休校中の自宅学習にも!現役英語講師が選ぶ、小学生向け無料英語学習サイト4選

online-learning

新型コロナウイルスの感染予防のために全国の多くの学校で行われている休校措置により、家での時間を有効活用できるオンライン学習コンテンツを探している保護者の方も多いのではないでしょうか?様々なメディアでオンライン学習コンテンツが紹介されていたり、特別コンテンツを提供しているサービスもあったりしますので、すでにオンライン学習を活用している方もいるかもしれません。

今回は、そんな数あるオンライン英語学習コンテンツの中から、現役英語講師である筆者がレッスンでもよく活用している、小学生に特におすすめの無料英語学習サイトを厳選してご紹介します。お子さまが家での時間を持て余しがちな今は、英語に親しむことのできる貴重な機会とも言えるかもしれません。ぜひ活用してみてください。

1. 遊びながら英語の読み方が身につく「Starfall.com」

Starfall
Starfallは非営利組織が運営している教育サイトで、無料で利用できます。特におすすめのコンテンツは、アルファベットが学べる「ABCs」と単語の読み方が身につく「Learn to Read」です。

「ABCs」では、一つひとつのアルファベットの発音や単語を、アニメーションを見ながら確認できます。「Learn to Read」では、そのステップアップとして、”pan”、”big”など、アルファベットをつなげた時の単語の読み方を学べます。ゲーム感覚で直観的に学べるので、楽しく遊んでいるうちに自然と単語の読み方のルールを身につけることができます。小さいころから単語の読み方とその仕組みを覚えておくと、中学生以降に単語を覚える時に、楽に覚えられるようになります。

「ABCs」と「Learn to Read」は、アプリ(無料)にもなっており、以前『英語の読み書きに必要な「フォニックス」を自宅で子どもに楽しく身につけさせる方法4選』の記事でもご紹介しました。タブレットやスマホの方が取り組みやすいという方にはアプリもおすすめです。

2. 英語で外国の文化や算数も学べる「Education.com」

Education
Education.comは、入園前~年少程度(Preschool)から小学5年生向け(5th Grade)までの、読み書き、算数、理科、社会など様々な教育素材がプリント、ゲームなどのかたちで入っているサイトです。膨大な量の教育素材が入っているので、検索機能を活用し、対象学年と素材の種類(ワークシート、ゲームなど)を選択し、”fruit”や”Easter”など、学ばせたいテーマを入力して検索するのがおすすめです。

このサイトは、ネイティブのお子さんの家庭学習や、学校の授業での教材としての使われ方も考えられているので、内容が本当に充実しています。注意すべき点は、会員登録が必要であることと、一定以上のコンテンツを使用するには費用がかかること(毎月約16ドル)です。まずは無料会員として使ってみて、もしより多くのコンテンツを活用したくなったら、有料会員になることを検討してみてもよいでしょう。

3. 歌とそれに連動したプリント教材が充実!「Super Simple Learning」

super-simple-learningSuper Simple Learningは、英語の歌をアニメ等の動画と共に配信しているウェブサイトです。配信元は日本に拠点を置く英会話スクール。楽しい動画、覚えやすくてキャッチ―な歌詞とメロディが世界中で人気を博しており、YouTubeのチャンネルの登録者数は2000万人を超えています(2020年3月時点)。

人気曲「Do You Like Broccoli Ice Cream?」の視聴回数は5億回を超えています(2020年3月時点)。私のレッスンでもよく見せていますが、未就園児から小学生まで、みんな笑いながら見入ってしまう魔法のような歌です。こうした歌を子どもと一緒に観たり、歌ったりするだけでも大きな学びになります。

さらに学びを深めたい方は、”FREE PRINTABLE”のページにある無料のプリントやカードをダウンロードするのがオススメです。簡単な塗り絵から、歌詞を聞き取る穴埋め問題までいろいろあります。

4. ゆるく楽しく読み方が身につく日本語のサイト「あいうえおフォニックス」

あいうえおフォニックス
あいうえおフォニックスは、ローマ字と英語を混同しがちな日本の子ども向けに、フォニックスの基本を教えてくれるウェブサイトです。

ファジーとアリーというゆるキャラ風のキャラクターが、やさしく楽しく教えてくれます。筆者は小学生向けのレッスンで毎回、「あいうえおフォニックス」の動画を見せており、生徒たちは楽しく学んでいます。大人にとっても目からウロコの情報が満載なので、ぜひ親子でもお楽しみください。

おまけ:アメリカで人気のオンライン教材「ABCmouse」

アメリカで人気のオンライン教材ABCmouseは、残念ながら無料ではないので「おまけ」とさせていただきました。現在は、楽天を通じて申し込みができ、最初の1か月間だけ無料で試すことができます。

アメリカの子ども向けに作られているので、発音はすべてネイティブの発音。あまり英語が分からなくても、ゲーム、デジタルえほん、パズル、音楽など多様な教材をやりながら、直感的にものごとを理解しつつ進められるので「お勉強」という感じがしません。継続する場合はお金がかかりますが、受講料は一カ月あたり約1,067円(税込/1年プランを楽天ID決済した場合)~と、英会話スクールに通学する場合と比べるとかなり安いので、楽しみながら英語に触れてもらいたい、という方は試してみてください。

まとめ

子どもが家にいる時間を有効活用させたいと考えている保護者の方は、今回ご紹介した無料の英語学習コンテンツで英語に触れさせてみるのはいかがでしょうか?小学生のうちに楽しいコンテンツで「英語が好き」という気持ちを育てることができると、中学以降の英語学習もスムーズに進めることができます。ぜひこの機会を活用し、英語の楽しさに触れさせてあげてください。

【関連ページ】現役英語講師が厳選!YouTubeの子ども向け英語学習チャンネル年齢別4選

The following two tabs change content below.
曽我美穂

曽我美穂

英語講師・ライター。大学在学中にニュージーランドの大学に交換留学。英語で授業を受け単位を取得。卒業後は英語学校の広報としてバイリンガルな環境で7年間働く。2013年に英語教室RAINBOWを開設。これまでに未就園児から大人まで70人以上を指導。TOEIC965点。二児の母。
online-learning