カラオケで87%が英語発音アップ!ビッグエコー運営の第一興商が発表

みなさん、英語で歌うことは好きですか?洋楽を練習している方のなかには「もっと上手に英語を発音したい!」と考えている方も多くいるでしょう。

そんな方へ向け、カラオケで英語の発音をきたえる英語発音表記システム「Nipponglish(ニッポングリッシュ)」が昨年10月に登場しました。Nipponglishの画面を見ると、英語曲のテロップ歌詞にあわせ、オリジナルの歌声を聴いたときのままにカタカナルビがふってあります。前後の単語がつながって発音が変わるリンキングや、強勢アクセントをカナの大小で表現するなど、英語音声学理論に基づいた表記となっているため、視覚的にネイティブライクな発音を学ぶことができます。

例えば「Son of a gun, we’ll have big fun on the byou」という歌詞の場合、通常のカラオケ画面では「サン オブ ア ガン ウィル ハヴ ビッグ ファン オン ザ バイヨ」と単語ごとにルビがついています。一方、Nipponglishは「サノバガン ウィール ハブ ビッグ ファー ノンザ バイオ」とルビがつき、さらに「サ・ガ・ウ・ビ・フ・バ」が大きな文字になっているので、アクセントも意識して発音できます。

通常英語楽曲のテロップ表
Karaoke Nipponglishのテロップ表示

Nipponglishは、大手カラオケチェーン「ビッグエコー」を運営する株式会社第一興商(以下、第一興商)が提供しているサービスで、システム開発は東洋大学総合情報学部の湯舟英一教授とビッグアップルカンパニー社が共同で行いました。東洋大学は、2014年度に文部科学省が開始した「スーパーグローバル大学支援事業」に選ばれており、全学的にTGL(Toyo Global Leader)プログラムを実施するなど、グローバルな人材育成に向けた取り組みを行っています。

それでは実際に、英語の曲を歌うことでどのような効果があるのでしょうか。第一興商と東洋大学の湯舟教授は、同社に勤める社会人49名と同大学の学生74名の合計123名を対象に、Nipponglishを使った「英語発音向上効果」について検証実験を行いました。

まずは音読です。英語テキストのみのファイルと、英語テキストにNipponglishのカタカナをつけたファイルをそれぞれ音読し、録音した音声データをTESOL資格保持者がチェックします。すると、83%の被験者がNipponglishのカタカナ表記があるとネイティブに近い発音になることがわかりました。

次に行ったのは歌唱です。通常の洋楽カラオケと、Nipponglishのカラオケでそれぞれ歌う練習をして、英語発音の向上がみられるかを検証しました。そしてTESOL資格保持者と日本人英語音声学者がチェックをし、練習前と練習後を比較しました。

英語音声学者によるカラオケ歌唱データ比較データ

英語音声学者によるカラオケ歌唱データ比較データ

その結果、87%の被験者が、洋楽カラオケを5回歌唱することにより英語発音評価が向上しました。さらに、Nipponglishのカタカナ表記をつけて歌唱すると、よりネイティブライクな発音になりました。

今回の検証で、洋楽カラオケが英語の発音向上に効果があることがわかりました。大きな声で歌い、オリジナル楽曲と比較しながら耳で聴くことで、ヒアリング能力の向上も期待できます。好きな曲で楽しく英語発音を身につけたい方は、洋楽カラオケにチャレンジしてはいかがでしょうか。

【公式サイト】Nipponglish

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

English Hub 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

English Hub 編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム