イード・アワード2018「子ども英語教室」・「子どもオンライン英会話」発表!

株式会社イードが運営する教育情報サイト「リセマム」は、子ども英語教室、子どもオンライン英会話の顧客満足度調査を実施し、その結果にもとづき、イード・アワード2018「子ども英語教室」イード・アワード2018「子どもオンライン英会話」を発表しました。 

イード・アワード2018「子ども英語教室」結果

子ども英語教室についての調査は、3ヵ月以上継続して英語教室に通う未就学児(0〜6歳)と小学生の保護者を対象として2018年3月にインターネットで実施され、「子どもの気に入り度合い」、「講師」、「教材」、「効果」、「コストパフォーマンス」、「ブランド信頼度」および「総合満足度」について評価する1,000票以上の有効回答が集められました。これをもとに、最優秀賞、優秀賞のほかに、「子どもが好きな英語教室」、「先生がよい英語教室」、「教材がよい英語教室」などの各部門賞が発表されています。

未就学児の最優秀賞には「セイハ英語学院/ラビスクール」、優秀賞には「AEON KIDS (イーオン こども英会話)」と「Benesseこども英語教室」が輝きました。「セイハ英語学院」は、全国の500以上のショッピングセンター内に教室を構える子ども専門の英語学校です。「Benesseこども英語教室」はこの4月より、「こども英会話のミネルヴァ」とブランド統合し「ベネッセの英語教室 BE studio(ビースタジオ)」として教室を展開しています。

部門賞では、「セイハ英語学院」が「子どもが好きな英語教室」、「AEON KIDS (イーオン こども英会話)」が「先生がよい英語教室」「効果がある英語教室」、「Benesseこども英語教室」が「教材がよい英語教室」「コスパのよい英語教室」「ブランド信頼度の高い英語教室」としても選ばれ、それぞれが高評価を得た項目が明らかになりました。

小学生の最優秀賞は「COCO塾ジュニア」、優秀賞は「学研教室の英語」と「KUMONの英語」が獲得しました。COCO塾ジュニアは部門賞でも、「子どもが好きな英語教室」、「先生がよい英語教室」、「効果がある英語教室」、「ブランド信頼度の高い英語教室」を受賞しています。

イード・アワード2018「子どもオンライン英会話」結果

子どもオンライン英会話に関する満足度調査では、3か月以上継続してオンライン英会話を受講している未就学児(0〜6歳)と小学生の保護者により、「操作性」、「予約のとりやすさ」といったオンライン英会話サービスならではの項目を含む10項目が5段階で評価されました。調査は2018年3月に実施され、187の有効回答を得ています。

その結果から最優秀賞に選ばれた「COCO塾ジュニア オンライン英会話」は、「先生がよいオンライン英会話」、「教材がよいオンライン英会話」、「効果があるオンライン英会話」、「レッスンプランが充実しているオンライン英会話」、「コスパのよいオンライン英会話」など、計8部門で部門賞も受賞し、高い支持を得ていることがわかりました。その他、部門賞では「子どもが好きなオンライン英会話」を「DMM英会話」が受賞しています。

経験者の満足度を参考に

大学入試改革や、小学校で2020年に完全実施されるという新学習指導要領などを念頭に、子どもの英語教育に関心を持つ家庭が増えています。英会話スクールへの通学やオンライン英会話の利用を考えるとき、たくさんあるサービスの中から1つを選ぶのは簡単なことではありません。「イード・アワード」の各部門賞の結果からは、親や子が重視する項目別に経験者の評価を知ることができ、子どもに適した学習の場を模索する際の判断材料となるでしょう。

【参照サイト】イード・アワード2018「子ども英語教室」保護者が選ぶ満足度No.1、結果発表について | 株式会社イード
【参照サイト】イード・アワード2018「子どもオンライン英会話」保護者が選ぶ満足度No.1、結果発表について | 株式会社イード

The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。