・ボーイズを聴いていました。多くの方が既にご存じの楽曲だと思いますが、『I Want it That Way』は特に歌いやすく、発音の練習にピッタリです。「fire」「desire」「heartache」など、日本人学習者が苦手とする“R”の音を含む単語がたくさん登場するので、Rの発音を習得したい方にもおすすめです。

★英語学習におすすめの曲:『I Want it That Way』『As Long As You Love Me』

ダニエル・パウター(Daniel Powter)

2005年にリリースした1stシングル『Bad Day』が世界的にヒットしたダニエル・パウター(Daniel Powter)。『Bad Day』は難しい単語が少なく、曲調もゆったりしていて歌詞の内容を理解しやすいのでおすすめです。

本曲はbad day(悪い日)をテーマにしつつも、高揚感がありダニエルのパワフルな歌唱に勇気づけられます。英語学習でスランプに陥った時などにも、ぜひ聴いてほしい楽曲です。

★英語学習におすすめの曲:『Bad Day』『Love You Lately』

コナー・メイナード(Conor Maynard)


イギリス出身のアーティスト、コナー・メイナード(Conor Maynard)。彼の楽曲にはアップテンポなものが多いですが、『Turn Around』はテンポは速いものの早口ではないので、練習すれば歌えるようになるはずです。

また、コナーは、先日の記事(「英語学習におすすめの洋楽アーティスト5選【女性アーティスト編】」)でご紹介したアデル(Adele)の『Hello』や、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の『Love Yourself』など、他のアーティストの楽曲をカバーして、自身のYouTubeチャンネルにアップしています。

これらのオリジナル曲をご存じの方も、コナーのカバーを聴き、違いを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

★英語学習におすすめの曲:『Turn Around』『Crowded Room』

ショーン・メンデス(Shawn Mendes)


モデルもこなす人気シンガーソングライター、ショーン・メンデス(Shawn Mendes)。車のCMに楽曲が起用されたこともあり、日本でもよく知られています。キューバ生まれのシンガーソングライター、カミラ・カベロ(Camila Cabello)とのデュエット曲『Señorita』も有名です。

英語学習者におすすめの楽曲は『If I Can’t Have You』。アップテンポですが、歌詞は聞き取りやすく、耳が慣れてくると歌詞を見なくても理解できるようになるでしょう。また、『Lost in Japan』という楽曲は、『If I Can’t Have You』より歌唱難易度は高いですが、東京へのオマージュとなっているMVに親しみが持てるのでぜひチェックしてみてください。ショーン・メンデスの楽曲は、今回ご紹介したアーティストの中では、全体的に歌の難易度が高めです。

★英語学習におすすめの曲:『If I Can’t Have You』『Lost in Japan』『Mercy』

まとめ

洋楽は、リスニングのみならず、発音の練習にもピッタリのツールです。ネイティブと話す際にも、発音が正しいと聞き取ってもらいやすくなるので、ぜひ、音楽で楽しく英語を勉強してみてください。

The following two tabs change content below.
りみ

りみ

短期ダンス留学をきっかけに英語に興味を持ち、英語力ゼロで長期留学を決意。自分なりに勉強法を考え、TOEFL50点、英検2級を取得。アメリカ・ロサンゼルス留学(語学学校3年、ミュージックカレッジ2年)5年を経て、現在はOPT制度を活用し、アメリカ拠点の音楽会社に勤めている。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数90万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム