プロが教える「おうち英語」のススメ。親子で歌ってみませんか?定番キッズソングは最高の子ども英語学習ツール!

小さな子どもは、歌ったり体を動かしたりすることが大好きです!英語圏には振り付けや手遊びがついた、日本語の歌とは一味違う楽しいノリの曲がたくさんあります。英語を口ずさみながら体を動かすことで、子ども達が「英語は楽しい!」と、英語を好きになる入口になります。

学習面では、英語を聞きながら動くことで、知らず知らずのうちに英語の意味を理解し、単語やフレーズを覚えられる効果もあります。また、英語のリズムやアクセント、発音も自然と磨かれていきます。

YouTubeには、そんな英語のキッズソングのカラフルでウキウキする雰囲気の動画がたくさんアップされています。まずは親子でチェックして、お気に入りの歌を見つけてください。そして、発音や歌の上手い下手は気にせず、ぜひ親子で英語の歌遊びを毎日の生活に取り入れてみてください!

1.歌で英語を学ぶメリット。英語のキッズソングが効果的な理由とは?

英語教室の講師を務める私は、小学1年生くらいまでの子ども向けレッスンでは、毎回半分以上の時間を歌やダンスに費やしています。なぜそんなに英語の歌を使うのか、その理由は英語のキッズソングには、子どもが英語を効果的に学ぶことができるメリットがたくさんあるからです。今回は大きく3つに分けて、そのメリットをご説明します。

メリット① 子どもは歌が大好き!

英語の歌に親しむことは、英語を好きになるきっかけになります。英語の歌の大きな魅力は、日本語とはまた違った雰囲気の、楽しい手遊びや踊り。今はYouTubeに英語のキッズソングの動画がたくさんアップされていますが、どの曲もカラフルな色使いで、見ているだけでウキウキしてきます。楽しい歌を選んで親子で親しんでいるうちに、子どもは「英語って楽しい!」という気持ちになります。その結果、英語が好きになり、もっと英語の歌を聞きたくなる…という良い循環が生まれます。

メリット② 英語のリズム感が養われる!

小さい頃は英語の発音やアクセントを身につける黄金期。ネイティブの歌う英語の歌をたくさん聞き、真似していくうちに、自然と英語を聞く耳が育ち、英語のリズムやイントネーション、発音を身に付けることができます。私のレッスンでも、特に就学前の子どもは、英語を聞いたままの音でリピートすることができるので、ネイティブに近い発音やアクセントで歌ったり、話したりできるようになる子が多くます。微妙な音の違いも聞き分けて発話できる小さい子どもの能力には、講師である私も驚かされます。

メリット③ 第二言語習得理論に裏付けられた、体を動かして学ぶ効果

歌で英語を学ぶことは、第二言語習得理論の観点からも効果的な方法です。外国語を聞いて体で反応し、動作を通して学ぶTPR(Total Physical Response)という指導法があります。これは特に子どもに有効な方法論として、世界中で広く用いられています。TPRでは動作の指示を聞いたらその通りに動く、というのが基本です。具体的には“run”と聞いたら走ろう、“clap your hands”と聞いたら手をたたこう!といった教え方をします。英語の歌には、このTPRの要素が含まれる曲が多いです。

例えば、日本でも有名な「幸せなら手をたたこう」の英語バージョン “If You’re Happy”は、その代表格です。

英語の歌を使ったアクティビティは、楽しいだけでなく、第二言語習得理論に基づいた学習面での効果も期待できる方法なのです。

2.プロが実践する、子どもと英語の歌を楽しむためのステップ&フレーズ

次に、おうちで英語の歌やダンスを楽しむ際の手順や、声がけに役立つフレーズをお伝えします。

英語の歌やダンスを取り入れるおすすめの手順

私がレッスンで歌を教える際は、下記の手順でおこなっています。

  1. 最初に動画を見せて、歌の雰囲気をつかんでもらう
  2. 私がゆっくり歌をうたいながら、子どもに動作を促していく
  3. 動画で歌をかけて、まずは子どもと一緒に動作(ダンス)から練習していく
  4. 2回目からは「できれば歌ってみてね」と声がけして、少しずつ歌も入れていく
  5. 毎回のレッスンで、覚えた歌やダンスを繰り返し続けていく

おうちで取り組む場合は、こうしたステップを無理のない頻度で繰り返すのが良いと思います。毎日、毎週、2週間に1度など、子どものやる気に合わせて柔軟に対処してみてください。

おうち英語TIP①「まずは英語の歌を聞いて楽しむところから」

最初から英語で歌うことは期待せず、まずは曲を聞いて体を動かすところから始めましょう。人が言語を習得するプロセスは「聞く→話す」です。まずは英語を聞いて歌詞に合わせた動きができるようにするところまででOKです。

英語の歌を楽しむ雰囲気作りに便利な声がけフレーズとは

また、私がレッスンで英語の歌やダンスを扱う時は、子ども達が英語の歌の世界にすっと入っていけるよう、積極的に英語で声がけするよう心掛けています。

さあ一緒に歌って踊ろう!始める時の声がけのフレーズ
Let’s sing!(さあ一緒に歌おう!)※歌う前に
Are you ready?(準備はいいかな?)※歌う前、動作の説明の前など
Can you do this?(この動作はできる?)※動作の説明の時に

笑顔とともに、思いきりほめてあげましょう!「ほめ言葉」フレーズ
Good job!(上手にできたね/すごいね!)
Well-done!(上手にできたね!)

おうち英語TIP②「英語らしいノリや空気を作ろう」

英語の歌を楽しむために、子どもを盛り上げる声がけフレーズのイチオシは、ジェスチャー付きのこちらです!
Hi five!(やったね!ハイタッチをしよう!)
この言葉を言って手と手を合わせる動作(日本で言うハイタッチ)をすると、英語らしいテンションの空気を簡単に作ることができます。

3.レッスンでも大人気!おすすめの定番キッズソング4選

未就学児~小学1年生くらいまでのレッスンで使っているおすすめの曲を、その曲を通じて覚えられるフレーズや言葉とともに4つ、紹介します。

【歌に合わせた動作でTPRの効果が実感できる!「Walking Walking」】

冒頭でご紹介した体の動きを通して英語を身につけるTPR(Total Physical Response)の効果が実感できる曲です。walk(歩く)、 hop(飛ぶ)、 run(走る)といった動作と言葉を一緒に覚えるのに、とても効果的な歌です。だんだんリズムが速くなるので、夢中になって、ゲーム感覚で取り組める点もポイントです。

【未就園児~年中さんに大人気!「What is it song」】

親:What is it? (それは何?)
子:I don’t know.(知らない/わからない)

というフレーズを、動作と共に、しっかり覚えられます。特に“I don’t know.”は、この歌でフレーズと動作をセットで覚えることで、ジェスチャーを見せるだけで“I don’t know.”というフレーズが出るようになります。ちなみに、私のレッスン中に、生徒が答えられない時は、この動作を見せて “I don’t know.”と言うように促しています。

【ボディーパーツの学習ならこの2曲!「Head Shoulders Knees & Toes」「One Little Finger」】

英語キッズソングの定番中の定番ですが、歌いながら体と顔のパーツをタッチすることで、ばっちり単語を覚えられる名曲です。

こちらも体と顔のパーツに触れながら単語を覚えることができます。それに加えて、“point your finger up/down”など、動作を表現するフレーズも自然と身に付くので、おすすめです。

Point your finger up. (上を指さして)
Point your finger down. (下を指さして)
Put it on your~.(~の上において)

おうち英語TIP③「覚えたフレーズを活用して単語力を鍛える」

子どもはお気に入りのフレーズは何度でも繰り返して歌います。こうした繰り返しを楽しめる子どもだからこそ、せっかく覚えた歌のフレーズは単語の復習や新しい単語の学習にフル活用してください。

例えば、上で紹介した「One Little Finger」であれば、歌詞の1フレーズ、“Put your finger on your ~.”を使って、「~」のところに入る体のパーツと違うところを指差す、または指差した場所と異なる体のパーツを言うなどして、〇✕形式のクイズをすると、単語を覚えたかどうかをゲーム感覚で確認できます。また、同じフレーズを使って、歌では紹介していない新しい体のパーツの単語を増やしていくこともできます。

まとめ

英語のキッズソングは楽しみながら英語に親しむための最高のツール!楽しいだけではなく、学習面でのメリットも多く英語力を伸ばす効果も高いです。まずは親子で一緒に楽しめそうな曲を選び、聞き流すところから始めても良いので、遊び感覚で日々の生活に英語の歌を取り入れていきましょう!

【関連ページ】【完全版】おすすめ子ども向け英語教材を年齢別にセレクト
【関連ページ】自宅で英語レッスン!子ども向けオンライン英会話を徹底比較

The following two tabs change content below.
曽我美穂

曽我美穂

英語講師・ライター。大学在学中にニュージーランドの大学に交換留学。英語で授業を受け単位を取得。卒業後は英語学校の広報としてバイリンガルな環境で7年間働く。2013年に英語教室RAINBOWを開設。これまでに未就園児から大人まで70人以上を指導。TOEIC965点。二児の母。