TOEIC頻出!「自動詞と間違いやすい他動詞」11選

正しく英語を使うためには、動詞の使い方を正確に理解する必要があります。動詞には自動詞と他動詞の2種類があり、それぞれ用法が異なります。

「自動詞」は目的語を必要としない動詞で、主語+動詞だけでも文が成立します。例えば自動詞である「arrive」の場合、”I arrived.”のように、目的語無しで文をつくることができます。

一方「他動詞」は、目的語を必要とする動詞です。他動詞の後ろに目的語が無いと、文として成立せず、意味も通りません。例えば他動詞「have」を使った”I have a book.”という文で、目的語のa bookが欠けると、”I have”という不完全な文になってしまいます。また、他動詞は直後に目的語をとるため、目的語の前に前置詞は必要ありません。

TOEICのPart5でも、自動詞と他動詞を見極める力を問う問題は頻繁に出題されます。今回は、TOEICにも頻出する、「自動詞と間違いやすい他動詞」11個をご紹介します。

自動詞と間違えやすい他動詞11選

1. discuss「〜について議論する」


discussは、「〜について議論する」という意味の他動詞です。「〜について」という日本語訳につられて、「discuss about~」と間違えやすいので気をつけましょう。

【例文】We will discuss the matter.(私たちはこの件を議論します。)

2. consider「〜を検討する」

considerには「〜を検討する」などの意味を持つ、他動詞としての用法があります。前述のdiscussと同様に、「consider about~」と間違えやすい単語なので、注意しましょう。

【例文】We will consider the possibility of collaborative efforts.(私たちは協業の可能性を検討します。)

ちなみに、例文にある「collaborative+efforts」はセットで「協業」や「協働」という意味になり、こちらもよくTOEICに登場します。

※considerには自動詞としての用法も存在します。

3. answer 「〜に答える」

answer は「〜に答える」という意味の他動詞としてしばしば使われます。誤ってtoをつけて、「answer to~」としてしまいがちなので、気をつけましょう。

【例文】I will answer your question.(あなたの質問にお答えします。)

※answerには自動詞としての用法もあります。「answer to~」という表現は、「(…に)反応する」などの意味で使われることがあります。

4. oppose「〜に反対する」

opposeは、「〜に反対する」などの意味を持つ他動詞として主に使われます。こちらも誤ってtoをつけて、「oppose to ~」としてしまいがちなので注意しましょう。

【例文】I have to oppose this idea.「私はこの考えには反対せざるをえない」

5. enter「〜へ入る」


enterは、「〜へ入る」という意味の他動詞としての用法を持ちます。intoをつけて、「enter into~」と誤りやすいため、要注意です。

【例文】I tried to enter the room.
「私は部屋に入ろうとしました。」

※「enter into~」は、「(事業・交渉・会話など)を始める」「(契約・協約など)を結ぶ」など、「~へ入る」とは別の意味で使われる表現です。

6. mention「〜について述べる」

mentionは「〜について述べる」という意味の他動詞です。誤ってaboutをつけて、「mention about~」としてしまいやすい単語です。TOEICに頻出する重要単語なので、しっかりと覚えておきましょう。

【例文】I will mention these details later.(この詳細については後で述べます。)

7. inhabit「〜に住む」

inhabitは「〜に住む」という意味の他動詞です。「inhabit in~」のように、誤ってinと共に使ってしまいやすいので気をつけましょう。

【例文】What animals inhabit those islands?(その島々にはどんな動物が住んでいるのですか?)

8. resemble「〜に似ている」

resembleは「〜に似ている」という意味の他動詞です。間違えて「resemble to~」としないように気をつけましょう。

【例文】They resemble each other in all respects.(彼らは全ての点でお互いに似通っている。)

9. marry「〜と結婚する」


marryは「〜と結婚する」という他動詞としての用法を持ちます。「marry with~」と誤りやすいので注意しましょう。

【例文】I hope to marry her.(私は彼女と結婚したいです。)

類似表現に、「get married to〜」と「be married」があります。「get married to〜」は「〜と結婚する」という「動作」を表し、marryと同じ意味で使うことができます。「be married」は「結婚している」という「状態」を表します。

【例文】I want to get married to her. (私は彼女と結婚したいです。)

※marryには自動詞としての用法もあります。

10. visit「〜を訪れる」

visitは「〜を訪れる」という意味の他動詞として主に使われます。「visit to~」と誤りやすいので注意しましょう。

【例文】I am going to visit an exhibition next week.(私は来週展覧会を見に行きます。)

11. obey「〜に従う」

obeyには「〜に従う」という意味の他動詞の用法があります。「〜に」という日本語訳から、「obey to ~」としてしまいやすいので、気をつけましょう。

【例文】It is our duty to obey the law.(法律に従うのは我々の義務です。)

※obeyには自動詞としての用法もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、TOEICにも頻出する、自動詞と間違いやすい他動詞11個をご紹介しました。自動詞と他動詞を見極めるための明確なルールは無いため、地道に1つ1つの動詞の語法を覚えていきましょう。おすすめなのは、動詞を含む例文ごと繰り返し音読して口に馴染ませ、動詞の使い方を覚える方法です。ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
ちか

ちか

中学2年時にニュージーランドの現地校へ1年間留学。高校進学後、オーストラリアへ交換留学で再び1年間留学。高校在学中に英検1級、TOEIC965点、TOEFL iBT106点を取得。早稲田大学国際教養学部に現役合格。英会話講師やTOEICコーチの経験を経て、現在はフリーランスとしてライティングや、英語学習コミュニティの運営などを行っている。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム