ハーバード大・エール大など、世界のトップ大学進学者のリアルな声が聞ける「ルートH」オンラインイベント開催

ベネッセコーポレーションが運営する、海外トップ大学進学塾「Route H(ルートH)」が、将来世界のトップ大学進学を目指す中高生向けに「海外トップ大進学ガイダンス」を5月31日(日)にオンラインで開催します。

国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成を目標に、文部科学省による「トビタテ!留学JAPAN」や、東京都の「次世代リーダー育成道場」、熊本県の「海外チャレンジ塾」など、近年高校生以上の学生を対象とした留学促進の動きが加速しています。一方で、日本から海外のトップ大を目指して進学する学生の数は未だに限られていて、具体的な情報が少ないのが現実です。

本イベントは、将来世界のトップスクール留学にチャレンジしたいという中高校生への情報提供を目的としたガイダンスです。今年の海外トップ大合格者や、現在ハーバード大、エール大、プリンストン大などに留学中のルートHの卒業生数名が登壇し、米国の大学進学適性試験であるSAT対策や、自己PR・志望動機などのエッセイの書き方、願書作成のポイントを教えるなど、自ら難関を勝ち抜いた先輩からリアルな体験談を聞くことができます。

また、実際の留学生から「海外トップ大留学の意義」について聞くことで、進路選択や英語学習に役立つ情報を得ることもできます。

前回のイベントでは高校生60名以上が参加し、「アドミッションオフィサーに聞いた、どうやったら目立てるの?」など、気になるテーマをピックアップしながら、登壇者である現役のハーバード大生やエール大生らとオンラインで交流しました。

ルートHの「海外トップ大学進学ガイダンス」は6月以降も随時開催予定なので、今回予定が合わない方も次回以降で参加することができます。

海外トップ大進学塾 「ルートH」とは

「ルートH」は海外進学対策用の少人数制の専門塾です。2008年の開校以来、海外大学進学を志す中高生に、人物重視かつ本質的な力が問われる海外トップ大入試に向けた適応力を身に付けるための指導を続けています。受講生は海外大学進学対策だけでなく、留学後も力を伸ばし続けることができるような学習方法や思考力、コミュニケーション能力も学ぶことができます。

2020年度には、ハーバード大(2名)、エール大(3名)、プリンストン大(3名)など、世界の名だたる大学に合格者を輩出。これまでに、ハーバード大、エール大には11年連続、プリンストン大には8年連続で合格者を出しています。

海外トップ大進学ガイダンス 開催概要

願書作成やエッセイ、受験スケジュールなどの戦略全般を含む、海外トップ大留学に関する120分のオンラインガイダンスです。

【開催予定】2020年5月31日(日)14~16時
【対象】全米トップ大受験を視野に入れる中高生
【登壇者】「ルートH」卒業生より数名予定
【定員】50名
【参加費】無料
【参加方法】「Zoom」を使用。(当日使用するZoomのURLは参加決定後に通知)
【申込方法】公式フォーム( https://my.ptsc.jp/benesse-glc/inquiry_pc?i=infosession
)より申込
※参加人数に限りがあり、先着順となります


合格者のリアルな声が聞ける「ルートH」主催の「海外トップ大進学ガイダンス」。世界中から集まる優秀な学生たちと学んでいる留学生の姿を肌で感じることができる貴重な機会でもあるイベントです。将来の留学を考えている中高生の方はぜひ参加してみてください。

【参照サイト】 Route H公式サイト

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。