ネイティブに近い英語発音が自然と身につく!子ども向け英語CDの活用法

cds-for-kid

子どもが英語に触れる機会を作るために、英語CDを活用したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?子ども向けの英語CDは、子どもが楽しく英語に親しむのにおすすめのツールの一つです。最大のメリットは、自宅や車でかけ流してなんとなく聞いているだけでも、日本語と異なる英語のイントネーションやリズムに慣れていけること。日頃から親しむことで、英語の音への抵抗感も弱まります。

英語教室で多くの子どもたちを指導してきた私が講師としての経験から感じるメリットは、発音です。特に就学前の子どもは、歌を聞き、そのまま真似しながら歌うことで、ネイティブに近い発音を無理なく身につけています。

さらに、英語CDは、楽しい親子コミュニケーションの方法として活用することもできります。親子で一緒に英語のCDを聞き、歌ったり踊ったりすることで、子どもに「英語って楽しいな」という気持ちを持ってもらえるようになります。

そこで、今回は今までの子育て&英語講師の経験からオススメしたい英語CDを厳選してお伝えします。いろいろ試した中で、自分の子どもやレッスンの生徒の反応がもっとも良かったシリーズとなっていますので、ぜひ参考にしてみてください!CDの中で特におすすめの曲を、YouTubeの動画リンクつきでご紹介しているので、お子さんと一緒に聞いてみてください。

1. 楽しく聞き続けられる!英語CD選びのポイント

CD選びで一番大事なポイントは、子どもが好きな歌、または子どもが好みそうな歌が入っていることです。

例えば、

  • 英語レッスンに通っている場合、レッスンの中で特に気に入っている曲
  • TVの英語番組の中で気に入った曲
  • YouTubeで特に気に入った曲

などを、まずは子どもの様子を見ながら探しましょう。英語の歌にまだあまり触れたことがない場合は、TVの英語番組やYouTubeの英語チャネルで英語の歌を見せて、様子を見てみるといいでしょう。大好きな曲や気に入ったタイプの曲が入ったCDを選べば、喜んで聞いてくれるはずです。

加えて、その曲を保護者の方も好きかどうかも、大切なポイントです。車の中や家で一緒に聞く場合、子どもは気に入ると何度でも聞きたがりますので、「子どもは好きだけれど自分はちょっと…」という曲ばかりのCDを選んでしまうと、そのうち聞くのがつらくなってしまうかもしれません。

2. すぐに使える!英語CDの活用法

英語CDのオススメの使い方は、大きく2通りあります。

車や自宅でCDをかけ流す

1つ目は、CDのかけ流しです。車を運転する方は、車での移動中にかけるのが一番おすすめです。何度も聞いているうちに、親子で歌を口ずさめるようになりますし、そうなると、歌いながら車に乗るのが楽しくなります。もちろん、家にいる時間にかけるのもおすすめです。リビングで遊んでいるときや食事中に、さりげなくかけてみたり…。寝る前に英語の子守り歌をかけるのもよいでしょう。無理のない方法で試してみてください。

CDに合わせて手遊びやダンスをする

2つ目は、歌詞カードなどを見ながら、一緒に手遊びなどをする方法です。これからご紹介する『Wee Sing』に入っているスタンダードな曲は手遊びがついているものが多いので、調べてやってみるのも手です。また、『Super Simple Songs』や『Pink Fong』も体を動かす曲が入っており、YouTubeに振りつけがアップされています。一緒に見ながら覚えれば、英語と一緒に運動も楽しめる一石二鳥の時間になります。この方法は、特に就学前のお子さんにオススメです。

3. 英語の音や単語が自然と身につく!英語CDオススメ3選

ここからは、英語講師や自分自身の子育ての経験から、特におすすめしたい英語CDを3つ、厳選してご紹介します。

一緒に歌って単語も自然と身につく『Super Simple Songs1

『Super Simple Songs』シリーズは、Super Simple Learningが作った、子どもたちが一緒に歌いやすい歌がたくさん入っているシリーズです。ハロウィン、クリスマスなどのシリーズもあるのですが、今回ご紹介する『Super Simple Songs1』は、中でも人気のある基本曲が入ったCDです。赤ちゃんから小学生まで、楽しく聞いていただける内容となっています。子どもに喜ばれやすいからか、ネイティブの先生がレッスンで使っているのも見かけました。(もちろん私も使っています!)

このCDの良い点は、挨拶の歌から数や色の歌など、覚えておきたい単語がたくさん入った曲が満載だという点。さらに覚えやすいメロディで、楽しい雰囲気の歌ばかりなのも大きな魅力。子どもたちとよく車の中で聞いていたのですが、当時幼稚園児と小学校低学年だった子どもたちは、気づけば歌を口ずさむように。年中の生徒さんにもおすすめして、毎日くり返し聞いてもらったところ、きれいな発音でしっかりと歌を歌えるようになりました。

特にオススメの年代

赤ちゃん~小学生までOK!英語に初めて触れる子どもも楽しく聞ける曲ばかりです。

活用法

  • 車の中や家での聞き流しをすると、知らぬ間に子どもが歌を覚えます。
  • 動画を見ながらお気に入りの曲のふりつけを覚えましょう!楽しみながら曲をマスターできます。

特にオススメの曲

  • “Seven Steps”
  • 1から7までの数をあっという間に覚えられます。

  • “Walking Walking”
  • この動画を見ながら、一緒に踊りを覚えると動きと英語のことばが結びつきます。レッスンでも大人気の曲です。

  • “Head Shoulders Knees & Toes (Speeding Up)”
  • 英語の歌と言えばこの歌! というほど有名な曲ですが、こちらのバージョンは、どんどんスピードが上がります。動画を見ながら2~6歳くらいの子どもたちと一緒にやると、大喜びします。

童謡や手遊びの定番曲を楽しく聞き続けられる『The Best of Wee Sing

Wee Sing』シリーズは、アメリカ生まれの、CDやカセットなどの音源と歌詞がついたブックレットのシリーズです。昔から歌われてきた童謡や子ども向けの歌が入っており、多くの子どもたちに親しまれてきました。

手遊び歌がたくさん入った『Wee Sing Children’s Songs and Fingerplays』や、ハロウィンやクリスマスの曲だけ入ったブックレットなど、用途別にさまざまなブックレットが発売されています。今回おすすめしている『The Best of Wee Sing』は、その名の通り、ベスト盤。人気曲がたくさん入っています。

驚くべきは、クオリティの高さと価格。かわいらしい子どもの声で歌われていて、聞きながら明るい気持ちになります。歌詞ブックレットも楽譜やイラストも入った手の込んだ内容になっており、それだけ読んでいても楽しめます。ここまで至れり尽くせりなのに、Amazonでの販売価格は1500円未満(2019年9月現在)。小さいうちから聞いておけば、英語のレッスンなどで歌を習った時、「聞いたことがある!」という曲ばかりになるはずです。

特にオススメの年代

赤ちゃん~就学前のお子さんに特にオススメ。

初心者~OK。ネイティブの子ども向けに作られているので、話し言葉が速く感じるかもしれませんが、何度も聞いていくうちに耳が慣れていきます。

活用法

特に、車の中や家での聞き流しがおすすめです。一緒に聞く保護者にとっても、ネイティブの英語に触れる良い機会になります。

特にオススメの曲

  • “If You’re Happy”
  • CD全体を通しても言えるのですが、ネイティブの子どもが自然な発音、スピードで歌っているので、英語の音に慣れるのに最適です。一緒に動きを覚えて車などで歌うと、さらに楽しめます。

  • “Eentsy, Weentsy Spider”
  • 英語の歌の定番中の定番。クモが主人公の曲ですが、このバージョンは曲調がかわいらしく、赤ちゃんからでも親しみやすい雰囲気です。

英語教育サイトの人気曲を集めた『Pinkfong Presents: The Best Of Baby Shark


Pinkfongは韓国の教育エンターテイメント会社が運営している、英語教育サイトです。アプリ、YouTubeなどのコンテンツを幅広く展開しており、カラフルなキャラクターが人気を博しています。どのコンテンツも遊んでいるうちに自然と英語(ネイティブの英語)が身につけられるつくりになっており、韓国をはじめとして世界中で視聴されています。

そんなPinkfongの人気曲を集めたCDが、今回ご紹介する『Pinkfong Presents: The Best Of Baby Shark』です。どの曲も、どことなくK-POPを思わせるようなポップで楽しいメロディ、リズムが印象的です。曲のテーマは家族の呼び方、動物、恐竜などが多めです。ノリノリの曲を聞いていくうちに、英語が体に染み込んでいきます。

特にオススメの年代

年少~小学生。

初心者から聞けますが、わりとスピード感があるので、少し英語に慣れているお子さんにおすすめです。まだあまり英語に慣れていないお子さんの場合は、CDを聞き始める前に、YouTubeで動画を見て歌に慣れておくのがおすすめです。

活用法

YouTubeの動画との併用がおすすめです。YouTubeを視聴して、目と耳を通して言葉を覚え、普段の生活でも同じ曲をかけてあげると、覚えた内容が定着します。

特にオススメの曲

  • “Baby Shark”
  • レッスンで家族の呼び名を教えるときに、必ず使っている曲です。キャッチ―なフレーズで、一度聞くと頭からなかなか離れません。

  • “Under the Sea”
  • こちらの歌は、海の生物についてのレッスンをおこなう時に使っています。動画を見せると、子どもたちは釘付けに。何度も繰り返し見聞きするうちに、自然と生物の名前を覚えます。

まとめ

英語のCDはたくさんあるので、私自身、子どもが生まれたばかりの時や、英語講師を始めた頃は、どれを選べばよいか迷いました。「とりあえずスタンダードな歌が入っていればいい!」と思って選んだら、子どもにあまり好まれず、お蔵入りになったCDもあります。今回ご紹介した3つのCDは、いろいろ試した中で、自分の子どもやレッスンの生徒の反応がもっとも良かったシリーズです。3つとも個性が異なるので、まずは実際にお子さんに動画や歌を見せたり、聞かせてみることをおすすめします。そして、お子さんが好きそうなCDを選び、車や家にいるときにかけてみてください。

【関連記事】子どもが英語好きになる! 英語絵本の読み聞かせのコツ

The following two tabs change content below.
曽我美穂

曽我美穂

英語講師・ライター。大学在学中にニュージーランドの大学に交換留学。英語で授業を受け単位を取得。卒業後は英語学校の広報としてバイリンガルな環境で7年間働く。2013年に英語教室RAINBOWを開設。これまでに未就園児から大人まで70人以上を指導。TOEIC965点。二児の母。
cds-for-kid