Kids UP(キッズアップ)の評判・口コミ

※ この記事には広告・PRが含まれています
Kids UP イメージフォト

英語漬けの環境で英語力を飛躍的に伸ばす!「Kids UP(キッズアップ)」

Kids UP(キッズアップ)は、オールイングリッシュの環境で多彩な教育プログラムを提供する、学童保育型の英会話スクールです。3~6歳の子どもを対象とした「幼児コース」や、「小学生コース」を中心に、中学生・高校生も学ぶ上級者コースも用意。子どもの知的好奇心を伸ばしながら英語力を育むカリキュラムが特徴です。“Learn with Fun(楽しみながら学ぶ)”をモットーに運営されているので、英語初心者でも安心してスタートできます。

Kids UPのカリキュラムは、応用言語学博士監修のもと、子どもの発達段階に応じて設計されたレッスン内容になっており、英語力の基礎固めからハイレベルな表現力の習得までを一貫してサポートします。長時間の英語漬けとなる独自の環境により、小学生のうちから高校卒業・大学受験レベルの英語力習得を目指せます。英語を聞く・話す力を特に重視したプログラムで、実用性の高いコミュニケーションスキルや自己表現力を鍛えられるでしょう。

Kids UPでは、スクール説明会や無料体験、会員以外でも参加できる長期休み中(春・夏・冬)の短期プログラムを随時開催中です。子どもたちが楽しくのびのびと学ぶ教室の雰囲気を、まずは実際に体感してみてください。英語力が伸びる理由がきっとわかるはずでず。

≪新春 新規入会キャンペーン≫
5月までに開始予定の方、入会金無料(通常55,000円)
6月以降に開始予定の方、入会金44,000円OFF!

サービス名 Kids UP(キッズアップ)
URL https://kids-up.jp/
運営会社名 株式会社Kids-UP
本社所在地 東京都足立区千住
設立 2016年5月14日
入会金 55,000円
教材費 コースにより異なる
コースと料金 【Kindy Course:幼児コース】
・対象:3〜6歳
・週2回(3.5時間/回)の場合:月額35,600円

【Elementary Course:小学生コース】
・対象:小学生(6~12歳)
・週2回(5時間/回)の場合:月額40,000円

【Keep UP Course:キープアップコース(上級者コース)】
・対象:小学3年生~高校生
・週1回(小学生コースの時間帯+1.5時間/回)の場合:月額30,250円

【Specialist Course:スペシャリストコース(上級者コース)】
・対象:小学4年生~高校生
・週1回(1.5時間/回)の場合:月額23,100円

【Online Course:オンラインコース】
・対象:小学1年生~高校生

※コースに応じて、教材費、おやつ代などが別途必要となります。
※利用時間を延長する場合は、30分単位での延長預かりが可能です(追加料金あり)。
※コースや料金の詳細については各スクールへお問い合わせください。

対応時間帯 11:00~18:30 ※最長20:30まで

※表内に記載の金額はすべて税込です。
※サービス内容・料金については変更されている可能性があります。最新情報についてはホームページをご参照ください。

Kids UPのおすすめポイント

英語漬けの環境で効果的に英語力をアップ!

Kids UPに通う子どもたちは、1回の通学あたり3.5~最長7時間程度(※)をオールイングリッシュの環境で過ごします。まるで海外留学をしているかのような英語漬けの環境で、英語とじっくり向き合うことによって、ことばの基礎知識や語彙を効果的に吸収し、大人になってからも役立つ実用的な英語スキルが身につきます。

また、レッスンを担当する英語ネイティブ・バイリンガルティーチャーは、週5日を基本としてスクールに常駐する社員講師のみ。継続的に子どもたちと接するからこそ、一人ひとりの成長や些細な変化にも気づきやすく、よりきめ細かな指導が可能です。

「英語を習うのは初めて」「年度途中の入会でついていけるかが不安」という場合でも、ネイティブとバイリンガルティーチャーのダブルサポート体制を活かし、子どもたちがスムーズに教室に馴染めるよう丁寧にフォローアップします。

※利用時間はコースにより異なります。

知的好奇心を刺激する充実のプログラムで高度な英語力を習得!

Kids UPでは、子どもたちが持つ能力と可能性を最大限に引き出すため、応用言語学博士の萓忠義教授監修のもと、脳科学や心理学などの科学的理論に裏付けされた教育プログラムを導入しています。

レベル別の英語レッスンに加え、スポーツ、工作、理科実験、ダンスなど、五感を使った体験型のアクティビティーも盛りだくさん。子どもたちが楽しみながら実践的に英語を使う機会を豊富に確保しているのが特徴です。

さらに、幼児コースの段階から人前で発表する訓練が取り入れられており、世界中の人たちと自信を持って英語でコミュニケーションを取るための練習としても最適です。小学校コースでは日々のレッスンの中でプレゼンテーションにもチャレンジし、人前で英語を使うことで自信を深めると共に「伝える力」を養います。

Kids UPでは、日々の学びの集大成として毎年スピーチコンテストを開催しており、公式ウェブサイトの動画でその様子を公開しています。英語でのびのびとスピーチを行う子どもたちの姿から、英語力そのものだけでなく、人前で堂々と話すためのプレゼンテーション力など、幅広いスキルがしっかりと身についていることがわかるでしょう。

大人になっても使える英語力が身につく

Kids UPでは、大人になってからも使える本物の英語力の習得をゴールとしています。

小学校中学年からは、プレゼンテーションやディベートがプログラムに加わり、自分の意見を英語で考え、それらを表現豊かに伝えるためのスキルを磨いていきます。5,000人を超える会員のテストデータを基に、個々の弱点を最短で克服するための指導で、効率のよい英語力向上が可能です。

さらに、小学生以上の子どもには、年3回以上のレベルチェックテストを実施。英語力の伸びや成長についても、定期的な保護者フィードバックや面談を通じてリアルタイムで伝達します。「教室でどんなことをしているのか見えづらい」「子どもの現状の英語力がどのレベルなのかがわからない」という保護者の不安を生じさせない、透明性の高いコミュニケーションが魅力です。

順調にカリキュラムをこなしていけば、小学校中学年以上から上級者コースで学ぶことも可能なので、小学生のうちに高校卒業・大学受験レベルの英語力習得も目指せます。実際、Kids UPに通う小学校中学年の子どもたちの中では、公立中学生や高校生のスピーキング・リスニングテストの結果を上回る成長をみせている児童もいます。

Kids UP プレゼンテーションの様子

便利な無料送迎バスあり!預かり時間は最長20:30まで延長可能

Kids UPへの通学時は、対象地域を中心に巡行する無料送迎バスを利用可能です。行きは小学校からKids UPの教室まで、帰りは教室から自宅近くのポイントまでバスで送ってもらうなど、直接の送迎が難しい家庭でも子どもを通わせやすいサポート体制が整っています。

また、預かり時間は最長20:30まで延長できます。春・夏・冬の長期休み期間中は、午前中から短期集中プログラム(シーズナルスクール)を実施しており、同期間中は朝8:30からの前延長もあります。

※送迎対象については、お近くの教室までお問い合わせください。
※預かり時間の延長には30分単位で追加料金がかかります。

安全・衛生面の配慮が行き届いた教室環境

Kids UPでは、カリキュラム内容はもちろんのこと、子どもたちが安全かつ快適に過ごせる環境が何より大切だと考えています。英語力を大きく伸ばすための秘訣は、楽しみながら長時間英語のシャワーを浴びられる、その教室環境にあります。

多くの子どもたちが集まるKids UPの各教室では、安全・衛生面においても最大限の配慮を実施。検温、消毒などの衛生対策に加え、入口の施錠システムやモニターカメラの設置により、子どもたちが安心して過ごせる明るい教室空間を作り上げています。

さらに、オンライン上の会員専用マイページでは、クラスの様子、プログラム内容、写真、レポートなどをいつでも確認できるシステムを完備。スタッフからの定期的なフィードバックや保護者面談の機会も含め、子どもの成長をしっかりと見守る仕組みが整っています。

Kids UP 教室

Kids UPの口コミ募集中!
English Hub編集部では、Kids UPに通学された経験がある方からの口コミを募集しています。読者の皆様の参考となる貴重な情報の提供にぜひご協力よろしくおねがいいたします。

Kids UPの無料体験・説明会に参加する

Kids UPの詳細を知りたい方、無料体験・説明会への参加を希望される方は下記よりどうぞ。

≪新春 新規入会キャンペーン≫
5月までに開始予定の方、入会金無料(通常55,000円)
6月以降に開始予定の方、入会金44,000円OFF!

英会話スクールの一覧を見る

おすすめ子どもの英語学習法

The following two tabs change content below.

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む皆様に向けて、おすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事、転職や海外就職に役立つ情報などをご紹介しています。
TwitternoteFacebook