スタンフォード大の言語発達研究から、赤ちゃんの英語の発話を促す2冊が誕生!

英語圏の赤ちゃんの発話ランキングデータをもとに作られた絵本、『頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりえほんEnglish』と『頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりずかんEnglish』が、株式会社主婦の友社より、2冊同時発売されました。

同社より出版されている『頭のいい子を育てるシリーズ』は、累計150万の部数を誇る人気を博してきました。既刊の『あかちゃんごおしゃべりえほん』シリーズは、赤ちゃんがはじめて話した発話データにもとづいて作られているため、赤ちゃんがホントにしゃべり出した!と人気です。

この人気シリーズの続編にあたるEnglishシリーズは、スタンフォード大学David and Lucile Packard財団 人類生物学教授マイケル・C・フランク氏により監修されました。米国の言語発達研究の分析結果に基づいた、英語ネイティブの赤ちゃんが最初に話しだす言葉がたっぷり盛り込まれています。

読み聞かせ絵本『あかちゃんごおしゃべりえほんEnglish』

スタンフォード大学の言語発達研究から生まれた!あかちゃんがスラスラ英語をしゃべりだす絵本発売

『頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりえほんEnglish』は、英語圏の赤ちゃんが最初に話しだす言葉ランキング100位からセレクトした言葉をつないでストーリーにした、読み聞かせ絵本です。“daddy”(パパ)などの身近な言葉から、“woof woof”(ワンワン)など動物の鳴き声、“uh oh”(あーあ)のような感嘆語など、かわいいイラストと一緒に楽しめます。1つの単語が連続して2回ずつ繰り返される構成になっているため、繰り返しの大好きな子どもが楽しんで英単語を認識できます。

スタンフォード大学の言語発達研究から生まれた!あかちゃんがスラスラ英語をしゃべりだす絵本発売 スタンフォード大学の言語発達研究から生まれた!あかちゃんがスラスラ英語をしゃべりだす絵本発売

身の回りの言葉をまとめた図鑑『あかちゃんごおしゃべりずかんEnglish』

『頭のいい子を育てるプチ あかちゃんごおしゃべりずかんEnglish』は、英語圏の子どもがはじめて話しだす言葉のランキング500位からセレクトした言葉を、「family」や「food」、「animal」などのカテゴリーごとに分類した図鑑形式の絵本です。赤ちゃんにとって身近なもの・こと・動作などがまとめられているため、身の回りの世界を英語で探求することができます。

スタンフォード大学の言語発達研究から生まれた!あかちゃんがスラスラ英語をしゃべりだす絵本発売 スタンフォード大学の言語発達研究から生まれた!あかちゃんがスラスラ英語をしゃべりだす絵本発売

ネイティブによる読み聞かせ音声つき

巻末にはスマホやパソコン、タブレットなどでネイティブの読み聞かせ音声が聞けるQRコードが付いています。「正しい発音で読み聞かせをする自信がない」という保護者の方も、安心して赤ちゃんと絵本を楽しむことができます。また、赤ちゃんと楽しく会話をしながらページをめくれるように、言葉と言葉の間には3~5秒の間隔が設けられています。


「子どもと英語の絵本を楽しみたいけど、どれを選んだら良いかわからない」、「英語を教えたいけど自分の発音に自信がない」という保護者の方々は、ぜひ一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
rina

rina

大学4年次にオーストラリアへ1年間の交換留学。留学中は大学生寮で日本の文化や食を紹介するイベントの開催や、Sydney Festivalでのボランティア、シドニー国際空港にて旅客案内のインターンシップなどを経験。その後、在学中に英検1級、TOEIC925点、英語科教員免許(中・高)を取得。現在は接客業に就き、英語を生かして世界中のお客様をおもてなししている。