「either」の意味と使い方は?【英文記事で英語学習】

「学校で習ったはずの英語表現を、使いこなせない」「英文を読めば理解はできるが、自分では言えない」と感じている方は多いのではないでしょうか。

「読めば、聞けばわかる」状態から、「実際に使える」ようになるためには、単語・表現の直訳を覚えるだけではなく、品詞を理解したり、例文に触れたりすることが有効です。

そこで今回は、頻出単語の「either」について、例文を参照しながら、用法を確認してみましょう。

※リンクの付いた例文は、日本のソーシャルグッドを世界に発信するメディア「Zenbird」の英文記事から引用しています。記事の内容は、公開時点の情報に基づきます。

目次

eitherの意味と使い方は?


eitherには、主に「代名詞」「形容詞」「副詞(※)」としての用法があります。

※「either A or B」のように、「副詞のeither」が「or」とセットで使われる際には、「相関接続詞」に分類される場合もあります。「both A and B」や「neither A nor B」などが、相関接続詞にあたります。

①代名詞のeither

代名詞とは、名詞の代わりをする単語のことです。

代名詞のeitherは、「いずれか」「どちらでも」や、否定文では「どちらも(…でない)」などの意味で使われます。

Either of you can go to Paris.
あなたたちのどちらかが、パリに行ける。
Either is fine.
どちらでもいいですよ。
He didn’t buy either of the cars.
彼は、どちらの車も買わなかった。
Although I recommended both products, she didn’t buy either.
私は両方の製品をすすめたが、彼女はどちらも買わなかった。
※buy(~を買う)の目的語として、代名詞のeitherが使われています。

②形容詞のeither

形容詞のeitherは、後ろの名詞を修飾します。

「どちらかの」「どちらの…でも」という意味や、否定文では「どちらの…も」などの意味で使われます。

Could I get either book?
どちらかの本をもらってもいいですか?
The Doughnut Economy reminds us of the balance between human development and nature. Seeking either extreme is detrimental,….
「ドーナツ経済」は我々に、人類の発展と自然のバランスについて気づかせてくれる。どちらか一方の極端を追い求めることは、弊害をもたらし…(以下略)

【引用元】 Circular Economy vs Doughnut Economy: different but complementing

※remind A of B:AにBを思い出させる、AにBを気づかせる
※detrimental(形容詞):有害な、弊害をもたらす

Either way, there is a lot of paperwork and scrutiny before one is granted permission for accommodation.
どちらにしても、入居の許可を得るまでには多くの書類事務や審査がある。

【引用元】3 Co-living subscription services that are taking over Japan

I don’t like either team.
私は、どちらのチームも好きではない。


また、「side(側)」や「end(端)」など、2つで対をなす単語と共に使われる場合には、「両方の」という意味になることもあります。

There are grocery stores on either side of the road.
その道を挟んだ両側に、スーパーマーケットがある。

「どちらかの」という意味でeitherを使う場合も、「両方の」という意味で使う場合も、後ろに置く(eitherが修飾する)名詞は「単数形」になります。

③副詞のeither

副詞のeitherは、否定文の後で「…もまた(…ない)」の意味で使われます。平叙文における「too」や「also」の代わりとして使われます。

“Actually, I don’t like him.”
「実は、彼のこと好きじゃないんだよね」

“I don’t either!”
「私!」

They use no plastic for packaging either….
彼らは、パッケージに、プラスチックを使用していない

【引用元】These Japanese sustainable beauty brands offer quality vegan haircare

「either A or B」について

また、副詞のeither(※)は、「either A or B」の形で、「AかBかのどちらか」という意味で使われます。

AとBには、同じ品詞の単語や、文法的に同等の句、節(文)などが入ります。単語の場合は名詞に限らず、動詞や形容詞、副詞も使えます。

※前述の通り、「副詞のeither」が「or」とセットで使われる用法は、「相関接続詞」に分類される場合もあります。「both A and B」や「neither A nor B」などが、相関接続詞にあたります。

Either he or she can go to Los Angeles.
彼か彼女のどちらかが、ロサンゼルスに行ける。
You need to either call or e-mail him.
彼に、電話メールをしないといけないよ。
“I’ve called her 3 times but she hasn’t called me back. She doesn’t love me anymore.”
「彼女に3回電話しているのに、折り返しがない。彼女はもう、僕のことが好きじゃないんだ」

“Relax! Either she hasn’t noticed them yet or she just has been busy.”
「落ち着いて。まだ着信に気づいていないか、忙しくしているかのどちらかだよ」

「either A or B」と「A or B」の違いは?

「either A or B」は、「A or B」とほぼ同じ意味で使われる場合もありますが、eitherをつけることで、選択肢がAかBのどちらかのみである点を強調できます。

  • A or B

例えば、「Would you like tea or coffee?」という質問は、状況やイントネーションによって、「紅茶かコーヒーでも飲まれますか?」といったニュアンスになります。この場合、紅茶やコーヒーは選択肢の一例と捉えられるので、「Actually, do you have soda?(ソーダはありますか?)」と別の選択肢について尋ねることもできます。

また、気心の知れた友人の家を訪れて「Do you want water or coffee?(水かコーヒーか、飲む?)」と尋ねられた際などには、「Could I have both, please?(両方もらってもいい?)」と、両方を頼むことも可能です。

  • either A or B

一方で、「either」をつけると、選択肢はAかBのどちらかのみであると相手に伝えられます。例えば、喫茶店でメニューに目を通さずに注文しようとした場合、店員と客の間で以下のようなやり取りが考えられます。

店員:”What would you like to drink?”
「何を飲まれますか?」

客:”Soda please.”
「ソーダをお願いします」

店員:”Sorry, we don’t have soda. You can have either coffee or tea.”
「申し訳ありません、ソーダは扱っていないんです。コーヒーか紅茶のどちらかになります」

また、「A or B」の「or」は文の中盤で登場するため、先に「either」と言うことで、聞き手や読み手に対して、これから選択肢について述べることを明示できる効果もあります。特に、A(1つ目の選択肢)が長い場合には、eitherを先に述べておくと、文全体の構造が分かりやすくなります。

まとめ

今回は、「either」の使い方について、例文とともに確認してきました。英単語やフレーズは、日本語訳だけでなく、品詞や用法までを含めて理解すると、自分でも使いやすくなります。今回整理した「either」を、ぜひ、実際の会話でも試してみてください。

【関連ページ】本当におすすめできる人気のオンライン英会話31社を徹底比較!
【関連ページ】無料体験レッスンがお得なオンライン英会話の比較・ランキング
【関連ページ】中・上級者におすすめのオンライン英会話まとめ

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む皆様に向けて、おすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事、転職や海外就職に役立つ情報などをご紹介しています。
TwitterFacebook

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム