通訳トレーニングの定番「サイトラ」って何?方法と効果を徹底解説

英語力を磨くためのトレーニング方法は多く存在し、現在でも新しい学習方法が開発されています。そんな数ある英語学習方法から今回ご紹介したのが「サイトラ」と呼ばれる方法です。サイトラはもともと通訳者育成のためのトレーニングでしたが、近年では一般の英語学習者にも広く使われています。そこで、今回はサイトラの効果や方法について詳しくご紹介したいと思います。「もっと英語力を上げたい!」という方はぜひ参考にしてください。

サイトラとは?

サイトラとは「サイトトランスレーション(sight translation)」の略語です。サイトトランスレーションとは、英文を「チャンク」と呼ばれる意味のかたまりごとに区切り、前から訳していくトレーニングの方法のことを指します。サイトラは英語通訳者になるプロセスで必ず受ける通訳訓練法として採用されており、一般の英語学習者にとっても有益なトレーニング方法としても知られています。

一般的に日本の英語教育では「英文は文の終わりから訳すこと」や「最後まで読み終えてから訳すこと」が教えられています。しかし、このような英文理解の方法では正確に訳せてもスピードが遅いという大きなデメリットがあります。サイトラは従来の英文和訳とは正反対で、語順通りに日本語へ訳していきます。従来の英文和訳に慣れている場合、サイトラ開始当初は難しいと感じるかもしれませんが、継続していくうちに問題なく訳せるようになります。

サイトラの効果

では、サイトラを続けていくことで英語能力にどのような効果があるのでしょうか?サイトラの効果は主に以下の3点になります。

1. 英文読解力の向上

サイトラを続けていくことで、英文読解力が大きく向上します。文章の終わりまで読まなければ英文を理解することができない状態から、文章の冒頭から文末までを語順通りに理解することができるようになります。サイトラにより前から意味を捉えていくことに慣れると、戻り読みをする癖もなくなるため、読解速度も向上していきます。考えてみればわかりますが、ネイティブスピーカーは文章の終わりまで読んでから意味を理解するのではなく、冒頭から「どのようなことを伝える文章なのか?」と意味を推測しながら語順通りに読み進めています。つまり、サイトラはネイティブスピーカーと同じように英文の意味を前からキャッチしていくトレーニングであり、「大切な情報は文章の先に置く」という英語特有のロジックを身に染み込ませることができます。

2. リスニング力の向上

サイトラは本来、通訳者の育成のために使われる訓練法です。そのため、リスニング力を向上させる効果もあります。英文を使ってサイトラのトレーニングを重ねることで、対人との英会話においても自然と文章のはじめから意味を捉えていけるようになります。英文読解の場合は自分のペースで読み進み、理解していくことができますが、英会話の場合は相手のペースで話がどんどん進んでいきますし、戻り読みなどもできないため、リスニングにおいては「英文は頭から理解していく」ということがより一層重要となります。サイトラにより、英語を英語の語順のまま前から瞬時に理解することができるようになれば、自然とリスニング力も上がります。

3. 英語によるインプット量の増加

サイトラにより得られる効果としてもっとも有益な点は「英語によるインプット量が増加すること」だと言えます。サイトラにより、学校で教わった従来の英文和訳方法から抜け出し、英語特有の論理性を身につけることができれば、英語そのものに対する拒絶感も想像以上になくなり、英語による情報収集が簡単になります。また、読解速度も上がるため同じ時間でもより多い文章に触れることができるようになりますし、リスニング力も上がるため英会話に対する自信も生まれます。サイトラを身につける前と後では、同じ時間を使ったとしても、得られる情報量は大きく変化するでしょう。

サイトラの方法

「英文を語順通り訳していくこと」がサイトラの方法であり、何かと難しく考える必要はありません。しかし、以前にサイトラを行った経験がない初心者の方にとっては、最初から英文を頭から和訳して理解するのは非常に難しいでしょう。ここではサイトラ初心者の方がサイトラに慣れていくステップをご紹介します。

サイトラの方法

サイトラは、下記の手順で取り組んでいきます。

  1. 単語・文法を一通り理解できる英文(教材)を用意する
  2. 1つの文章を(/)を入れながら意味のかたまりを作りながら訳していく

例えば、下記のような英文があったとります。

I am writing about sight translation bacause it is the best way to improve English skills

この場合、下記のようにチャンクごとに文章を区切り、これを前から声に出して訳していきます。訳すときは、英語→日本語、英語→日本語、という順番でチャンクごとに英語を読んでから和訳をしていきます。

I am writing / about sight translation / bacause it is the best way/to improve English skills(私は書いている/ サイトラについて/なぜならそれはベストな方法だから/英語力を伸ばすため)

これだけ。非常にシンプルです。文章のどの部分に(/)を入れればよいのか?と疑問に感じた方もいると思います。基本はチャンクだけで意味が理解できるが大前提になります。

たとえば、「I am/writing about sight translation bacause/ It is the best/ way to improve English skills」のように(/)を入れた場合、効果的に意味のかたまりを作れておらず、とても理解がしにくいです。(/)を入れるときは「自分が理解しやすくさせるための意味のかたまりづくり」を意識していきましょう。

サイトラに合った教材の選び方

サイトラをする上で大切なのが「教材選び」だと思います。もちろん教材以外にもインターネット上のウェブ記事や映画のスクリプトなどでもサイトラをすることができますが、チャンクを書き込み可能な紙媒体の教材がもっとも便利だと言えます。

サイトラ用の教材選びのポイントは「現在の英語レベルでも理解できる文法・単語で書かれている教材を購入すること」です。なぜなら、サイトラの最大の狙いは英語の文法力・語彙力向上ではなく「英文を語順通りに理解していくこと」だからです。そのためにも、自分のレベルにマッチした教材を確保することが大切になります。

サイトラに取り組むときの注意点

サイトラの効果を最大限発揮させるために避けなければいけないのが「日本語の語順で訳さないこと」です。サイトラにおいては「I am writing / about sight translation/bacause It is the best way/to improve English skills」なら「私は書いている/ サイトラについて/なぜならそれはベストな方法だから/英語力を伸ばすため」というのが正しい訳し方であり、決して「私はサイトラについて書いているのは、サイトラは英語力を伸ばすためのもっともベストな方法だからです」と訳してはいけません。サイトラではチャンクごとに意味を理解していくことが最重要となります。

まとめ

いかがでしょうか。サイトラは非常に効果的なトレーニングのため、通訳者になるつもりがなくても英語学習をしている方であれば誰にでもおすすめできるトレーニング方法です。サイトラによる効果は絶大。リーディング力とリスニング力の向上はもちろん、英語のロジックを理解することにもつながるため、スピーキング力とライティング力など総合的な英語力が自然に上がっていきます。ぜひ自分のレベルに合った教材を見つけてさっそくサイトラを始めてみてはいかがでしょうか?

おすすめの英語学習メソッドに関する記事の一覧を見る


The following two tabs change content below.
English Hub 編集部

English Hub 編集部

English Hub 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。