英語4技能を伸ばせる『新レインボー小学英語辞典』、2020年新学習指導要領実施に向け学研が発売

英語がはじめてでも使いやすい小学生向けの『新レインボー小学英語辞典』が、株式会社学研ホールディングスのグループ会社、学研プラスより発売になりました。

2020年度の新学習指導要領の実施に伴い、小学校3年生から「外国語活動」が実施され、小学5・6年生では「外国語」が正式な教科になります。『新レインボー小学英語辞典』は、小学校で英語を学ぶことになる子どもたちが、6年間、楽しく負担なく使い続けられるような使いやすさを追求して作られました。ワイド版(A5サイズ・オールカラー)小型版(B6サイズ・オールカラー)の2種類があり、用途や好みに合わせて選べます。

『新レインボー小学英語辞典』の特徴は以下の通りになります。

見やすさ

子どもが使って「楽しい」と感じられるよう、明るめの発色のカラーが取り入れられています。ただカラフルなのではなく、学習効果を考慮した色使いになっており、読みやすく理解しやすいように文字の書体やサイズが調整されています。

easy-to-see

わかりやすさ

同じ意味を持つ異なった単語の使い分けが、イラストと共に紹介されています。また、絵辞典・英和・和英の3部構成となっており、絵辞典では絵本感覚で英語に親しむことができます。

授業に対応できる

2020年からの新学習指導要領に対応し、「教室英語」や「小学英語必修フレーズ」コーナーが設けられているほか、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語4技能が身につくように、以下の工夫がされています。

  • 聞く:英語の発音(単語・例文)をすべて収録した無料ダウンロード音声
  • 話す(やり取り):日常会話でよく使われる表現を「ミニ会話」の対話形式で収録
  • 話す(発表):小学英語でよく発表に使われる表現を紹介し、言う練習もできる
  • 読む:小学生が読んで言ってみたい例文を豊富に収録
  • 書く:アルファベットや単語を書く練習ができる別冊ノートつき

発表練習
別冊ノート

収録語数の多さ

NHK「えいごであそぼ」「えいごであそぼwith Orton」の総合指導を担当している佐藤久美子先生監修のもと、小学校・中学校で習う語と英検3級レベルまでの語を分析し、小学生が日常でよく使う言葉を中心に身近な語を約16,690項目収録しています。「語数が多ければ出会う言葉も多くなる」「知らない言葉に触れることで、言葉を通じてモノやコトに興味を持ってほしい」という思いから選ばれた語は、英語初級者から中学入門期まで幅広く使えるほど充実しています。

『新レインボー小学英語辞典』は、言葉を調べると同時に「聞く・話す・読む・書く」の4技能を身につけ、楽しく英語に親しむことができる1冊です。新年度に向け、英語辞典の購入を考えている方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

商品概要

商品名 新レインボー小学英語辞典
監修 佐藤久美子
判型 A5もしくはB6、いずれも976ページ
定価 ワイド版(A5サイズ・オールカラー):2,800円(税抜)
小型版(B6サイズ・オールカラー):2,500円(税抜)
The following two tabs change content below.
Yoko

Yoko

海外留学や夫の赴任で海外在住経験あり。留学時代は住み込みのベビーシッターからホテルのレセプションまで様々なアルバイトも経験。海外で出産して現在は一児の母。子供が母国語以外の言語をいかに楽しく自然に身につけることができるか興味を持ち、ベビーシッター時代の経験をもとにいろいろと研究中。